「いいな」を届けるWebメディア

緊急速報アラーム音が、地下鉄で鳴り響いた時の外国人観光客の反応・・

今週の月曜日に発生した茨城県南部が震源のM5・5の地震。

みなさんの携帯電話にも、突然、緊急地震速報の大音量のアラーム音が流れて、驚いた人も多いのではないでしょうか。

Twitterに投稿された「緊急地震速報を聞いた海外・外国人の反応」が話題となっています。

地下鉄の車内でも一斉に鳴り響いたそう……。

路線図

出典:PIXTA

地震大国で起こった光景を目にした外国人観光客の反応とは……?


冷静に対処する日本の人々をみて、外国の人は別の意味で驚いてしまったそう。。

なぜ、地下鉄の乗客はそのような冷静な対応ができたのか。

続けたツイートにて「地下鉄は、揺れを感じにくい特殊な状況であった」と補足で説明しています。

警報音に対するTwitterの反応

地震よりも警報音に驚く人が多い?

警報音に驚く人ものの、地震には冷静に対応できている人が多いようです。

「スマホの警報音のほうが怖い」
「震度3~4程度では日本人は動じない」
「スマホの警報音には驚いたが、地震は大したことなかった」

緊急速報は【3種類】警報音は【2種類】のパターン

緊急地震速報のスマホ画面

出典:PIXTA

今回、話題となったのは、地震に対する警報音でしたが、勧告する緊急速報に応じて音が変わることになんとなく気づいている方も多いのではないでしょうか。

大手携帯キャリアのNTT docomo、au、SoftBankが提供する緊急速報(エリアメールサービスと呼ぶ)のパターンは大きく分けて3つ。音は2つに分かれています。

ぜひこの機会に覚えておきましょう。

1:緊急地震速報の音「ブワァ!ブワァ!ブワァ!」

震度4以上の強い揺れが予想された時に届きます。

※数秒後に大きな揺れが来ることが予想されます。机の下に隠れるなど、すばやく、身の安全を確保してください

2:津波警報の音「ティロリロリン ティロリロリン」

1m程度以上の津波が予想された時に届きます。

※気象庁からのメッセージに応じて、高台など安全な場所に避難してください

3:災害避難情報の音「ティロリロリン ティロリロリン」

台風や土砂災害などが予想された時に届きます。

※2と同様、通知されている指示や勧告に従ってください

以上、3つの速報は、気象庁や国・地方公共団体から発信されており、特別なエリア設定をしなくても、みなさんがいる場所に応じて通知が行き届く仕組みになっています。

突如音が鳴り響くと驚いてしまう方も多いでしょうが、慌てずに通知に従って対応できるようにしましょう。

それにしても緊急地震速報に驚いた海外の反応は意外でしたね。

参照:NTT docomo 緊急速報「エリアメール」とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです