アイライン脱毛の注意ポイント&サロン脱毛のメリットとは?

アイラインの処理は女性にとっては重要な処理部分の一つです。単に衛生面を考えての処理という意味もありますがそもそも何も処理していないと女性としても魅力が低下してしまいます。ご自身に合った手段でアイラインを処理するようにしましょう。

今回はアイライン脱毛の注意ポイント、サロン脱毛のメリットをご紹介いたします。

アイラインを自己処理で脱毛する3つの方法

カミソリ

カミソリの利点はなんといってもコストパフォーマンスが高いことです。カミソリ自体は数百円で売っており、T字型なら刃先を交換すればさらにコストダウンが可能です。替刃タイプの方が、刃先がさびるまえに交換できるのでお肌にはいいのです。刃先がさびると肌に細かい傷がつきやすくなりますので気をつけましょう。

また、I字型のカミソリもいいのですが、T字型の方がアイラインによりフィットさせやすいので、T字型の方がオススメです。

電気シェーバー

電気シェーバーのメリットは、刃先が細かくなっているので剃ってもお肌への負担が非常に少ないことです。アイラインは非常にデリケートなので、極力お肌への負担は避けたいものです。ヘタすれば粘膜を傷つける可能性もあるので、お肌を傷つける可能性があるものは極力、排除したほうがいいのではないでしょうか。お肌への負担が少ないからといっても剃る陰毛が長いままで、いきなり剃り始めるのはリスクが高いです。まずは長くなっている陰毛を、ある程度の長さまでカットしましょう。メチャクチャ短くカットする必要はありません。ある程度でOKです。
その後、電動シェーバーで優しく剃っていきましょう。なお、剃るときは必ずもう片方の手でアイラインの中心部を保護しましょう。万が一、剃り方を誤ってアイラインの粘膜部分を傷つけないようにするためです。剃った後は保湿クリームで保湿も行いましょう。

ヒートカッター

カミソリや電気シェーバーで剃ると、どうしてもわずかに毛先が残ってしまいます。それにより、チクチクして痛かったり痒くなってしまう場合があります。それがどうしてもイヤな方はヒートカッターを使用してはいかがでしょうか。ヒートカッターとは、刃に電熱線があるので、熱で焼き切るという感じです。ヒートカッターの電熱線は皮膚に直接あたらないので、安全面でもメリットがあります。しかし、刃先ギリギリに電熱線があるわけではないので、深剃りはできません。わずかに毛先は残ります。剃るというよりは長さを調節するという表現が正しいのかもしれません。毛先がわずかに残りますが、カミソリや電気シェーバーとは違い、毛先がとがっていないのでチクチクして痛みやかゆみが出にくいことも特徴です。毛を焼くときは少し焦げたにおいがしますがガマンするしかありません。そして、剃ってるわけではないのでまたすぐ伸びて来ます。カミソリや電気シェーバーよりもこまめに使用する必要があります。

アイラインを自己処理脱毛する注意ポイント

深剃りに気を付ける

アイラインをカミソリや電気シェーバーで処理する場合は深剃りに気を付けましょう。深剃りしすぎてしまうとお肌を傷つけてしまい、毛嚢炎を発症する可能性があります。こまめに剃るのが面倒くさいからといって深剃りをしすぎないようにした方がいいと思います。深剃りに気を付けたいかたはヒートカッターを使用するのがいいのではないでしょうか。ヒートカッターであれば、深剃りによってお肌を傷つけるリスクを軽減できるところがうれしいポイントです。

蒸しタオルで温めて行う

剃る前には蒸しタオル等をアイラインにかぶせてください。剃る前に上記をあてることにより、陰毛が柔らかくなり剃りやすくなります。カミソリや電気シェーバーで剃る方はまず蒸しタオルを使用するほうがいいのではないでしょうか。剃りやすくなることで皮膚に傷がつきにくくなります。アイラインのお肌は非常にデリケートです。少しの傷から炎症が起きてしまう場合があるので、少しケアをするだけでリスクが格段に減少します。

脱毛後は保湿する

ヒートカッターで剃る場合はお肌に傷がつきにくいのですが、カミソリや電気シェーバーで剃った場合は、皮膚に細かな傷がどうしてもつきます。そのまま放置してしまうと毛嚢炎等の皮膚疾患リスクが高くなってしまいます。脱毛後に保湿することによって皮膚の回復を早め、炎症になるリスクを軽減することができます。もちろん、ヒートカッターを使用した場合も念のため保湿しておくに越したことはありません。

アイラインをサロンで医療脱毛するメリット

衛生的に脱毛ができる

サロンで医療脱毛してもらった場合、自身で脱毛するよりも皮膚に傷がつきにくく、炎症を発症する可能性が非常にさがります。サロンであればプロの方はケアしてくれるので、きれいに剃ってもらうことができます。自分ではどうしても剃り残してしまう箇所も全てきれいに剃ってもらえるのはうれしいポイントです。気になる男性とのデート前や勝負時には是非、サロンで医療脱毛をしてみてはいかがでしょうか。男の人が、女性のアイラインの処理ができてるかどうか、チェックしている人は多くいます。

剃り残しがない

サロンで医療脱毛してもらうことで、自分で剃るよりにいにも圧倒的にクオリティが高く剃ってもらうことが可能です。自分で鏡やライトを駆使し、慣れてくればある程度のクオリティまではきれいに剃ることが可能です。しかし、サロンで医療脱毛してもらうことで、自分ではどうしても剃りにくい場所や、見えにくい場所が出てきてしまいます。しかし、サロンでプロの方にお願いすることにより、自身では剃りにくかった箇所を簡単に剃ってもらうことができます。

最小限の痛みで脱毛できる

自分で市販のカミソリや電気シェーバーを使用すると、どうしても小さな傷がつきやすい可能性があります。また、それに伴い痛みが発生することもあります。しかし、サロンで医療脱毛してもらうことで皮膚の傷を最小限にとどめることができます。最小限にとどめることで痛みも少なくなります。慣れないうちはどうしてもお肌に傷が入る可能性が高くなります。最初のころはサロンでプロの方にお願いし、うまく自分で剃れる方法をプロの方に教えてもらうのも一つです。

まとめ

いかがでしたか。アイラインの処理を自分でおこなう際は様々なリスクが伴います。しかし、それぞれに対策や回避法を行うことによってリスクを軽減できるので是非参考にしてください。

関連記事

関連記事