ノーズシャドウの上手な入れ方!コツを覚えてキレイになろう

みなさんはメイクをするときに『ノーズシャドウ』を意識して入れていますか?ノーズシャドウを入れて鼻筋がスッと通っているように見せるだけで、あこがれの立体感のあるハーフ顔になれちゃうかも!?

今回は

についてレクチャーしていきます!

ノーズシャドウの効果とは


「鼻筋に入れる影を入れるだけでそんなに変わるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、ノーズシャドウを入れるか入れないかでは顔の立体感の出方に大きな差が出てきます。まずはノーズシャドウの効果についてしっかり押さえておきましょう!

鼻筋のシェーディングで立体感のある顔立ちに

鼻筋にノーズシャドウを少し入れるだけで、顔全体にメリハリと立体感を出してくれる効果があります。顔の中心にある鼻は、立体感を作るためには欠かせないパーツです。顔の中心に立体感を出すことで、顔全体をメリハリのある掘り顔に見せることもできちゃいます!

クール・カジュアル系のメイクにもばっちり合うので、キュート系のメイクになりがちな人はぜひ試してみてくださいね。

鼻を高く見せる効果がある

ノーズシャドウをプラスすることで鼻筋がスッと通っているように見えるので、低い鼻でも高く見せることもできます。さらに鼻が高く見えることで丸顔の人でもシャープな顔立ちの印象に見えるので、顔を細く見せたい人にもおすすめ♪

それだけでなく存在感のある大きな花も小鼻にノーズシャドウを入れれば小さく見せることも可能!ノーズシャドウは整形級に鼻の形や顔の印象を変えてくれる救世主アイテムなのです。

ノーズシャドウの種類


顔の印象をガラッと変えてくれるノーズシャドウは、ポイントメイクに欠かせないアイテムです!しかし、ノーズシャドウと一言に言ってもたくさんの種類があります。まずは自分にぴったりのノーズシャドウを見つけて、ノーズシャドウをマスターできるようにしましょう!

パウダータイプは初心者さんにおすすめ

ノーズシャドウの中でも一番ポピュラーなのが「パウダータイプ」です。パウダーの量で陰の濃さを調節できるので、まずは薄くつけてみたい初心者の人にもおすすめ!薄くつければ、ノーズシャドウをしっかり入れている感がなく自然に立体メイクをすることができます。

立体感のあるメイクに挑戦してみたいという人は、まずパウダータイプのノーズシャドウを手に取ってみるのがおすすめですよ♪

スティックタイプは自然なツヤが出せる


鼻まわりの陰影と一緒に肌の自然なツヤ感を出したい人は、スティックタイプがおすすめです。スティックタイプは皮脂や水分にも強いものが多いので、化粧直しの回数も少なくて済みます。また、ラメ感のあるものを選べばさらに透明感のあるツヤ肌になることができますよ!

さらに髪の生え際や顎など顔回りにも塗ることができるので、顔全体のシェーディングも簡単にできちゃいます。パウダータイプのノーズシャドウを使いこなせたら、こちらのスティックタイプに挑戦してみましょう。

アイシャドウで代用もOK

ノーズシャドウがない人は、アイシャドウでも代用ができます。明るめのブラウンかベージュのアイシャドウをチョイスすると肌馴染みが良いのでおすすめです!アイシャドウひとつあれば良いので、メイクポーチもかさばらずに済みますよね♪

アイシャドウとと同じ色を使うので、メイク全体に統一感が出て一気にメイク上級者な顔立ちになることができちゃいますよ。

ノーズシャドウの入れ方


「ノーズシャドウの入れ方って難しそう…」と不安に思う人も多いかもしれません。しかし、コツさえつかめばすぐに立体感のあるメリハリ顔メイクをすることができちゃいます!次にご紹介するポイントをおさえて、ノーズシャドウメイクをマスターしてくださいね♪

まずはファンデーションを塗り眉毛のメイクをする

まず一番最初にするのが、化粧下地→ファンデーションと肌のベースを整えること。そして次に眉毛のメイクを済ませておくことです。ファンデーションの後に塗ることで自然な陰影を鼻につけることができます。また、眉毛の色や形を整えておけばノーズシャドウを入れる位置もしっかり抑えられますね!

実際にノーズシャドウを入れる前のこの工程が雑になると、いざノーズシャドウを入れようとすると失敗してしまう恐れもあります。シャドウを乗せるベースとなるメイクなので、手を抜かずにしっかりやりましょう!

眉頭から目頭にシェーディングを入れる

チップにノーズシャドウをとったら、眉頭から目頭にむかってスッとシェーディングを入れていきましょう。このとき、眉頭をぼかしながら目頭のラインまで入れます。眉頭がはっきりした状態だとシェーディングが濃すぎて不自然になるので要注意!ゆるやかに三角を描くように入れると上手にノーズシャドウを乗せることができますよ。

目頭から鼻の脇にシェーディングを入れる


次に、目頭から鼻の脇に向かって薄くシェーディングを乗せていきます。ノーズシャドウの一番薄い色を使って、先ほど描いたラインをさらにぼかす感覚で鼻の脇にめがけてシェーディングを入れましょう。鼻の先端までがっつり描くと逆に鼻が大きく見えるので、鼻の脇あたりで止めるようにしてくださいね。

鼻筋にハイライトを入れる

ハイライトを使って、鼻筋の高さをさらに強調させましょう。ハイライトを指やブラシに乗せて、鼻筋の真ん中を中心に乗せます。ポイントは眉間の下から、鼻先の手前までの間隔をはみ出さないように入れること!眉間までハイライトを乗せると逆に鼻が低く見えてしまうこともあります。

ノーズシャドウを軽くぼかす

最後に、ハイライトと照らし合わせながらノーズシャドウの濃さを調節していきます。ノーズシャドウはがっつり入れているとけばけばしいメイクになってしまうので「少し物足りないかな?」と思うレベルまでぼかしても問題ありません。

ノーズシャドウを入れるときのコツ


ノーズシャドウはマスターすれば顔の印象をガラッと変えることができる、いわば整形級メイクに欠かせないアイテムです。最初のうちは難しく思うかもしれませんが、次にご紹介するコツをふまえてメイクすれば失敗なしのノーズシャドウメイクができちゃいます♪

ノーズシャドウは指でぼかすと自然に仕上がる

ノーズシャドウは指でぼかすことで、自然な仕上がりにすることができます。ノーズシャドウをブラシやチップで入れたあとに、ぽんぽんと中指の腹を使ってシェーディングを入れた場所をぼかしていきましょう。そうすることで、がっつり影がついているように見えず自然な陰影を演出することができますよ♪

濃すぎると不自然になるためやりすぎない


先ほども少し触れたように、ノーズシャドウは濃すぎるとメイクがけばく見える原因になります。それだけでなく、顔の中心だけが立体的に見えてほかの場所がのっぺりとしてしまうので、メイクのバランスとしても悪くなってしまいます。

ノーズシャドウはあくまで「少し物足りない」と思う程度でとどめておくのが一番良いでしょう。

人気のノーズシャドウ

ノーズシャドウの魅力や上手な入れ方について見ていきましたが、どのアイテムを使ってノーズシャドウを入れれば良いか迷っている人も多いはず!ここからは、初心者にもおすすめの人気のノーズシャドウアイテムをご紹介していきます♪

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) プレイ101スティック

リーズナブルな価格で流行のメイクアップアイテムを手に入れることができる人気の韓国コスメ『エチュードハウス』から販売されているプレイスティックシリーズです。ハイライトとシェーディングの2役がこの1本に!しかも広い部位に使用するシェーディングが2倍以上増量されたので、シェーディングがなくなってハイライトが余ってしまうなんてこともありません♪

24度の斜めカット処方なので、顔のどの曲面にもすき間なくタッチ!よりナチュラルで立体感のある顔立ちになることができます。

ケイト シェーディング&ハイライト スリムクリエイトパウダーN

ドラッグストアで手に入るプチプラコスメとしても大人気の『KATE』で話題になっているのがこちらのシェーディング&ハイライトです。どんな肌色の人にもなじみやすい2色なので、初心者の人でも簡単にメリハリのある立体小顔になることができちゃいます♪

パール入りなので、アイホールに入れればアイシャドウがわりにもなるアイテム!同系色を使うことでよりメイクに統一感が出て、こなれ感のあるメイクにすることもできそうですね。1つあれば何役もこなしてくれる、時短アイテムとしても活躍するかも♪

まとめ

ノーズシャドウは顔にメリハリと立体感を出すのに欠かせないアイテムです。目頭から鼻筋にかけて少し影を入れてあげるだけで、顔の印象が劇的に変わります。最初は難しく感じますが、マスターすればハリウッド女優のようなメリハリ顔を目指せるかも!?

今回ご紹介したアイテムも使ってみて、あこがれのメリハリ&立体小顔メイクに挑戦してみましょう!

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。