目尻だけアイラインの効果とは?デカ目に見える方法!

アイラインは目をとても印象的にしてくれます。そしてグーンと魅力的な目を作ることができるのです。上手にアイラインを引くことでナチュラルな目も、情熱的な目も作ることができます。

アイラインを目尻だけ引く効果

ナチュラルな印象になる

アイラインは引き方によって、いろいろな印象になります。特にアイラインを長くしっかり引くことで人工的な美しさにはなりますが、ナチュラル感は低下します。ナチュラル感を高めるなら目尻だけにアイラインを引くようにしましょう。手を加えない目より、ナチュラル感がアップするのが目尻にアイラインを引く方法です。
実際に目尻だけにラインを引くと、ナチュラルなのに目が大きく印象的になるのです。そして目尻はアイラインを引いてもあまりアイラインの重みのある存在感はありません。

目が大きく見える

目尻にアイラインを入れると、目の錯覚で目が長く見えます。そして影にも見えるので奥行きも感じられるのです。それによって、とても自然に目が大きく見えます。少し目のラインより、はみ出すようなイメージで引くと良いでしょう。

透明感が出る

目のラインにガッツリとラインを入れると、風通し感がなく暑苦しさ、重さが出てしまいます。それに比べて目尻だけアイラインを引くことで目の表情にも透明感がでてきます。風通しの良いすがすがしさが感じられる目はナチュラルな魅力があるのです。

アイラインを目尻に引く方法

グレーやブラウンのアイラインを使う

ナチュラルメイクの場合、目尻に引くアイラインは目尻の延長に引きます。つまりラインの延長というより、影の延長というイメージで引きます。そのためブラックでは強調しすぎてラインだけ浮き上がってしまうことがあります。そのため目尻に引くラインはブラウンやグレーのアイラインを使用するとナチュラルに引くことができるのです。

目尻から3分の1だけにラインを入れる

目尻にだけアイラインを引く場合、どのぐらいのところから引くのかということになりますが、目尻から3分の1のところからラインを目尻に向かって引きます。最後は本来のラインから少し上に向かって数ミリ伸ばすように引きましょう。
もちろんこれは目の大きさ、形などそれぞれみんな違うので、絶対にこれがいいとは言い切れません。しかし目安として目尻から3分の1のところからアイラインを引くのが基本です。

目尻の部分を少しだけ跳ね上げる

ラインは目尻から3分の1程度のところからスタートして、目尻に向かってアイラインを引いていきます。目尻の部分は少し跳ね上げるといいでしょう。これも目の大きさや形によって、跳ね上げるように少し引っぱった方が良い場合もあります。これは自分でやってみて、自分の目にはどのぐらい引っぱったらいいか、跳ね上げたらいいかなど研究してみましょう。

アイライナーのタイプ

リキッド

液状でラインが艶やかになります。またラインの太さなども筆に入れる力で調整できます。しかし初心者はどうしてものっぺりした厚化粧になりやすいので、慣れてきてから使用したいものです。また目尻だけを引くようにするとき、サッと細いラインで書き込む場合は向いていますが、慣れていない場合は不自然になりやすいので注意が必要です。

ペンシル

ペンシルタイプはとてもナチュラルな仕上がりになるので、初心者にもおすすめです。目尻に引くときも、そのまま影のようにナチュラルに書くことができます。まつげが増えたかのようにとてもナチュラルに混じりを引くことができます。しかしきりっとした目を作るというより、上手にナチュラル感の高いアイラインを引くことができます。

ジェル

ジェルタイプのアイライナーは水にも強く落ちにくいというメリットがあります。また書き心地はとてもスムーズでスルスルと書くことができ、太さのコントロールも簡単です。まつげの間を埋めることなども楽にできます。リキッドタイプとペンシルタイプの良い所を持ったおすすめのアイライナーであり、少し慣れれば初心者でも問題なく使いこなせます。

一重さんにおすすめのアイライナー

 

HeyBeauty アイライナー ウォータープルーフ 速乾タイプ

「HeyBeauty アイライナー ウォータープルーフ速乾タイプ」のご紹介です。ペンシル型になっていて描きやすくなっています。自由に描くことができ、乾き方も即効性が高いため、メイクもらくらく。コシがあり、液含みもとても優れている筆を使っているため、スタートから目尻まで一気に書くことができるスムーズさが魅力です。
朝のメイクで夕方まで綺麗にラインが残っているので化粧直しは必要ありません。ウォータープルーフのアイライナーです。まぶたは敏感肌の人が多いため、まぶた用に開発された低刺激ミネラルアイライナーなので色素が残りません。初心者はぼかしが利くブラウンがおすすめ。

【ジルスチュアート アイライナー】キトゥンアイズ ライナー 02

「キトゥンアイズ ライナー」のご紹介です。細めに目尻に向けて引くことによって、ほりの深いはっきりとした印象に仕上がります。まつ毛の間にもしっかり埋めることで、よりはっきりとしたアイラインを描けます。にじむこともなく、しっかりとしたアイラインが描けるでしょう。

【ジルスチュアート アイライナー】キトゥンアイズ ライナー 02

ミセル アイライナー

「ミセル アイライナー」3本組のご紹介です。ツヤの良いリキッドタイプのアイライナーです。大人メイクにピッタリのリキッドタイプのブラック。初心者にはちょっと難しいかも知れませんが、ガッツリメイクしたい場合におすすめです。また黒髪の女性にはやはりブラックのアイライナーがおすすめです。
くっきりとしたエキゾチックな目を作るならやっぱりブラックのリキッドアイライナーがおすすめです。ウォータープルーフなので、汗や水にも強くパンダ目にはなりません。

奥二重さんにおすすめのアイライナー

ビューナ 引くだけ二重ライナー

引くだけで二重になる「ビューナ」のご紹介です。アイプチとはまったく違い、スティックタイプになっているので、簡単にラインを引くだけで綺麗な二重になります。ノック式ペンなので持ち歩きも便利。二重にするだけでなく、奥二重の修正や加齢による弛み修正などにもピッタリです。

ケイト アイライナー ダブルラインエキスパート LB-1

「ケイト アイライナー ダブルラインエキスパート LB-1」のご紹介です。リキットのペンタイプのアイライナーですが、目の影を付けたり、二重ラインを付け足しても目立たずに影ラインが掛けます。極薄ブラウンだからリキッドのべったり感もなく、薄化粧にピッタリです。アイライナー初心者でも安心して使用できます。

ぱっちり二重さんにおすすめのアイライナー

二重メイクシャドウ シャイニーベージュ

「二重メイクシャドウ シャイニーベージュ」のご紹介です。二重にしたいラインを引くだけで、2分したら綺麗な二重ができます。その上、シャイニーベージュなので二重のラインが影になり、とても自然に二重ができるのです。ラインを引くと、その上の皮膚がかぶさって、リアルな影のある二重になります。

ダブルラインアイライナーAS

「ダブルラインアイライナーAS」のご紹介です。好みの位置に塗ることで幅の広い二重ができます。そしてその上にもう一本ラインを引くことでダブルラインの二重ができます。それによって立体感のあるホリの深さを感じさせる表情に早変わり。重ね書きによって色を調整することもできます。ウォータープルーフタイプで汗にも強い優れものです。

まとめ

目をぱっちり大きく見せるためにはアイライナーや、二重ライナーなどを上手に利用してみましょう。二重ライナーでありながら、アイライナーの役割も果たしてくれるタイプなど、とても便利で初心者にもおすすめです。