マスカラリムーバーの使い方を抑えて目元ケアをしよう!おすすめのマスカラリムーバーとは?

アイメイクはキープ力を重視しがちですが、キープ力が高いものはオフするのが大変です。クレンジングだけでは落ちないことも。そんな時はマスカラリムーバーを使うのがおすすめ。まつ毛にも負担をかけず、キレイにオフすることができます。
  • マスカラリムーバーの基礎知識
  • マスカラリムーバーの使い方
  • 口コミ評価の高いおすすめのマスカラリムーバー

を紹介します。

マスカラリムーバーとは?

プライバシー マスカラリムーバー

マスカラリムーバーは、マスカラを落とすためのメイクオフアイテムです。通常のクレンジング剤では落としにくいマスカラでも、リムーバーを使うことできれいに落とすことができます。マスカラによっては専用リムーバーがあるものもあります。

マスカラリムーバーを使うメリット

画像引用元:latte

メイクしたてのキレイな状態を維持するためには、キープ力や密着力の高いマスカラやアイライナーを使うことになります。しかしキープ力や密着力が高いものはオフする時に一苦労ですよね。そんな時はマスカラリムーバーを使ってみると、意外と簡単に落とせたりします。マスカラリムーバーを使うメリットをもう少し詳しく解説しましょう。

こすらずアイメイクを落とせる

画像引用元:latte

キープ力の高いマスカラは、オフするときにクレンジングでゴシゴシとこすってしまいがちです。確かにこすればきちんと落とせますが、こすることで摩擦が起き肌に刺激を与えてしまいます。目元は皮膚が薄くとてもデリケートなので、マスカラをオフするとしてもゴシゴシこするのはおすすめできません。

マスカラリムーバーを使えばゴシゴシとこすらなくても、優しくマッサージする程度になじませることで簡単に落とせます。ほとんど力はいらないので、デリケートな目元に負担をかけずにオフできます。

目元の乾燥を防げる

画像引用元:latte

目元は顔の中で一番皮膚が薄くデリケートな部位です。皮脂の分泌も少ないので、メイクオフの時にこすると乾燥しやすくなります。

毎日メイクをする人は、アイメイクを落とすときに無意識にこすってしまいがちです。そんなことを続けていたら目元の乾燥が進み、小じわが目立ってしまうでしょう。マスカラリムーバーを使えばこすらずにオフできるので、目元の乾燥を防げます。

マスカラリムーバーの使い方

マスカラリムーバーにも正しい使い方があります。思い込みや勘違いで間違った使い方をすると、せっかくのメリットも台無しになってしまいます。マスカラリムーバーを使うなら、正しい使い方を覚えておくことが大切です。詳しく見ていきましょう。

液状の場合

マスカラリムーバーにも種類がありますが、ここでは液状のマスカラリムーバーを使ってオフする手順をお伝えします。

コットンにマスカラリムーバーを含ませる

マスカラリムーバーは、コットンにしみこませて使います、片目で1枚使うので、2枚のコットンを用意しておきましょう。かなりヒタヒタになるまでたっぷりのリムーバーをコットンに染み込ませたら、目を閉じで目にコットンを当てます。

目の上に3~5秒おき、さっと横にスライドさせる

リムーバーを含ませたコットンを目の上に当てたら、そのまま三本の指で押さえて時間を置きます。だいたい3~5秒ほど動かさず、メイクにリムーバーをなじませましょう。その後、さっと目尻の方にスライドさせるようにして拭き取ります。ここで力を入れて強くこすってしまわないように注意しましょう。

2~3回拭き取ったらコットンを折り返して綺麗な面を出し、さらに数回軽く拭き取ります。下まつげも鏡を見ながら数回拭き取り、綺麗にしましょう。

コーム状の場合

コーム状のマスカラリムーバーは、液状の場合とはまた違います。コームタイプのリムーバーを使う時はこちらを参考にしてください。

コームで乾いた状態のまつ毛にたっぷりと塗る

リムーバーのコームを引き抜き、乾いた状態のまつ毛に当てます。下から上に向かってコームを移動させ、リムーバーを付けていきます。

中央、目尻側、目頭側へと少しずつ場所をずらしながらコームに付いているリムーバーをゆっくり丁寧に塗っていきましょう。

クレンジングをコットンになじませ、落とす

クレンジングをなじませたコットンをまぶたの上に当て、コットンを挟んだ指をまつ毛に沿って下側にクルッと回転させるようにしながら拭き取ります。その後、綺麗な面をまぶたに当てて10秒ほどなじませてから拭き取りましょう。

下まつげも、コットンを何度もスライドさせながら丁寧に拭き取ります。この際、コットンの拭き取り先が細くなるように持つと扱いやすいです。

口コミ評価の高いおすすめのマスカラリムーバー

マスカラリムーバーがあると、まつ毛やまぶたに負担をかけずにオフできます、メーカーによっては商品ごとに専用のマスカラリムーバーを用意しているところもあるので、専用のリムーバーがある場合はそれを使ってください。ない場合におすすめのマスカラリムーバーを紹介します。

ソフティモ スピーディー クレンジングフォーム 170ML


女優の上戸彩さんがイメージキャラクターを務めていて、テレビCMでも見かけたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

泡で出てくるので泡立てる手間がなく、持続性のある濃密泡がメイクに絡みつき、優しくオフしてくれます。

洗顔料ですがクレンジング成分を配合している、濃密泡だからアイメイクがワンステップで落とせる、というのがいいですね!泡が丈夫だから泡パックもOK。ウォータープルーフのマスカラもスルっと落とせると高評価です。

プライバシー マスカラリムーバー


マスカラリムーバーは、洗顔の時に使うタイプやあらかじめ洗顔前にコットンで拭き取ってから使うタイプがありますが、プライバシー マスカラリムーバーは使い方がちょっと変わっています。リムーバーなのに、マスカラと同じようにブラシでまつ毛に塗っていきます。まつ毛に直接塗ることでマスカラになじみ、後はクレンジングと洗顔だけで済みます。

まつ毛をいたわる成分として、エモリエント成分やアボカド油、うるおい成分の人参エキス、トリートメント成分にも使用されている加水分解シルを配合しています。デリケートな目元に負担をかけないよう、着色料や香料、パラベンやアルコールは一切していません。

Bifesta (ビフェスタ) うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー 145mL


マスカラとリムーバーに保湿洗浄成分を配合しているので、ウォータープルーフのマスカラもスルっと落とせます。エモリエント成分は油層があるためメイクになじみがよく、こすらなくてもOK。

しっかり目のアイメイクにも対応できるし、ビタミンBとビタミンEの誘導体を配合しているからメイクを落としつつデリケートな目元のケアもできます。目元に使うコスメなので、防腐剤など肌に負担をかける添加物なども使用していないから安心です。

まとめ

マスカラはほぼ毎日使うものです。種類によっては簡単にオフできるものもありますが、お湯だけではオフできないものは、キープ力がいい反面落ちにくいのが面倒に感じます。そのような時は、マスカラリムーバーを使うと便利です。

こする必要もなくマスカラがまつ毛に残ることもないので、まつ毛や目元への負担を大幅に減らせます。お手頃価格で購入できるし1つ持っておくととても便利なので、ぜひ一度試してみてください。