夏はニキビが出来やすい!!今から知っておきたい夏ニキビの原因と予防対策

お肌のトラブルは様々ありますが、その中の一つがニキビ。これから夏本番ですが、暑くなるとなぜか悪化するニキビ。
一年を通してお肌の乾燥を防ぎ、そのバリヤ機能を維持するという、基本的なスキンケアのやり方は変わりませんが、やはり季節ごとに注意するスキンケアのポイントはあります。
夏は水着になったりノースリーブになる機会が沢山あります。そうすると顔だけではなく、体ニキビも気になりますよね。
ニキビのために思いっきり夏を楽しめないなんて、悲しすぎる!そこで今回は、夏に行う正しいニキビケアについて解説していきます。

季節ごとに違うニキビ対策

ニキビと一言で言っても思春期のニキビや、成人してから出来る大人ニキビと種類も様々にあります。思春期のニキビは夏に注意し、大人ニキビは冬に気を付けるべきだと一般的に言われていますが、それ以外の季節でももちろん油断はできません。春夏秋冬それぞれニキビを悪化させる原因が、少なからず存在しています。

夏ニキビの原因は紫外線!


夏に意識されるスキンケアは、やはり紫外線対策ではないでしょうか。肌が黒く日焼けしてしまう原因になっているUV-Aは5月、そして日焼けして赤く火傷のような状態になる原因のUV-Bは、7月から8月にそれぞれピークを迎えます。つまり、初夏の5月から紫外線対策を行うことが大切なのです。

日焼け止めの値

日焼け止めにはPA値とSPF値があり、それの値が高ければ良いわけではありません。なぜならSPF値が高くなりすぎると、日焼け止め成分の量も増えるので肌への負担も増えます。SPF値が高いとニキビができやすくなる原因にもなります。高くてもSPF値は30までが理想です。

紫外線がニキビに与える影響とは?

紫外線を浴びすぎると、肌の角質層に保たれている水分や油分が奪われてしまいます。つまりお肌のバリヤ機能を壊してしまうので、そんな中更に紫外線を浴び続けてしまうと皮膚は無理に頑張って、肌を守ろうと角質を厚くして対抗します。

角質が厚くなると、角栓が発生しやすくなり、またお肌の柔軟性も失われて毛穴も収縮しがちになるので、夏は紫外線により、毛穴の詰まりによるニキビが出来やすくなるのです。

紫外線はニキビの跡にも悪影響!

紫外線はニキビの出来る要因になるでけではなく、炎症が治まったニキビの跡にも大きな影響を及ぼします。紫外線を大量に浴びると、皮膚はダメージを避けるためにメラニン色素を大量に生産します。そのため夏は紫外線によりニキビ跡が茶色になって、色素沈着するのを更に促進してしまいます。

紫外線はシミやシワの原因にも

日光を長時間浴びて紫外線を吸収したお肌は、バリヤ機能が低下しているので少しの紫外線でもシミやシワの原因になります。

例えニキビが治ってもニキビ跡が残ってしまい、おまけにシミやシワもできたらもう最悪ですよね。夏にお出かけするときは日焼け止めが必須アイテム。肌を守るために必ず付けましょう!

夏のニキビ対策

真夏のニキビは紫外線によるダメージが大きいことが分かりました。夏は紫外線の量が増えるだけじゃなく、薄着になって外出することも多くなるので肌が日光にさらされがちになります。気温が高くなってきたな…と感じたら一枚脱ぐ前にUVケアをしっかり始めましょう。

また夏は同時に汗ばむ機会も増えるので、お肌に皮脂が溜まりやすくもなります。洗顔のし過ぎも良くありませんが、しっかり泡立てて優しく洗い、肌を清潔に保つことも夏のニキビ対策には大事です。

まとめ

夏の強い紫外線はシミやシワが出来やすくなる上に、ニキビも出来る原因だと分かりました。またせっかくニキビが治っても、ニキビ跡が紫外線で色素沈着することも分かりました。

日焼け止めはもちろん、つばの広い帽子など被ってUVダメージを防ぎましょう。それでも紫外線を浴びてしまったら、お肌にたっぷり水分を補給してしっかり保湿ケア。これが夏のニキビ予防に効果的です。