一重向けアイラインの引き方!コツを掴んでデカ目になろう!

一重向けアイラインの引き方!コツを掴んでデカ目になろう!

一重で悩んでいる方は数多くいらっしゃいます。私も二重の人みたいにパッチリ目になりたい!という方にアイラインをオススメします。アイラインであれば一重のまま、目を大きく見せることが可能です。

ムリしてアイプチやプチ整形のように、二重にする必要などないのです。アイラインであればコストパフォーマンスも高いので気軽に使用できます。慣れれば簡単なので税、チャレンジしてみてください。今回は一重の方向けアイラインの引き方、コツをご紹介いたします。

一重さん向けアイラインの引き方

最初にインラインをペンシルライナーで引く

まずペンシルライナーでアイラインを引くことで、パッチリ目を表現するベースを作ります。ここでアイラインを引きすぎると、アイラインばかりが目立ちすぎて不自然になってしまいますので、あくまでほどほどに。

この場合のアイラインのカラーは茶色です。少し暗めのブラウンにする方が肌なじみがよく、使い勝手がいいです。髪色、瞳の色が真っ黒であれば、黒を選んでもいいのですが、ブラウンで行く方が無難かもしれません。黒を使用してしまうと、どうしても黒が協調されすぎてお肌から浮いてしまう感じになります。

粘膜とまつげの間を丁寧に埋める

アイラインを粘膜部分に引く方法があります。しかし、「粘膜にアイラインなんかひけるのか?!」と疑問に思う方がいるかもしれません。粘膜にアイラインはひけるのです。まぶたを上まで引っ張ると粘膜がでてくるので、そこにアイラインをひいてみてください。

粘膜全体、目の際まで引く方がいいです。苦手な方は目じりからアイラインを引くようにすれば、比較的簡単にひくことが可能です。芸能人も数多くの方がこの方法を活用しているので、粘膜部分もアイラインをひいてパッチリ目を活用してください。

跳ね上げずに少し長めに引く

目じりのアイラインを引く際は角度が重要です。跳ね上げすぎると不自然になってしまいます。この場合、跳ね上げることを意識し過ぎるのではなく少し長めに引くことがベストです。少し長めに引く方が自然な仕上がりになります。もしアイラインをきつく引きすぎた場合は綿棒を使って少しボカす方法も一つです。

太めに引く

アイラインを部分的に、少し太めにひくことによってメリハリがでて目元を強調することができます。全体を太くひいてしまうとただ濃くなってしまうだけなので、目じりだけ太く描くというのがベターです。

また、下目尻にもラインをいれることにより、よりかわいらしい印象に変わります。この方法は特に奥二重の方に効果を発揮します。また、他の手段としてはシャドウラインを使うのも一つです。

目力アップさせるメイク方法!

ロングタイプのマスカラを使う

ロングタイプのマスカラは手軽にまつ毛を長く見せられることで人気があります。マスカラにはカール・セパレート・ロング・ボリュームと様々な種類があります。その中でも、特にまつげの長さを強調したい場合はロングタイプが一番です。まつ毛の長さが短い方は特に、ロングタイプのマスカラをオススメします。手軽にコンプレックスを克服できるのは嬉しいポイントですね。

ロングタイプのマスカラは基本的に、マスカラ液に繊維が入っており繊維をまつ毛にくっつける感覚です。繊維が入っていないタイプもあります。繊維が入っていないタイプは、繊維タイプよりも長さ自体は劣りますが、サラッとした付け心地でほどよい長さにすることが可能です。自身のまつ毛を強調したい度合いによって、どちらのタイプを使用するかご検討ください。

「マジョリカマジョルカ ラッシュエキスパンダー ロングロングロング」はウォータープルーフタイプのマスカラ液です。液体タイプのマスカラなのでダマになりにくいことが人気の一つです。マスカラが苦手な方でも滑らかにつけることができるので比較的簡単に使用することが可能です。ウォータープルーフタイプなので汗・皮脂・涙にも強いのが特徴です。長時間持続することができるのもうれしいポイントではないでしょうか。

アイホール周辺にコンシーラーを塗って明るくする

コンシーラはベースメイクには欠かせないアイテムです。コンシーラは基本的にシミやニキビ痕を隠すことが目的のアイテムです。しかし、コンシーラにはシミやニキビ痕を隠すこと以外にも活用することができるのです。

まず、コンシーラには主に2種類あり、スティックタイプ・クリームタイプとなっています。スティックタイプは携帯性の良さがウリです。スティックタイプは部分的に使うことに特化しており、ちょっとしたニキビ痕に使いやすいです。おでこや頬といった広範囲に塗る場合にはスティックタイプはあまりオススメできません。お肌とコンシーラの境目が現れやすくなるので厚塗りになったりムラに注意してください。

ブラウン系のアイシャドウを塗る

ブラウン系のアイシャドウは選ぶとき、色合いに注意すべきアイテムです。肌なじみがとても大事なので、少しでもお肌の色とかけ離れてしまうとアイシャドウばかりが目立っていまい、可愛さを表現することができません。そのため、各社から様々なカラーが販売されているので、選ぶ際には各社の商品を色々と試してください。

一重の方におすすめしたいアイライナー

HeyBeauty アイライナー ウォータープルーフ


こちらのアイライナーは筆ペンタイプで初心者にも使いやすいことで人気のあるアイテムです。筆ペンタイプなので微調整がしやすく、太さの調整がしやすいのです。ウォータープルーフタイプなので汗・涙・皮脂にも強く、長時間くっきりとしたアイラインを強調し続けることが可能です。

こちらの商品は同じラインナップの中でも速乾性に優れているアイテムです。筆ペンによる使い勝手や微調整のしやすさをキープしつつ、速乾性をUPさせています。自身の協調したいようにアイラインを駆使してください。

ウォータープルーフタイプも同様に兼ね備えているので汗・涙・皮脂にも強いことも人気の一つです。アウトドアや外出時でも気兼ねなく使用することができますね。また、速乾タイプなのでにじむこともなく使い勝手に優れています。

フローフシ モテライナー


アイラインに重要なものは簡単に落ちないこと・にじみにくいことです。アイライナーは長時間使用するにはあまり適さないものが多いのですが、こちらのアイテムはそのマイナス面を克服したアイライナーです。筆ペンタイプなので使い勝手がよく、長時間にじまないことが人気の一つです。

ビューナ 引くだけ二重ライナー


こちらのアイプチはこれまでのアイプチから改良されたアイテムです。ノック式なので簡単に二重にすることが可能です。一重や奥二重で悩んでいる方は、まずこちらのアイテムで二重のクセ付けを行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。アイライナーやアイプチ・アイシャドウ・コンシーラ等、二重にすることができるアイテムは数多くあります。自身にあったアイテムを活用し、パッチリ目になれるようがんばってみてください!