「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2017年08月12日 更新

「ブロックすら値しない」松本人志、水原希子にSNS悪口の対処法をアドバイス

6月3日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で松本人志さんがゲストの水原希子さんの悩み「SNSのマナー」について、自身の体験を交えたアドバイスをおくりました。この番組はダウンタウンの2人とプレゼンターの坂上忍さんが、ゲストと居酒屋をハシゴしながら本音トークする企画。今回のゲストは女優の水原希子さんでした。

水原さんにあてられたトークテーマは、下記の4項目。

1:「ノルウェイの森」
2:「撮影現場で不思議に思うこと」
3:「SNSのマナー」
4:「スナップチャット」

その中でも、人気女優ならではの悩み「SNSのマナー」について議論が白熱しました。

ネット悪口に悩む「水原希子」さん

水原さんはダウンタウンと初対面。やや緊張した様子でトークがスタート。

ツイッターやインスタグラムに寄せられるコメントの中には、常軌を逸したとも思える内容も。水原さんはそれを悩みとして打ち明けます。

「中傷とか色んな嫌なことを毎日送ってくる人もいらっしゃって、マナーがあまりにもないというか、いろんなアカウントを使って、ひとりの人なのにいろんな名前を使って攻撃してくる人がいたりとか、ブロックとかなるべくするんですけどそうするとまた新しいアカウントを作って攻撃してきたりとか」(水原希子さん)

「俺も一応ツイッターやってるけどブロックしないよ。もうあんなんブロック目的で来てるから、お前なんてブロックもしてやらねぇよって。ブロックするにも値しないと俺は思ってる」(松本人志さん)

「松本さんにどういう悪いコメントされるんですか?」(水原希子さん)

「ああそりゃあるよ! 熊本の地震のことちょっと何か言うたら、売名ですか?」(松本人志さん)

「ええ! 今更!?」(坂上忍さん)

「もう俺名前売りたないちゅうねん」(松本人志さん)

ただ最後は、悪い側面だけでなく、良い側面も存在するとSNSの利便性を評価しました。

「面倒臭いこともいっぱいあるんです。でもなんかまぁまぁあの、プラスも多少あるもんね」

松本人志さん

出典:Sports Nippon/Getty Images

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです