ヨガの瞑想に隠された驚くべき6つの効果!瞑想の方法を教えます

ヨガとの相性がとても良いもの、それは瞑想です。ヨガの中に瞑想があり、瞑想の中にヨガがあるとも言えるほど、これらは密接な関係にあります。

ここでは、

  • ヨガの瞑想の効果
  • 瞑想のやり方とポイント
  • ヨガの瞑想の成功率を上げるコツ

についてご紹介します。

ヨガの瞑想の効果

ヨガの瞑想は効果も色々とあり、現代人だからこそ実践してもらいたい効果もたくさんあります。実際にヨガの瞑想を取り入れることによって、生活が変わるという人もいるくらいです。そこで、ここからはヨガの瞑想の効果について紹介します。

ヨガの効果を高める

ヨガの瞑想は、実はヨガ自体の効果も高めてくれるのが特徴です。ヨガの効果を高めてくれるからこそ、より瞑想も捗り、さらにヨガの効果が高くなるという好循環が生まれるのです。もちろん、ヨガはポーズや動きによって、得られる効果も違ってきます。しかし、その違ってくる効果をしっかり理解することによって、より意識も高めていけるのです。

ストレスを軽減する

ヨガの瞑想はストレスを軽減してくれる効果が期待できます。現代人は仕事でもプライベートでも、過酷なストレスを抱えている人も多いです。もちろん、ストレスは根本的な原因を解消しなくてはなりませんが、一時の休息として活用することもできます。

ヨガの瞑想は心を落ち着かせて、身体も落ち着かせていくことができます。魂をストレスから解放することができるのため、習得すればいつでもどこでもストレスに対して強い免疫力を発揮することができるようにもなるでしょう。

集中力をアップする

ヨガの瞑想は集中力もアップすることが可能だと言われています。ヨガをやっている時、人は何も考えなくて良いです。自分から思考停止することによって気持ちをリセットし、その後の行動をより集中してできるようにするのです。

現代人は集中力が途切れてしまうことも多く、それは精神と肉体のリセットが上手にできないからだという意見もあります。ヨガの瞑想を取り入れて、集中力アップを狙ってみてはいかがでしょうか。

心身の調和

心身の調和にも向いているのがヨガの瞑想です。現代人は特に精神と肉体が離れていて、バランスが崩れてしまっている人も多いです。心身のバランスが崩れると病気になりやすくなり、怪我はもちろん精神を病んでしまう人もいます。

ヨガの瞑想では心と身体の状態を調整し、滑らかな緩和剤になってくれます。精神と肉体のバランスが上手に保てるようになれば、病気になることも避けられるでしょう。人によって効果は違いますが、この手の効果も期待できちゃうのです。

自律神経を整える

自律神経は常に人間の心と身体の調子を整えてくれるのですが、過度なストレスなどがあったり、生活リズムが崩れていたりすると、自律神経のバランスも崩れてしまいます。ヨガの瞑想は精神と肉体のバランスも上手に調和させてくれるので、自律神経の働きも促進してくれると言われています。

体調不良の改善にも繋がるので、心と身体の健康を守りたいのなら、積極的にヨガを取り入れてみてはいかがでしょうか。もしかしたら生活が大きく変わるかもしれません。

直感力を向上させる

ヨガの瞑想は思考力をアップさせるので、直観力などが冴えます。普段からボーッとしている人でも、ヨガで瞑想することによって、顔がかなり変わってくる人もいます。顔が根本的に変わってくるということはありませんが、表情がキリッとします。

普段の自分とは違った自分に生まれ変わったと感じる人もいて、頭の回転が速くなる人もいるくらいです。

瞑想のやり方とポイント

瞑想はやり方がとても重要です。間違ったやり方をしていても、その効果は薄れてしまうでしょう。そこで、ここからは瞑想のやり方はもちろん、重要となってくるポイントについても紹介します。これから瞑想を始める人はチェックしてみてください。

静かな場所を用意する

静かな場所を用意するのが、瞑想では重要です。テレビの音や会話の音、車の音にその他の雑音などがあると集中できません。自分が集中できる静かな場所を見つけていくと良いかもしれませんね。瞑想専用の教室やスクールでも良いですし、最近では神社や寺なども人気となっています。

なお、自然音に関してはあっても大丈夫です。川の音や海の音、森の音などは逆に集中力を高めてくれます。静かな場所とは言っても無音だと不安になるので、自然音が聞こえてくる場所を見つけておくと良いかもしれませんね。

エアコンのない場所で行う

エアコンがない場所で行うのも、瞑想では重要となります。元来ヨガというのはインダス文明から伝わってきたもので、エアコンなどはない時代から続くものです。そのため、エアコンがあるとどうしても集中力を欠いてしまうことがあります。

エアコンはそもそも音がするので集中力が途切れますし、環境を変えてしまうものなのであまりおすすめできません。確かに快適なところでやった方が瞑想は効果的だという意見もありますが、より自然に近いところでやる方が効果的と言えるでしょう。

腹が落ち着いている時間帯に行う

お腹が減っている時は、どうしても集中できません。勘違いしている人も多いですが、ヨガは断食などとはあまり関係ありません。そのため、ちゃんと食べて良いです。ダイエット目的でヨガをやっている人でも、しっかり食べてください。

瞑想は心の状態を安らぎに変えることができますが、お腹が減っていると身体の状態が安らぐことはありません。そうなると心身のバランスが崩れてしまうことも多くなるでしょう。そこは注意が必要となってきますね。

深い呼吸を行う

瞑想では呼吸法も重要です。深く呼吸することを意識して、自分の呼吸に集中するようにしましょう。ヨガの瞑想などでは腹式呼吸が使われることが多く、鼻で呼吸するのが一般的な方法となります。方法を間違わなければより高い効果を実感できるでしょう。

なお、呼吸は早く浅くするのではなく、長く深くするのが良いです。そうすることによって呼吸により一層意識が集中し、心も落ち着きを取り戻していきます。深呼吸はヨガの基本でもあるので、腹式呼吸なども取り入れて挑戦してみてください。

正しい姿勢で行う

ヨガはもちろんですが、瞑想も正しい姿勢で行うことが重要です。基本的には座って行うのが瞑想の基本ですが、立って行うこともできます。ただ、どちらの場合も背筋をしっかり伸ばして、顎を少し引くことのが基本的な姿勢となります。

くれぐれも猫背になってしまわないように、良い姿勢を心がけましょう。そうすることで、より心身のバランスを取りやすくなっていきます。

ヨガの瞑想の成功率を上げるコツ

ヨガの瞑想は成功する人もいれば、あまり集中できなくて失敗してしまう人もいます。そこで、ここでは成功率を高める方法について紹介します。あくまでもコツとなるのですが、実践すれば効果を高めていくこともできるかもしれません。

1日に5分から始める

1日にいきなり何十分も何時間もやってしまうと、当然のように長続きしません。初心者の方は、とりあえず1日5分ほどから始めていきましょう。それで慣れてくれば10分20分と長くしていくことができます。最初からあまりにも長くしようとすると、逆に集中力が途切れてしまうことが多くなり、失敗することが多くなります。

眠い時に瞑想をしない

眠い時に瞑想すると、そのまま寝落ちしてしまうこともあります。そうなると、瞑想の意味がありません。瞑想は意識を集中させて、心身を落ち着かせていくものです。そのため、寝てしまうと効果も感じられなくなってしまいます。

毎日の習慣にする

ヨガの瞑想は毎日やることが重要です。やったりやらなかったりすると習慣化されず、結果的にあまり上手くいかないことが多いです。大切なのは1日のルーティンの中に、瞑想を取り入れるということになるでしょう。少しずつでも良いので、毎日続けるようにしてください。

呼吸に力を入れる

呼吸に力を入れると、よりヨガの効果を高め、瞑想の効果も高めていくことができます。ヨガの瞑想では、酸素量が重要で、身体の隅々まで酸素が運ばれているかどうかが重要となります。そこを考えて、呼吸にも力を入れておくと良いでしょう。

まとめ

ヨガの瞑想は効果も大きく、日常生活に取り入れることで色々な魅力を感じられるでしょう。近年は若い女性だけではなく、男性も積極的に始める人が多くなっています。老若男女できるものなので、ぜひ生活習慣の中に取り入れてみてくださいね。