ショートボブヘアにおすすめの簡単アレンジ8選

ボブは空前のブームと言ってもいいほどの人気です。ロングボブも人気ですが、特にショートボブは大人気。大人と少女の両方をバランス良く感じさせてくれるショートボブ。いろいろなアレンジで、自分だけの魅力あるショートボブを作りましょう。

ショートボブのヘアアレンジを簡単にやるコツ

ワックスやスタイリング剤をしっかり髪に揉み込む

ショートボブは若い女性から中高年の女性までとても人気があります。特に中高年になると髪の量が減ったり細くなったりするため、ロングヘアはちょっと似合わなくなることも。そんなときにもショートボブはぴったりです。

ショートボブはパーマを掛けるより、そのままの方が若々しいといわれていますが、やはり動きがないと子どもっぽくなってしまい、大人の女性にはちょっと物足りません。そこでワックスやスタイリング剤をしっかり髪に揉み込んで、髪の表面に動きを作りましょう。それによって大人の女性にぴったりのっショートボブが作れます。

アメピンやUピンなど、ピンを上手に使いましょう

ショートボブはそれだけでも魅力的ですが、そこにアメピンやUピンを上手に利用すると可愛さや華やかさが倍増。例えばカラーアメピンは飾りピンとして使用できます。アメピンというと、隠れたところに使用するイメージがありますが、髪飾りとしてピンを使いましょう。

カラーアメピンは購入できますが、自分で世の中に1つだけのカラーアメピンを作ってみましょう。作り方はとても簡単で、マニキュワを使ってカラーリングしていきましょう。今百均でもさまざまな色のマニキュワが購入できます。派手な原色もたくさん色が揃っています。

例えばレッド、イエロー、グリーンの単色アメピンを前髪を留めるときに使ってみませんか。アフリカ系の国旗をイメージしており夏にピッタリです。また優しいピンクで品良くドレスアップしたときにもおすすめです。マニキュワが乾かないうちにラメを振りかければキラキラタイプのアメピンもできます。

このように自分だけのアメピンで楽しんでみましょう。またUピンもカーブの先端に造花やキラキラ、ボタンなどかわいいものを付けてみてはいかがでしょう。いろいろなタイプのUピンが購入できますが、これもボンドで気に入ったものを付けて、自分だけのUピンをちょっとひねりを入れたところに付けてみましょう。

しっかり留めたいときには編み込みを使って

ここはしっかり留めておきたいというときには、ピンでとめても結構落ちてきてしまいます。特にツヤのある美しい髪ほどずり落ちやすくなります。そんなときには編みこみを使って留めると、ぐっと強力にズレずに留めることができます。編みこみといっても2目ほど編み込むだけで充分です。

ブラッシングをしてからヘアアレンジをする

ある程度髪の状態は落ちついているように見えても、実は髪の中は結構整っていないこともあります。そのためヘアアレンジするときには、まずブラッシングをして髪を全体的に整えてからスタートするようにしましょう。このブラッシングを怠ってしまうと、スタイリングの途中でだんだん思ったようにいかなくなります。

コテやアイロン、ドライヤーで熱を加えると良い

スタイリングをするときに、直毛の状態より、コテやアイロン、ドライヤーなどで熱を加えておいたり、軽くカールを作っておきましょう。スタイリングしたい状態に馴染みが良くなり、1人でも上手にスタイリングがしやすくなります。特に編みこみなどのスタイリングの場合は軽いカールを作っておくと、とてもやりやすく仕上がりもきまります。

簡単ショートボブヘアアレンジ紹介

さっくりおまとめロープ編みアレンジ

ショートボブでも少し長さがあれロープ編みをアレンジすることができます。下の部分をまとめるので、大人っぽくなりドレスや着物、浴衣などにもおすすめです。では最初に直毛の人は全体に軽くカールを作っておくとやりやすくなります。軽くパーマが掛かっていれば仕上がりがとてもナチュラルになります。

そしてサーッとブラッシングをしながら、ざっくり3等分に分け、右の塊と真ん中の塊の髪を編み込んでいき、最後に輪ゴムで留めます。残りの左の塊も編み込んでぎりぎりのところで輪ゴムで留めます。右からの輪ゴムで留めた部分を、下で目立たないようにピンで留め、そこに左からの輪ゴムで留めた部分も同じように重ねて目立たないように留めます。

これで髪の下の部分が編みこみでおしゃれにまとまります。編みこみの上の部分がペッタンコにならないように、指でつまみながら少し引っぱって立体感を出せば終了です。

サイドお団子ヘアアレンジ

おしゃれなお団子ヘアをアレンジしてみましょう。夏にぴったりの髪の毛で、浴衣にもおすすめです。もちろん季節に関係なく、女性らしさが滲み出るルーズなお団子ヘアのご紹介です。この場合、直毛の人はざっくりとカーラーやアイロンなどを利用してカールを作っておくと、馴染みが良く、アレンジしやすいと思います。

軽くブラッシングをしたら髪を上と下に2分します。上の部分をグーッと左に持っていき、そこでゴムでゆわきましょう。寄せていった側の左の横の部分を三つ編みにしてゴムで結わいたところに絡めてピンで留めます。下の部分は右から左に編み込んでいき、やはりごむでゆわいたところで留めましょう。

ゴムでゆわいた部分をぐるっと巻いてピンで固定すれば、横の毛や下の毛のピンで留めた部分も隠れます。あとはお団子の先を少し長めに垂らしておき、カーラーなどでクルクルと巻くと可愛い動きが出ます。

サラッと清純派!耳掛けストレート


ショートボブでも自然な流れをだしたパーマ系も動きがあって可愛いアレンジができますが、清純派のストレートもおすすめです。ただしこの場合、キレイな髪であることが条件です。ストレートにするならツヤのある髪にケアをしましょう。そして耳に掛けることで動きを出します。

例えば片方だけ耳掛けすると、アンバランスさが動きを出し柔らかいイメージになります。そして片耳には動きのあるロングイヤリングをつけると、より女性らしさプラス。大きな目立つイヤリングを付ければ、個性を強めることもできるはずです。全体のファッションに合わせてイヤリングを選んでみましょう。

ぴょんぴょん外はねアレンジ


ショートボブは髪の流れやはね方によっていろいろな雰囲気に変化させることができます。髪の下の部分を外側にカールすることで、またいつもとは違ったイメージをつくることができます。アイロン系でストレートにして毛先だけクルンと丸めるようにつくります。毛先だけカールアイロンなどを使ってもOKです。

デザインはホットカーラー-でも作りやすいので、大きなカーラー4つあれば一気にできあがります。いつもストレートの女性でも、たまには外巻きで気分を変えてみてはいかがでしょう? 外向きはカールが戻りやすいので、できれば湿度の低いカラッとした日がおすすめです。

華やかな波ウェーブ


ショートボブも波ウェーブで華やかになります。すべての髪に波ウェーブをつくらなくても、表面の数カ所だけしっかり波ウェーブをつくっておくと、全体が華やかになります。波ウェーブは作り方はいろいろですが、一番簡単なのはカールアイロンを使って縦巻きにしていき、最後に下からひっぱるように抜くと、きれいに波ウェーブができます。

髪飾りなども華やかなものを選んでみましょう。より華やかなイメージになるはずです。

クールな斜めかきあげスタイル


ショートボブでも前髪の長さを、横に流したときに横の髪と同じ長さになるようにカットします。斜めかきあげでさらっと横に流すスタイルは「ボーイッシュ」、「クール」、「知的」などのイメージがぴったりです。

おでこを出して、活発アレンジ


前の髪をぐっとアップしてオデコをだすと、とても可愛らしく、活発なイメージとなります。アップする髪を2つに分けて編み込みを作って、かわいいピンで留めてもOKです。他にも地肌を上手に見せるなど腕の見せどころです。

個性派に人気のお団子


今、個性的なお団子がとても人気です。ここでは2つ両側にお団子を作ってみました。1つのお団子も人気がありますが、2つにすると個性的になり、活発なイメージになります。前髪は下ろして可愛いさアップ。

まとめ

ショートボブは普通のショートカットに比べ、いろいろな形にアレンジしやすいので、自分でも楽しむことができます。また着物、浴衣、ドレスなどを着るシーンがある場合は、アップも自由自在です。ショートボブで服装にあったヘアスタイルを楽しみましょう。