化粧水だけケアってどんな方法?方法や向いている肌質とは!?

美肌を維持していくためには日頃のケアが大切ですが、通常は化粧水の後は美容液やクリームを使用します。ただ最近ではこの流れではなく、化粧水だけケアというものが注目されています。

化粧水は水分補給を目的としていますが、肌に浸透させた水分は油分によって逃がさないようにしていかなければなりません。そのためにクリームは必要になってきます。この一般的な方法ではなく化粧水だけケアというものは一体どういったものなのでしょうか。

実はこのケア方法はメリットがいくつかあり、また適している方も多くいるものなのです。そこでこの方法についてどういったものなのか、ご紹介していこうと思います。

化粧水だけケアのメリット

化粧水には水分がたっぷりと含まれており、洗顔後には必ず化粧水を塗布して水分を肌に補給していかなければなりません。それと同時に水分が蒸発しないようにクリームによって油分を補給する必要があります。

しかし場合によっては化粧水だけの使用に留めておいた方がいい場合もあります。むしろその方がメリットがあるため、化粧水だけケアを選択すべき方もいます。ここで化粧水だけケアを選択したほうがいい場合のメリットについて説明していこうと思います。

肌への負担が少なくなる

脂性肌の方は皮脂の分泌が過剰になっており、この状態にさらにクリームや乳液によって油分を補っていくと肌に大きな負担をかけてしまうこともあります。また毛穴が詰まってニキビができやすくなったりすることもあります。

脂性肌の場合、徐々に肌質を改善していかなければなりません。この場合には皮脂の分泌量が正常になるまで、化粧水だけケアを実行し、肌に過剰な負担がかからないようにしていくことが大切です。特に皮脂の分泌がより盛んになる夏場は化粧水だけの使用の方がストレスを感じにくくなります。

時短ケアになる

朝のスキンケアなど、メイクに時間をかけたくない場合、基礎化粧品で水分や油分を補っていく作業をカットしたいと思うものです。しかし美肌のためには基礎化粧品は必ず使用しなければなりません。ただこの作業に時間があまりかけられない日にはスキンケアがおろそかになってしまいます。そんな時には化粧水だけケアを選択したほうがむしろいい場合もあります。

化粧水はしっかりと塗布し、水分を肌に補給しておきます。その後のクリームはカットしてしまいます。しかしこの時に油分を含むメイクアイテムを使用することによって、間接的に油分補給をしていくことが大切です。こうすれば時短ケアを正しく行っていくことができます。

混合肌タイプの人に向いている

脂性肌は皮脂の分泌が過剰になっていますが、実は混合肌も同じ状態を引き起こしています。混合肌は肌の中の一部が乾燥し、また一部が脂性肌になっている状態です。どちらも保湿が不足していることで起こっている状態なのです。そのため、混合肌の場合も皮脂の分泌が正常になるまで、化粧水だけケアを実行することをお勧めします。

混合肌の方もクリームの塗布は一時的に避けたほうがいいでしょう。ただ乾燥が厳しい部分は一部クリームを使用すると、乾燥している肌の状態は改善されていきます。

化粧水だけケアをする方法

肌に負担がかかりにくく、またさらっとした肌になるのでむしろ心地よくていいと感じるのが化粧水だけケアです。しかし、正しい方法で実行しないと保湿が足りなくなってしまい、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。それによって肌が老化したり、古い角質がそのまま残ってしまうこともあります。

肌のターンオーバーが乱れないように気をつけながら、化粧水だけケアは実行していかなければなりません。ここで化粧水だけケアの正しいやり方について説明をしたいと思います。

朝と晩に洗顔をする


スキンケアは毎日行い、朝晩には必ず洗顔をしなければなりません。洗顔の目的は汚れを除去し、また化粧水の浸透を高めるためです。そのため必ず洗顔料を使って不要な汚れは取り去ってしまわなければなりません。

洗顔では潤いを取りすぎるような洗顔料を使用しないようにしてください。潤いを取りすぎてしまうような洗顔料で洗顔をすると、皮脂が過剰に分泌され、オイリースキンになってしまいます。

化粧水を手でプレスするように付ける

化粧水で肌に適度な水分を補給するためには、ハンドプレスを行いつつ、しっかりと肌の奥まで水分を届けることが大切です。ハンドプレスをすることで十分な水分が肌に浸透し、しっかりと保湿を行っていくことができます。

化粧水を単に少量つけるだけでは十分な水分が補給されません。またアンチエイジングの観点からも望ましくないといえます。面倒でも少量ずつ化粧水をハンドプレスで肌に塗布するようにしてください。

高保湿タイプの化粧水を選ぶ

化粧水はいろんなブランドから販売されていますが、それぞれ商品によって配合されている成分は異なっています。さらっとした使用感のアイテムもありますが、中には高保湿タイプもあります。高保湿タイプはクリームが不要なほど十分に肌を保湿する効果に優れています。

高保湿タイプでは、乾燥から肌を守るために複数の効果的な成分が配合されています。オイリースキンの方は特にこのタイプを選択して、スキンケアを行うといいでしょう。肌質も改善されていきますし、また保湿が十分に行われ、しっとり美しい肌をキープすることができます。

乾燥肌タイプの人は避ける

化粧水だけケアはすべての方に対応できるわけではありません。中には向いていない方もいます。乾燥肌の方は化粧水だけで対応できませんし、より乾燥肌の状態を悪化させる場合もあるので、乾燥肌の方は避けるようにしてください。

乾燥肌の方は化粧水で十分に水分を補給した後に、しっかりと乳液やクリームなどで油分を補うようにしてください。そうすることによって肌の乾燥を防止し、肌トラブルの予防につながります。

おすすめの高保湿タイプの化粧水

化粧水だけケアの実行に欠かせないアイテムが高保湿タイプの化粧水です。保湿力が高いため、肌をしっとりとした状態に導くことができます。

今ではいろんな高保湿の化粧水が販売されていますが、その中でも特に人気があり、おすすめしたい商品を厳選してご紹介したいと思います。

フタアミンhiローション 120ml×2本セット

ホホバオイルを配合しており、十分な保湿力を感じられる高保湿の化粧水です。この他にヨクイニンエキスやビタミンEなど、美肌のために効果が高い成分も複数配合されています。しっとりとした明るい肌に導く効果が期待できるため、くすみで気になっている方には特におすすめな商品です。

ソフィーナグレイス 高保湿化粧水(美白) しっとり [医薬部外品]

ケラチン保水処方により、乾燥によって硬くなりがちな角質細胞の内のケラチン繊維に水分をたっぷりと抱え込ませる効果を期待できます。また美白効果にも優れており、くすみがちな肌の明度を上げてくれるため、今までよりももっと透明感のある肌に導いてくれます。

素肌しずく 濃密しずく化粧水(本体) 170ml

濃プラセンタ配合で、しっとりとしてハリのある肌に導いてくれる高保湿化粧水です。プラセンタタエキスや美肌質乳酸菌を配合し、様々な肌のトラブルに対応できるため、肌の悩みを多く抱えている方にはぴったりです。また乾燥が厳しい冬の時期でも肌をしっとりさせるため、オールシーズンでの使用が可能です。

まとめ


いかがだったでしょうか。乾燥肌の方を除き、いろんな肌質の方に対して効果があり、肌が軽く感じられるケア方法が化粧水だけケアです。特にオイリースキンの方のように、肌がべたつきがちな方は、この方法によって肌が軽く感じられることでしょう。注意点を守って適切に行うことで、スキンケアもストレスを感じずに取り組んでいくことができます。