デジタルパーマと普通のパーマとの違いはどんなもの?

デジタルパーマと普通のパーマとどこがどう違うのか、素人にはよくわからない点が多々あります。しかし両者は似て非なるものです。どちらもかわいくておしゃれなものが多く、魅力も満載です。今回はデジタルパーマと普通のパーマの違いについて、詳しく説明していきます。

デジタルパーマと普通のパーマの違いとそれぞれの魅力

デジタルパーマはどんな剛毛でもパーマがかかる!

デジタルパーマは温熱ロッドとパーマ液で髪に形状をしっかり記憶させるというもので、しっかりとパーマがかかりますから、剛毛などパーマがなかなか、かかりにくかった髪質でも、ふんわりさらさらスタイルはもちろん、カールでもストレートでも思いのままのヘアスタイルが体験できます。特に今まで巻髪スタイルをあきらめていた人はオススメです。

デジタルパーマは大きめカールも綺麗に作れる

デジタルパーマは、ストレート風でも柔らかカールでも、あらゆるヘアスタイルを形にできるのですが、得意なのはふわふわ緩やかな大きめのカールです。自己主張の強い個性的でパンチがきいたパーマだけではなく、ナチュラルで軽いタッチのスタイルを作る事もできます。しかも普通のパーマで傷んだ髪を修復してくれるパーマ液やカラーの開発によって、パーマで一度は傷んでしまった髪も美しい髪に再生できるのです。もちろん縮毛矯正していても大丈夫です。

デジタルパーマは長持ちしやすい

デジタルパーマは形状記憶パーマと異名をとるほど、しっかりとパーマをかけますから、よほどの事がない限り落ちません。少なくとも最低半年は持続しますから、朝のセットがとても楽になります。その反面パーマをとりたい時は、相当の手間をかけなければいけなくなりますから、注意が必要です。様々なスタイルをその日の気分で楽しみたい人には、デジタルパーマは不向きです。デジタルパーマをかける時には、この点をしっかり確認して利用してください。

デジタルパーマは繊細な癖はつけにくい

デジタルパーマは多種多様な雰囲気やヘヤスタイルに対応しますが、どちらかといえば大きく波打ったウエーブが得意です。細やかでパンチのきいたカーリーヘアはあまり得意ではありません。いわゆるごく普通のパーマヘアのパターンを髪につけたいなら、普通のパーマの方が適切です。そうしたパーマの使い分けは有る程度必要です。いわゆるナチュラルパーマといった場合はデジタルパーマになります。ふんわりさらさらのフェミニンな雰囲気を楽しめるのが、デジタルパーマの魅力でもあります。

普通のパーマは細かいカールもつけやすい


細やかなカールのカーリーヘアが付けられるのが普通のパーマの特徴ですから、デジタルパーマのように大きなカールで、軽くふわっとした雰囲気のものではなく、もっと堅くしっかりしたヘアスタイルで、個性を強く出したいなら普通のパーマの方がオススメです。ですからパンチのきいた仕上がりになります。

髪を高熱加工する関係上頭頂部からパーマをかけるのは、やけどの危険もありできません。したがってウェーブをかけるのは髪の先という事になります。ショートヘアなどはもちろん不向きですが、ショートボブでも有る程度の長さがあれば、デジタルパーマを利用できます。

普通のパーマは料金が安め

普通のパーマもデジタルパーマ同様にパーマ液を付けてカールを髪につけていきますが、熱加工はしていません。したがって乾くのにうんと時間がかかる難点はあるものの、1回ごとの料金が安めです。

普通のパーマは持ちが弱い

デジタルパーマのようにがっちりと堅く髪にカールの形状を記憶させる事はできません。したがって持続させるものではありませんから、大事な訪問客がある日や大事なパーティー、あるいは、お出かけをする時だけ、特別にパーマをかけたいというなら普通のパーマで充分ですが、持続しない分ずっと同じヘアスタイルを維持していくには不向きです。その日の気分で様々な形状のパーマヘアを楽しみたいという人にオススメです。

メリットデメリットを比較することが大切

デジタルパーマも普通のパーマもそれぞれに魅力もあり、難点もありますから予算と目的を考えながら、メリット・デメリットを比較検討しつつ今の自分に必要なのはどちらだろうと考えていくのがおすすめです。パーマはいずれにせよ髪を傷めやすい傾向にあります。昨今はダメージケアまでしてくれるパーマ液も開発されており、パーマをかけるたびにツヤ髪になっていくとも言われていますが、大きく波打つウェーブヘアにしたいのか、パンチのきいたカーリーヘアにしたいのかなど、デザインの上からも検討していかなければいけません。

普通のパーマと違います!おすすめデジタルパーマスタイル

お人形のようなナチュラルキュートスタイル


デジタルパーマの良さをふんだんに活用した典型的なスタイルです。このように自然な流れを作りながら、髪先にふんわりとしたウエーブをつけるのがデジタルパーマの魅力です。後ろ姿の美しさやかわいらしさは格別、思わず声かけをしたくなります。しかも同じウェーブをつけているはずなのに、その人らしさを感じさせるのもデジタルパーマならではです。

フェミニンが魅力のパーマスタイル


これくらいのショートなら充分デジタルパーマをかける事ができます。よく使われるのがアッシュカラーの中でもバイオレットです。透明感があって特に強い日射しの下に出るとツヤが映えるのが特徴です。ハイライトにピンクを入れていますがカラーを好きな色でハイライトを入れる事で、女性らしい優しさやかわいらしさを引き立たせる事ができます。

前下がりボブとの相性抜群


ボブスタイルはデジタルパーマととっても相性が良い事で知られています。前下がりボブが入っている事で女性らしさや大人っぽさも出ています。とてもおしゃれに仕上がっています。ベージュ系グラデーションもデジタルパーマでは定番のカラーとなりました。髪でいろいろ遊んでみたい人にオススメのスタイルです。

ミニボブにもピッタリ


極めてショートなミニボブでもデジタルパーマをかけられるか、不安という人もこの作品をみれば安心できる事でしょう。波打つカールを頭の先からつけています。後ろ姿がとてもフェミニンな雰囲気を良く出しています。大人っぽさを出したい人にオススメのスタイルです。

まとめ

いかがでしたか、普通のパーマほど自己主張し過ぎず、自然な流れを髪につけながら女性らしさを思う存分発揮したヘアスタイルを多く見つける事ができます。かつてアニメに登場するかわいらしい女の子に憧れて、あんなヘアスタイルにしてみたいと思っていた人も多いのではないでしょうか。デジタルパーマはそんな若い女性たちの憧れを、形にしたヘアスタイルだという事もできるでしょう。これだけ可愛くなるなら少少高くても納得できる部分があります。春はぜひデジタルパーマでフェミニンなお姫様パーマに挑戦してみてください。

- 1 / 1ページ -