粘膜にアイラインを入れる方法&気を付けたいポイントとは?

メイクには様々な目的があり、自分を可愛く魅せたい、美しく魅せたいなどという目標がある中でメイクをおこなうケースが多いものです。そして、メイクの中でも特に重要視されるのがアイメイクです。目元の印象を大きく変えることによって顔の印象を大きく変えることができるため、アイメイクをいかに上手におこなうかが自分のメイクを左右するともいわれています。

また、アイメイクをおこなう上で重要なのがアイラインですが、このアイラインは目元を大きくする効果があるため、最近は目の粘膜にアイラインを引いて目をより大きくさせる手法を採用している女性もいます。ただし、通常のアイラインのメイクよりも難しいと言われているためにコツが必要ですし、粘膜にアイラインを入れるからには覚えておきたい注意事項もありますので、こうしたポイントも覚えておきましょう。

粘膜にアイラインを入れる方法

アイラインを引くことで目をパッチリとした印象にしますが、目の粘膜にアイラインを引くことによって、この効果をより大きくするといわれています。そのため、今の時代は通常の形でアイラインを引くだけではなく、目の粘膜にアイライナーを用いてアイラインを引いている女性も多いものです。

そもそも目の粘膜とは、まつげよりも内側にある部分で、人によって差はありますがややピンク色になっている部分です。ここにアイラインを初めて引く場合には戸惑うこともあるかもしれませんが、基本的には通常のアイラインの引き方と同様ですが、独特のコツもありますので、覚えておきましょう。

上瞼を指で持ち上げて点々と描いていく

アイラインを目の粘膜に引いていく場合、目尻と目頭のどちらかから必ず引かなければならないというルールはありませんので、自分が引きやすいほうから引きましょう。目のことを考えても、自分にストレスのない方法を採用しておきたいものです。また、ラインを引くというよりも点を描いてそれをつなげていくような手法もあります。

ラインで引こうとすると戸惑うこともありますが、まずは描きやすい場所にアイライナーを当てて、その点を徐々に広げていくような形で粘膜のラインを完成させてあげてください。初めての場合にはそこにアイライナーを当てること自体に戸惑いを感じることもあるかもしれませんが、慣れれば通常のメイクの一環になりますので、まずはチャレンジしてみましょう。

目尻から真ん中、目頭から真ん中へ少しずつ描く

目尻や目頭のどちらからか必ず引かなければならないというルールはありませんが、そうは引き方にはルールがあります。どういうことかといえば目尻から真ん中へ引き、目頭から真ん中へ引くというルールです。つまり、どちらからスタートしてもいいのですが、端から真ん中へと引いていくことを心掛けてください。真ん中から端へと描いていくと目への負担が大きくなる可能性もある上、そもそもメイクとしてもミスをおかしやすい方法になりますので、あくまでも外側から内側へとアイライナーを動かしていくようにしましょう。

下瞼を引っ張って白のアイラインを入れる

目の粘膜にアイライナーを入れる際には下瞼には独自のメイクも必要になる場合があります。そのひとつが白のアイラインです。際立たせつつもあまり過剰に目立たないようにホワイトカラーを用いる手法です。このようなメイクをおこなう場合、下瞼は下側へと引っ張った上でアイラインを入れるようにしてください。

粘膜にアイラインを入れる時の注意ポイント

目の粘膜にアイラインを引くことによって目をより大きく魅せることができるために、この方法を実践している女性は数多くいます。しかしながら、目の粘膜という人間にとってデリケートなゾーンにメイクをおこなうわけですから、これによって目に負担がかかることもあります。そのため、自分の見た目を改善するためのメイクとして興味を持つことは大切ですが、同時にその際の注意ポイントも頭の中に入れておきましょう。

ポイントメイクのクレンジングでしっかり落とす

粘膜にアイライナーを使用する上で真っ先に覚えておきたいのは、しっかりと日々落とすことです。メイクを落とさないまま寝るなどという女性もいますが、これが肌に悪影響を及ぼすのは周知の事実です。もちろん、それだけでもよくないことですが、目の粘膜へのメイクをおこなうこととなれば、その影響も肌以上になる可能性がありますので、メイクは日々しっかりと落としていきましょう。ポイントメイクのクレンジングなどを用いて自分がメイクしたアイメイクをすべて落としてください。すぐに影響が出なくても後々年齢を重ねてから影響が出るケースもありますので、放置はやめましょう。

ドライアイになりやすくなる

目の粘膜にアイラインをメイクした場合、その結果のひとつとしてドライアイになってしまう可能性もあります。まつげが生えている箇所にはマイボーム腺と呼ばれる皮脂腺が存在しています。これは端的に言えば目に潤いを与える働きを持っていますが、粘膜にアイラインを描いた場合にはこのマイボーム腺をメイクによって塞いでしまう可能性があるのです。

その結果、目に潤いが届きにくくなり、ドライアイに悩むこともあるのです。メイクをしなくてもマイボーム腺が詰まってしまうことはあるのですが、メイク汚れがそこに詰まることは余計にドライアイに拍車をかける可能性もあるので、目の粘膜にアイラインを引く頻度を毎日にしない、メイクをした場合には帰宅後は速やかに落とすことを心掛けて、目を少しでも守ってあげてください。

充血や痛みがあればすぐに病院を受診する

おしゃれのために粘膜にアイラインを引く女性は多いものですが、その結果としてドライアイはもちろん、ものもらいなどに発展してしまうこともあります。そのため、おしゃれのためとは言っても無理は避けましょう。また、目が頻繁に乾くような気がするのであれば、まずは眼科医などに相談しましょう。

それ以外にも目の充血や痛みなど気がかりな症状があれば医療機関を受診して医師の判断に従いましょう。目の状態が悪くなってしまえば、それはおしゃれ以前の問題になりますし、見栄えにも影響する可能性が出てきますので、ガマンすることも大切です。

おすすめのポイントメイク専用のクレンジング

目の粘膜にアイラインを引く上で重要な行為のひとつは正しいクレンジングです。しかし、ポイントメイク用のクレンジングといってもその種類は豊富です。粘膜というデリケートな場所だからこそ、このクレンジングアイテム選びにもこだわりをもっておきたいものですが、ここではおすすめのクレンジングを紹介していきますので、今後の参考になさってください。

ソフティモ スーパーポイントメイクアップリムーバー


アイメイクのリムーバーとして多くの女性に重宝される存在になっているアイテムのひとつが「ソフティモ スーパーポイントメイクアップリムーバー」です。ウォータープルーフタイプのマスカラなどでも手軽に落とせるなど、使い勝手の良さからアイメイクをメインにしている女性たちからも幅広く重宝されています。さらにまつげの保護成分なども配合されているため、メイクを落としつつも負担を強いられている目元をケアしてくれるアイテムともいわれています。

ヒロインメイク アイメイクアップリムーバー


メイク落ちしないアイテムが増えているため、メイクを落としたいときに擦るなど手間暇がかかることも多い時代ですが、そのような中でも重宝されているリムーバーが「ヒロインメイク アイメイクアップリムーバー」です。ウォータープルーフタイプのメイクなどであっても擦ることなく気軽に落とすことができるため、目元に負担をかけないといわれています。

目元はデリケートなゾーンなので、メイクを落とすために擦るような行為は目元に負担をよけいにかけてしまいます。そのため、こうした落としやすいアイテムも手元に置いておきたいものです。さらにリーズナブルな価格でもあるので、消耗品として使用し続けるアイテムとしては目を向けておきたいものです。

ドモホルンリン落とし 化粧落しジェル

メイク落としのジェルでありながらも美容液のような使用感覚があるといわれているのが「ドモホルンリン落とし 化粧落しジェル」です。肌をケアする各種成分も配合されているため、日々のアイメイクによって負担をかけている中でケアをしながら目のメイクをしっかり落としていくことができるといわれています。軽い力で気軽に落とせるともいわれているため、日々の自分自身の負担も少なくなるといわれています。

ニールズヤード レメディーズ アイメイクアップ リムーバー


ポイントメイクのリムーバーとして多くの女性から愛用されているアイテムが「ニールズヤード レメディーズ アイメイクアップ リムーバー」です。オーガニック植物から生まれたアイテムでもあるため、肌への負担などの面からも安心感が大きいアイテムといわれています。日々のメイクによって肌は負担を受けているわけですが、それをケアしていくリムーバーとしても重宝するアイテムといわれています。

まとめ

目をより大きく見せられる可能性があるのが目の粘膜にアイラインを引くという行為です。通常のメイクでは得られないオシャレでカワイイ自分を作りだせる可能性もありますので、興味があるならばチャレンジしてみましょう。ただし、目の粘膜にアイラインを引くからには独自の注意点がありますので、それらも必ず覚えておきましょう。そして、用済みになったら即座にクレンジングすることを忘れないであげてください。