女性用ワックスの種類・前髪をセットするコツとは!?

ヘアスタイルのアレンジやセットには、ヘアワックスが便利です。ただしワックスにはいろんな種類があるので、使ってみたいけどどれを選んだらいいかわからなくなってしまいます。女性用ワックスを選ぶならどれがいいのか、ワックスを使うときに知っておくと便利なポイントを紹介します。

女性用ワックスの種類


女性用ワックスとして販売されているものにも、いくつかの種類がありそれぞれに特徴が違ってきます。どれを選ぶかは自由ですが、特徴を知っておくと自分の髪質やなりたいスタイルに合わせて選ぶことができます。ワックスの種類とそれぞれの特徴を見ていきましょう。

ドライタイプのワックス

ドライ対応はワックスの中でも一番固く、しっかりとしたテクスチャーです。固いといっても普通に指で取れる固さで、ワックス自体がしっかりとしている分スタイルのキープ力は高くなります。ドライタイプはツヤはでずにマットに仕上がるのも特徴です。ツヤ感を出したい人には不向きとなってしまいますが、マットに仕上げたいときにはおすすめです。

ファイバータイプのワックス

ファイバーは繊維のことです。ワックスに繊維を配合しているので、ワックスを手に取るとき糸を引くように見えます。テクスチャーは柔らかく、初めてワックスを使う人にも扱いやすくておすすめです。繊維がセットしたい形をしっかりとキープしてくれて、油分が多いためツヤも出ます。

束感やボリュームを出したいときにおすすめのタイプです。ファイバータイプのワックスはとても使いやすいものの、付けすぎるとベタっとした印象になるので注意してください。手に取るときもテクスチャーが柔らかいので、優しくそっと取るようにします。

クリームタイプのワックス


ドライとファイバーのいいところを兼ね備えているのがクリームタイプの特徴です。テクスチャーは柔らかめでよく伸びるので少量ずつ様子を見ながら使います。キープ力はそこそこあるので、手グシで無造作にセットしたいときにも使えます。ツヤも出ますし使いやすさでは初心者にもおすすめです。

ジェルタイプのワックス

その名の通りジェル状のワックスです。ワックスの中では最もキープ力は高く、しっかりと固めます。束感を出したいときにも便利ですし、髪の量が多い人にも使いやすいキープ力です。他のワックスは乾いた髪に使いますが、ジェルタイプは濡れた髪にも使えます。濡れたようなツヤが出るので、スタイリングの幅も広がります。

ツヤではワックスの中でジェルが一番ですが、前髪だけセットしたいときはつけすぎないようにしましょう。前髪だけ不自然にツヤが出てしまうからです。全体を手グシでざっくり整えるくらいなら問題ありませんが、ジェルは部分的なセットよりも髪全体のセットに向いています。

前髪セットのワックスを付けるコツ


ワックスは髪全体に使うというよりも、前髪のセットに使うことが多いです。前髪の仕上がりで見た目の印象もその日の気分も変わってくる、と言ってもいいくらい重要な部分です。ワックスは、前髪のセットにも便利です。セットをする際のポイントを紹介します。

先にヘアアイロンやカーラーで少し巻いておく

前髪のセットをする際、ワックスを付ける前にやっておくべきことがあります。前髪の長さにもよりますが、ヘアアイロンやカーラーで軽く巻いておくとセットしやすいです。ゆるふわに巻いておけば、ふんわり感をキープできます。寝クセがついたり生え方のクセで前髪がパックリ割れてしまったりする人も、あらかじめヘアアイロンやカーラーで巻いておくとセットしやすくなります。流し前髪にしたい場合は、巻くときに流したい方向を意識しましょう。

量を付けすぎない

ワックスを使うときにやってしまいがちなのが、一度にたくさん取ってしまうことです。種類による多少の違いはあるものの、ワックスはキープ力が強いので少量でもしっかりとセットできます。髪全体に使う場合でも最初に取るのは、指1本で軽くすくう程度、パール1粒大くらいでOKです。それを手になじませると少量でも髪全体をセットできます。

前髪の場合は指でかるくつまむ程度でもいいでしょう。多すぎるとベタついてしまい、髪が重くなります。髪の量が少ない人は、最初に付けすぎると全体的にペタンとした印象になってしまいます。足りなくても後から付け足せますが、最初に付けすぎると不自然に見えてしまいます。

つけすぎてしまいベタっとした印象になると修正できないので、洗い流すしかありません。朝は何かと慌ただしく時間がないので、ワックスを付けすぎてしまうと洗い流して乾かして、またセットしてというように時間のロスになってしまいます。ちょっと少ないかな?と思うくらいがちょうどいいです。

直接髪に付けない

ワックスで前髪をセットするときにやってしまいがちなのが、直接ワックスを髪に付けることです。これも前髪がベタっとした印象になったり、変にツヤが出て不自然に見えたりする原因です。ワックスは髪に直接付けずに、一旦手になじませ指先で付けていきます。

前髪だけなら手のひらまでは伸ばさず両手の指だけになじませ、指先だけで前髪になじませるとセットしやすいです。少量のワックスで、少しずつセットすればベタついたり不自然なツヤが出たりという失敗もありません。ワックスの使い方は前髪も髪全体も同じで、基本は直接髪に付けず一旦手になじませてから付けるのが鉄則です。

おすすめの女性用ワックス

女性用ワックスにも種類があるので、選ぶにしても迷ってしまうこの方が多いかもしれません。女性におすすめのワックスを3つ紹介しますので、ワックス選びに迷ったときの参考にしてみてください。

ナンバースリー DEUXER(デューサー) ミディアムソフトワックス 3 80g


せっかく時間をかけてスタイリングしても、途中で崩れてしまうとがっかりです。デューサーならスタイリングした状態を1日中キープできます。その秘密はマカダミアナッツパウダーにあります。マカダミアナッツパウダーは、髪を構成する細胞間脂質とよく似た性質を持っているので髪なじみがよく自然に仕上がります。髪と似た性質なので重くならないのがポイントです。

キャップを開けるとき12分の1回転でいいから、余計な力は不要、濡れた手でも簡単に開けられます。デューサーは6段階のセット力と、マット~ツヤ感まで、9つのバリエーションがあります。作りたいスタイルや髪質に合わせて選べます。

ロレッタ メイクアップワックス4.0 65g


アルガンオイルやシアバターなど、天然素材を厳選した上質のワックスです。お米から作るワイスワックスを配合しているので、キープ力があるのにベタっとせず自然に仕上がるのがポイントです。手に取りなじませるときに香る、ダマスクローズの香りも人気の理由です。パッケージデザインも可愛いですし、手グシでも簡単になりたいスタイルを作れます。

ザ・プロダクト ヘアワックス 42g


ヘアワックスでありながら、全身に使えるのが最大の特徴です。ワックスなのに全身に使えるってどういうこと?と思う人も多いでしょう。このワックスはオーガニック成分にこだわって作られているので、スタイリング剤として以外にハンドクリーム・ネイルケア・リップケアにも使えます。

オーガニックで肌に優しいとなるとキープ力に不安がありそうですが、プロも愛用しているくらいのキープ力があります。保湿力が高いのでスタイリングしながら髪と頭皮のケアができるのがメリットです。柑橘系とローズの香りがあり、肌にも優しいから安心して使えます。強調しすぎず優しく香ります。

まとめ


女性用のおすすめワックスを紹介しました。ワックスにもいくつか種類があって、使い心地や仕上がりの印象も変わってきます。自分がどんなスタイルにしたいのか、ワックスの特徴を知っていれば自分にとってのベストを選べます。