「いいな」を届けるWebメディア

プラスチック容器なのに焼き目をつけた「焼プリン」、その製造法に感動する人が続出

森永乳業から発売されているロングセラー『焼プリン』。きっと食べたことあるはず。

でも、“プラスチックなのにどうやって焼き目”をつけるのか気になったことはありますか??

森永乳業の焼プリンパッケージ

筆者撮影

気になるようでなかなか気づかないこの疑問を指摘したツイートが話題になっています。

このツイートに記載されていたサイト「日本特許情報」には「焼プリンの製造法」の名称でその製造方法が公開されています。出願日は1993年3月29日だそう。

目的
160℃以上の高い温度で衛生的に焼成し、表面に鮮やかな焦げ目を有し、かつ優れた風味と組織を有し、すぐれた品質の本格的な焼プリンを製造する方法を提供する。

構成
合成樹脂製容器にプリン原料を充填し、容器に充填した該プリン原料の上面にゼラチンを含む微細な気泡を含有する泡状原料を充填し、各原料を充填した容器を水又は温湯に浸漬せずに少なくとも160℃の温度で加熱し、該泡状原料を焼成することを特徴とする焼プリンの製造法。

出典:「日本特許情報」

「発明の詳細な説明」はこの量・・
焼プリンの製造法 - 森永乳業株式会社 詳細

出典:「日本特許情報」

ざっくりと抜粋すると……

冒頭で、「カスタード・プディング」「栄養食として日本で浸透した経緯」などプリンの歴史に触れる。プリンの由来は揺れる様子を現したとのこと。

そして、「ゼラチン」の使用することが発明につながり、焦げ目をつけるのに大切な160℃以上の耐熱性を持つ容器を解説。

オーブンは、上火と下火の温度が異なる特殊なものであること。

焦げ目や風味を官能的に観察→評価を行う…などなど。

狐色の鮮やかな焦げ目が得られる結果に

【0035】得られた焼プリンは、カップの変形が認められず、製品の表面中央が狐色であって、製品の表面外周が濃い狐色に均一、かつ鮮やかなな焦げ目を有し、高級感のある焼菓子風の外観及び風味を有していた。

出典:「日本特許情報」

この特許の説明をみた方からは、「論文みたい」「焼きプリンの道は厳しい」「新しい文学を感じる」といった感嘆のコメントが相次ぎました。

焼プリンのパッケージ

筆者撮影

20年近く前の発明したにもかかわらず、今もなお香ばしさがアップし続けているという焼プリン。次回、食べる際は感慨深く味わってしまいそうですね…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです