瞑想はヨガに必要不可欠!驚くべき瞑想の効果に迫る

ヨガと言うと、瞑想を連想する人は少なくないでしょう。実際のところ、瞑想がプログラムの中に組み込まれているヨガの注目度が高まっています。ヨガだけでなく瞑想も古くから伝わってきましたが、現代人にとっても実践するメリットは少なくありません。

今回は、

  • ヨガの瞑想の目的
  • 瞑想の効果
  • 瞑想は夜にすべし!その理由は?
  • 瞑想時の注意点

をご紹介します。リラックス効果だけでなく良質な睡眠にも大切になってくる瞑想。心も体もリラックスさせて次の日へ備えましょう。

ヨガで行う瞑想の目的

瞑想と言えば、心を静かに落ち着けて集中することです。ヨガの三大要素の一つに分類されますが、ヨガに瞑想が必要な理由は脳の働きや心のバランスに大きく関係しています。ここでは、ヨガで行う瞑想の目的について説明しましょう。

脳の定期メンテナンス


私たち人間の脳は常にフル稼働で、特に現代においては多様化する情報や複雑化した人のネットワークで脳が疲労状態にあります。定期的に脳をリフレッシュし、最適化しなければいけません。

脳の定期メンテナンスの方法として、おすすめするのが瞑想です。疲労が蓄積している脳をリフレッシュする効果が期待できます。また、これを実践することによって、集中力のアップやストレスの軽減にもつながるでしょう。

脳を最適化

脳が最高のパフォーマンスを発揮するには、脳を最適化しなければいけません。ストレスや疲労が蓄積している状態では脳が上手く働かず、ミスが増えるなどの悪循環につながる原因になります。脳を最適化するとイージーミスの発生を減らし、脳への負担を軽減してリフレッシュできるのです。

心と体のバランスを整える

瞑想をすると、邪念や雑念を消すことができます。瞑想には体だけでなく心のバランスを整える働きもあるためです。心と体は本来一体のもので、体が疲れすぎてしまうと心が疲れてしまい、心が疲れてしまうと体が疲れてしまう相互の関係があります。瞑想をして心を落ち着けることや、心と体のバランスを整えることにもなるのです。

ヨガの瞑想の効果


ヨガの瞑想にどのような効果が期待できるのかは気になるところでしょう。これからヨガの瞑想を始める人も、どんな効果が得られるのか知っておいたほうが、意識しながら体を動かすことができるはずです。ここでは、ヨガの瞑想の効果についてまとめました。

思慮深い意志決定ができる

ヨガの瞑想を通して、脳を最適化できます。それによって得られる効果が、思慮深い意志決定です。脳が疲れている状態だと、正常な判断をすることができません。瞑想をしてクリーンな状態になっているからこそ、十分に状況を見極めて、正しい選択ができるようになるのです。

疲れを癒やす

プライベートでも仕事でも、疲れが溜まるシーンはたくさんあります。疲労が蓄積すると、心と体のバランスが少しずつ崩れてしまいます。場合によっては心や体の病を招くことにもなりかねません。

心も体も癒やす効果として期待できるのが瞑想です。瞑想をして心を落ち着かせることで、周囲が見えるようになります。心の余裕を持つことは、疲れを軽減する上で欠かせない要素です。ヨガの瞑想は疲れを軽減し、リフレッシュすることができます。

ストレスが軽減する


ストレスが蓄積すると、やる気が起きなくなってしまいます。また、ストレス物質が体の中で増加すると、免疫機能が低下したり、病気のリスクも高まったりするのです。ストレスは人間にとって害でしかありません。

ストレスを解消する方法は人それぞれですが、瞑想はほとんどの人がストレス解消できる方法です。瞑想は脳をリラックスさせる効果があり、それがストレス解消効果につながります。

創造性が高まる

心に余裕がない人は、新しいことをするにも余裕がないので思いつきません。一方、心に余裕がある人は周囲を見渡すことができ、新しいことを思いついて、実行に移すことが可能です。

瞑想をすることは心に余裕を持たせることになり、結果として創造性を高めることになります。仕事であれば、新しいアイデアが生まれやすくなるでしょう。

推察力が向上する

常にアンテナを張って周囲を見ることができる人は、失敗しない人の特徴です。推察力に優れている人は、心や脳に余裕があります。推察力はストレスが溜まっていると、本来持っている力を発揮することができません。

瞑想をして心をリフレッシュさせ、ストレスを解消することは、推察力の向上につながります。周囲を見ることができるようになるために、人に対する細かい気遣いにも意識が向くようになるでしょう。

ヨガの瞑想のおすすめの時間帯は夜!その理由は?

ヨガの瞑想は大きな動きを要しないことから、自宅の一室でも気軽に行うことができます。ヨガの瞑想をするおすすめの時間帯は夜と言われていますが、その理由が気になるところです。ここでは、ヨガの瞑想を実践するのは夜と推奨されている理由を解説します。

その日の体の疲れをリセットするから


夜は疲労が一番溜まっている時間帯です。その人の疲れが一番に出てくるために、夜に瞑想をすることでその日の体の疲れをリセットさせることができます。朝に瞑想をしてリセットしても、夜になると疲労は蓄積されています。疲れは睡眠にも影響してくるため、寝る前に疲れをリセットして、快適な睡眠を得ることが重要です。

リラックスしやすい時間帯だから

朝と比べると、夜のほうが気持ち的にリラックスしやすいものです。これは、一日の活動が終わる時間帯が夜になるためで、多くの人のリラックスタイムは夜になります。瞑想はリラックスすることを目的としても行いますが、他の時間帯に比べて気持ちが落ち着いている夜に瞑想をしたほうが、高い効果が期待できます。

ただし、仕事の都合で昼夜が逆転している場合は、夜を意識するよりも寝る前を意識しましょう。自分にとっての一日の終わりは人それぞれです。リラックスしている時間帯に瞑想を行うことが大事です。

睡眠しやすい状態を作るから


睡眠は健康や美容を維持する上で大事な要素です。ストレスが溜まっている場合や疲労が溜まりすぎていると、脳が興奮して思うような睡眠が取れなくなります。ヨガの瞑想には脳の興奮状態を抑える働きがあり、睡眠を促すような作用もあります。寝る前に瞑想することは、快適な睡眠を得るために欠かせません。

雑念を捨てやすい

意識していなくても、雑念は誰の頭の中にもあるものです。雑念を抱えたままだと、イライラがおさまらないことや不安に苛まれるばかりになってしまいます。雑念を捨てるのは、心をリフレッシュさせる上で欠かせません。夜に瞑想をするのが推奨されているのは、雑念を捨てやすいことも理由に含まれます。

瞑想の注意点

瞑想は、心や体に大きなメリットがあるヨガのポーズの一つです。しかし、正しく行わなければ効果を十分に得ることができません。ここでは、正しく瞑想をするために知っておきたい、瞑想の注意点を見ていきましょう。

呼吸はとにかくゆっくりを心がける


瞑想は静かに呼吸をするのがポイントで、呼吸はゆっくりのペースを意識しましょう。また、息をするときは鼻でゆっくり吸って、吐き出すときは、口から細く邪念を吐きだすように意識するとよいでしょう。深呼吸というよりは、静かに息をするのがポイントです。

できるだけ「無」を意識する

瞑想と言うと、無のイメージを持つ人も少なくないでしょう。実際、瞑想の効果は心が無になればなるほど得られるようになります。邪念が多いと無になることは難しいですが、目を瞑って呼吸をゆっくりするだけで、無に近い状態を作ることが可能です。あわてず、ゆっくり時間を使うとよいでしょう。

体の力をすべて抜く

体に力が入っていると、瞑想をしているとは言えません。瞑想とは、体の緊張がほぐれてリラックスしている状態です。こうした状態を作り出すためには、体の力をすべて抜くことを意識しましょう。体の力を抜くコツは、とにかく脱力を意識することです。気が抜けたと自分に言い聞かせると上手くいきやすくなるでしょう。

まとめ

ヨガに欠かせない瞑想ですが、省スペースで誰でも簡単に始めることが可能です。また、身体への負担が小さいだけでなく、健康面で大きなメリットがあります。ただ、実践するタイミングや状況で、得られる効果は変わってきます。今回取り上げた内容を参考に、肩の力を抜いて行いましょう。