科捜研の女は歳をとらない?沢口靖子さんが年齢不詳すぎる!

2時間ドラマの人気と「沢口靖子」という年齢不詳の女

2時間ドラマというと、月9のドラマなどに比べて話題性が低く感じることがありますよね。しかし、放送しているとついつい見入ってしまい、結局最後までしっかりと視聴してしまった、という経験のある人も多いでしょう。

2時間ドラマは月9のドラマのようにテレビ局が大々的にプッシュすることこそ少ないですが、じつは世の中に「隠れファン」がかなりの数存在していて、不動の人気を誇っているシリーズも多々あります。その人気が爆発した良い例が「相棒」でしょう。

そんな2時間ドラマで「相棒」に並ぶほどの人気を得ているのが、沢口靖子さん主演の「科捜研の女」です。再放送もかなりの頻度でされていますので、若い世代でも沢口靖子さんの顔を知らない人はかなり少数派であると言えます。

しかし、科捜研の女について多くの人が疑問を感じていることがあり、たびたび話題になることがありますよね。それが「沢口靖子さんの年齢について」です。

科捜研の女が放送開始されたのは1999年です。2018年現在、放送開始から既におよそ20年もの年月が経過しています。

それなのに、沢口靖子さんは放送開始当時から容姿がほとんど変化していません。頻繁に見ているため変化が分かりにくい、という人も多いかもしれませんが、改めて過去のシリーズの再放送を見ても、やはりほとんど変わっていないのです。

今回はそんな「年齢不詳の女」である沢口靖子さんの実年齢や、現在に至るまでのプロフィールなどを解説します。

沢口康子さんの年齢は52歳!(2018年現在)

沢口靖子さんの現在の年齢は、52歳です。あの若々しさ、美しさから、驚愕する人も多いですよね。

しかし沢口靖子さんは作品によって、見た目の印象もかなり異なります。「科捜研の女」では、放送開始当初から美しい中年女性、といったイメージで、現在でもその印象はほとんど変化していませんよね。

これはつまり、彼女の役者としての実力が非常に高いことを示しています。もはや日本を代表する女優さんの一人に数えられる方ですので、彼女の演技力が高いことに異論がある方は少ないでしょう。

長期間続くシリーズで、放送開始当初からほとんど印象が変わらない、というのは、並大抵の役者さんにできることではないのです。渥美清さんや水谷豊さんなど、数える程度しかそれを体現している人はいません。

ではなぜ、沢口靖子さんはそれほどまでの演技力を身につけ、大女優となることができたのでしょうか?それを知るためには、やはり彼女のプロフィールを知る必要がありますよね。

沢口靖子さんのプロフィール


沢口靖子さんは、じつは大阪生まれです。標準語の印象が強い彼女ですが、堺市の出身なのです。1965年6月11日に生まれています。

小中高と大阪で過ごし、1984年に「第一回東宝シンデレラ」のグランプリに選出されたことで芸能界入りしたのです。ちなみに東宝シンデレラは水野真紀さん、長沢まさみさんなどの人気女優を数多く輩出しているオーディションで、沢口靖子さんはその初代グランプリなのです。

「ゴジラ」で新人賞を受賞!


そして同年の映画「刑事物語3」にて女優としてのデビューを飾り、映画内の挿入歌も彼女が謳いました。さらにあの世界的な人気を誇る怪獣映画「ゴジラ」にも出演し、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞したのです。

1984年は業界に彼女の女優としての実力が認められた年だったと言えますよね。

人気を決定づけたNHKテレビ小説


しかし、世間での知名度や人気を不動のものとしたのは、翌年に放送された「澪つくし」でしょう。この作品はNHKのテレビ小説で、歴代の作品の中でもかなりの人気を博した作品でもあります。

その後は数えきれないほどのドラマや映画に出演し、作中内での主要人物を数多く演じてきました。このキャリアによって、主役も脇役も演じられる名女優としての実力が身についたと言えるでしょう。

ちなみに「科捜研の女」がスタートしたのは1999年です。このシリーズは最初から人気があったわけではありませんが、2000年代半ばころから安定した人気を得るようになり、現在まで続く大人気シリーズとなったのです。

沢口靖子さんは年齢を感じさせない美女だけど

以上の経歴はあくまでも略歴ですが、彼女がなぜ、年齢を感じさせないほどの高い演技力を身につけるに至ったのか、お伝えすることができたでしょう。

しかし、じつは彼女、その美しい容姿とはかなりギャップのある面白い人物なのです。大阪出身と言うこともあってのことか、明るくて話がうまく、人の笑いのツボを理解しているように見受けられます。テレビコマーシャルではコミカルな演技をすることが多いですが、じつはその方が彼女の素のキャラクターに近いのかもしれませんね。

かつて人気を誇った某アイドルグループのバラエティ番組に出演した際も、他のゲストではありえないような予定調和を無視した立ち振る舞いをしたことがあります。24時間番組のパーソナリティをした際にも、軽快なトークとキャラクターで番組を盛り上げました。

まとめ

正統派の美女でありながら、役者としての確かな実力と経歴を持ち、さらに人を笑わせることもできる明るいキャラクターである沢口靖子さんは、まさに「スーパーウーマン」です。

しかしなぜなのか、彼女は未だに独身で、熱愛報道もほとんどありません。

過去の数少ない熱愛報道のお相手が、あの「鉄道王」こと堤義明さんでしたが、そのくらいの人物でないと沢口さんは高嶺の花過ぎて尻込みしてしまうのかもしれませんね。

今後も彼女の名女優としての活躍、恋愛や結婚について、注目してゆきましょう。