「いいな」を届けるWebメディア

なぜ、『みすず学苑』の広告はシュールなの? 長年の疑問にスッキリ

合格なら予備校はみすず学苑。怒濤の指導で受験を制す!

電車でよくみかけるこのシール。関東圏(南浦和校、大宮校、所沢校、千葉駅校、横浜校、西萩本校、上野の森校舎、立川駅・北口校)で8つの校舎を展開する「みすず学苑」の広告です。ヤマトタケルさんと目が合ってしまう人も多いのでは?

なぜ、みすず学苑はこんなにもシュールなのか?

しかし、なぜこのようなビジュアルを展開するのか……みんなの疑問でした。ツイッターでこの長年の謎に終止符が打たれたと話題になっています。

痛快な回答!他の予備校が「学力で生徒を選別」するのに対し、「みすず学苑は人柄(ポテンシャル)」を見極めて学生を選ぶそうです。

以下、公式HP「 みすず学苑CMの謎を解く」で説明した回答です。みすず学苑のポリシー、深いです……。

Q. みすず学苑の広告やCMは、なぜ毎年、あんなに意味不明なのですか?
まず、「意味不明」というのは、本当は間違ってます。なぜなら、みすず学苑の広告には、一貫したポリシーがあるからです。それは、「受験に関する、言葉遊びで一貫してること」です。終始一貫、ダジャレを通し、最後は、「怒濤の合格みすず学苑」を連呼して終わりです。
(中略)
では、なぜダジャレかと言えば、1960年までは、同音異義や掛詞(かけことば)は、「駄」のつかない「シャレ」と呼ばれ、知性や教養ある人が使う、優れた言葉だったのです。ところが、1960年に誰かが「駄」をつけ、シャレを貶(おとし)める風潮が始まったのです。
 これは、志を持って捲土重来(けんどじゅうらい)する人を、「浪人」と呼んで貶(おとし)める風潮に似てます。学苑長は、これに憤るのです。だから、「浪人生よ、誇りを持って開き直れ。ダジャレよ、誇りを持って開き直れ」という、裏のメッセージがあるのです。それで、毎年開き直って、ダジャレのCMを貫くのです。

出典:misuzu-gakuen.jp

Q. あんなCMを見て、予備校としてのみすず学苑に、来る生徒がいるのですか?

そう思う人は、代ゼミや駿台、河合塾などに行きます。学苑長の考えは、少数制予備校に来て伸びる生徒は、頭が良くて才能もあるが、自己管理がやや苦手で、友達付き合いが良く、人柄のいい素直な子です。そんな生徒は、みすず学苑に来れば、爆発的に伸びます。そして、そんな人物の方が、社会に出て活躍してるのです。

出典:misuzu-gakuen.jp

サムネイル画像:「みすず学苑」の公式ホームページスクリーンショット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです