粘膜にアイラインを入れる方法&気を付けたい3つのポイントとは?

アイライナーはアイメイクの必需品ですよね。アイライナーを入れると目力がアップし、目元の印象はガラリと変わります。

とくにおすすめなのが、上まぶたの下側の粘膜部分にアイラインを引く方法(インラインメイク)。アイラインを引いていることを気付かれずに、黒目が強調されてパッチリと大きな瞳に見せることができます。

などについて、詳しく紹介していきます。

粘膜にアイラインを入れる方法

粘膜の白いすき間を埋めるようにしてアイラインを引くことで奥行きが生まれ、彫りの深い目元に見せることができます。目の粘膜は、まつ毛よりも内側にある部分。粘膜にアイラインを引くには、ちょっとしたコツがあります。ここで、粘膜にアイラインを引く具体的な手順を見ていきましょう。

鏡を低めに設置する

粘膜にアイラインを入れる場合、絶対に目の中に入らないように注意しなければなりません。まぶたの下部分を鏡で見えやすくするためには、鏡を低めに設置するといいですよ。そうすることで頭を後ろに傾ける必要がなくなるので、楽な体勢でしっかり鏡を見ることができます。

まぶたを持ち上げ、目だけ鏡の方にむける

アイラインを入れる時に顔を動かしてしまうと、きれいなラインを引くことはできません。なので、頭はできるだけ動かさずに目だけを動かすようにして鏡でチェックしましょう。

まぶたを持ち上げてアイラインを入れる部分を確認し、体勢を整えます。

目頭から少しずつ線を入れる

アイライナーが目に入ると、思わぬ目のトラブルを引き起こします。粘膜にアイラインを入れるときには「ゆっくり丁寧に」を心がけて。まつ毛の付け根近くの1~2mm幅の部分のすき間を埋めるようにして、目頭から少しずつラインを入れていきましょう。

目尻まで描き終えたら、目をとじて目の淵に線を引く

一度目尻まで白い部分を埋めていったら、次は目の淵(粘膜の上のまぶた部分)にラインを入れていきます。そうすることで、しっかりと目元の彫りの深さを強調することができます。

目にアイライナーが入らないように、目をとじてラインを引いていきましょう。

最後に目尻からも線を引く

もう一度目尻からラインを引くことで、さらに目元のインパクトが強まります。パッチリとした印象的な目元に仕上がりますよ。くれぐれも目の中にアイラインが入らないように注意してくださいね。

完成!

目力のある目元になりましたね。粘膜に入れるアイラインは、いかにも「アイラインを引いています」という雰囲気は出さずに目元に陰影を作り、はっきりとした目元に仕上げることができます。

【上まぶたを仕上げたら下まぶたも】意外と知らない!下まぶた・下まつげのメイク方法

上まぶたの粘膜に入れるアイラインは、目力バツグン♡……ですが「上まぶたを仕上げておしまい」になっていませんか?

上まぶたを仕上げたら、次は下まぶたを仕上げるとさらにデカ目効果が期待できます。粘膜に入れるアイラインとセットでやりたい、意外と大事な下まぶたメイクのやり方を解説します。

アディクションのザアイシャドウ「92 Mariage (P)」を涙袋にオン

まずはアディクションのザアイシャドウ「92 Mariage (P)」を涙袋にオンします。

ブルーベース肌の人でも、イエローベース肌の人でも使える使い勝手の良さととにかく美しいラメの発色が人気な「92 Mariage(P)」

まぶたにのせるだけでも潤いとツヤが最高です。

下まつげをビューラーする

続いて、下まつげをビューラーします。

上まつげに使うイメージが強いビューラーですが、実は下まつげにも使えます。お手軽に、一気に目元の印象を変えられるのでまだ試したことがない人はチャレンジしてみてください♡

マスカラを縦に使って、下まつげにのせる

下まつげにマスカラをのせるときは、マスカラを縦に使います。指で目元をガードすると、マスカラガードの代わりになります♡

 

専用のマスカラガードを使うのも、便利です。

完成♡

ビフォーアフターを比べると、大きく目元の印象が変わったのがわかります。

アイラインに粘膜を入れる方法と合わせて、下まぶたのメイクにも挑戦してみてください!

一重や奥二重の人のアイラインの引き方

画像引用元:latte

一重まぶたの人がアイラインを入れる時には、テクニックが必要です。上手にアイラインを引くことができなければ、アイラインだけがくっきりと目立ってしまうことに。

一重や奥二重の人こそ粘膜にアイラインを引くことをおすすめします。とてもナチュラルに目力をアップすることができますよ。では、一重や奥二重の人のアイラインの引き方を見てみましょう。

鏡を低めに設置する

顔を上げなくてもまぶたの粘膜部分がよく見えるように、鏡を低めの位置に固定します。アイラインを引き始めてから鏡を移動させなくてもいいように、自分が見やすい場所にしっかりと設置しておきましょう。

まぶたを持ち上げ、目だけ鏡の方にむける

頭を動かさないように注意しながら、中指でまぶたを持ち上げましょう。粘膜にアイラインを入れやすいように、まぶたを持ち上げた指もしっかりと固定しておきます。

少しでも顔を動かすとアイライナーが目に入ってしまい危険です。目だけを動かすようにして、慎重に行ってください。

目頭の方から、まつげの生えていない部分の粘膜に点をおいていく

目頭寄りの黒目の中心の上あたりを起点にして、白い部分のすき間を埋めるように、目尻に向けてちょっとずつ点を置いていきましょう。

はじめからラインを一気に引こうとすると、うまくいきません。点と点を繋ぐようにして埋めていくと、初心者でもきれいにアイラインを引くことができます。

目尻は2mmほどはみ出して線を書く

ほんの少し目尻より長めにはみ出したアイラインが今の主流。目の横幅が広がり、目を大きく見せます。目尻より2mm位長くラインを伸ばしたら、最後は少しだけ上向きに跳ねるように引くとかわいいですよ。最後のラインは細く仕上げるのがポイント。

まぶたにはみ出したラインを綿棒を使ってぼかす

まぶたにはみ出したアイラインをぼかすことで、さらに自然な陰影を生むことができます。綿棒を使って、ふんわりとぼかしましょう。決して「塗ってます」という雰囲気をだすことなく、ナチュラルに彫りの深い目元をつくることができますよ。

完成!

奥行きのある魅力的な目元。アイラインを引いているようには見えないのに、パッチリな目元になりました。粘膜にアイラインを入れることで、自然で品のある仕上がりになります。

こちらで使ったアイテムはこれ

動画の中で使っていたアイライナーペンシルは「shu uemura ドローイング ペンシル M ブラック 01」。ペンシルなのに硬すぎず、扱いやすいです。なめらかに伸びてシャープなラインも描きやすく、自然な仕上がり。パンダ目にもなりにくいので、おすすめですよ。

粘膜にアイラインを入れる時の注意ポイント

アイラインは目に近い部分にするメイクなので、慎重に行わなければなりません。粘膜にアイラインを入れる時は、さらに注意が必要です。ここで、粘膜にアイラインを入れた場合の注意点を3つにまとめました。しっかりとおさえておきましょう。

ポイントメイクのクレンジングでしっかり落とす

粘膜部分のアイラインを落としきれていない状態で眠ってしまったり、目を強くこすったりするのは絶対にNG。しっかりと粘膜のアイシャドウを落とさければ目に雑菌が入り、炎症やまつげの脱毛などを引き起こす危険があります。

メイクオフする時には、ポイントメイクもしっかり落とせる刺激の少ないクレンジングを使い、アイラインをきれいに落としておきましょう。

ドライアイになりやすくなる

まつ毛の生え際の少し内側には、よく見ると小さな穴が多数ならんでいます。これは、瞳を守るための油分を分泌する「マイボーム腺(皮脂腺)」。まぶたの内側の粘膜部分にアイラインを入れると、マイボーム腺を塞いでしまう可能性があります。マイボーム腺が塞がることで、目の潤いを保つ役割の油分が分泌されなくなり、

  • 目の乾き
  • 目がゴロゴロするなどの不快感
  • 目がかすむ

などといった、ドライアイの症状を引き起すことがあります。

充血や痛みがあればすぐに病院を受診する

画像引用元:latte

粘膜にアイラインを入れた後、少しでも目に違和感を感じたらすぐに眼科に行きましょう。目の痛みや充血などの症状がある場合は要注意。早急に専門医に診てもらう必要があります。

おすすめのポイントメイク専用のクレンジング

粘膜にアイラインを入れた場合、その日のうちにメイク落としでしっかりとラインを落とす必要があります。粘膜は瞳にもっとも近い部分なので、メイク汚れをそのままにしておくのは目のトラブルの元。

ここで、しっかりアイメイクを落とすことができ、肌にもやさしいおすすめのメイク落としを3点紹介します。

ソフティモ スーパーポイントメイクアップリムーバー


アイメイクのクレンジングとして多くの女性から人気のアイテム。なじみやすいトロッとしたジェルタイプで、ウォータープルーフのマスカラやアイラインもスルッと落とせます。

ヒアルロン酸やシルクエキスなどの保護成分も配合されているので、メイクを落としながら敏感な目元をやさしくケアします。無香料・無着色で涙に近い中性タイプ。

ヒロインメイク アイメイクアップリムーバー

ウォータープルーフの落ちにくいアイメイクを、こすらなくてもしっかりと落とすことができます。コットンにしみ込ませたら目元を押さえて数秒置きましょう。さっと拭うだけで、アイメイクが気持ちいいほどよく落ちますよ。

ローヤルゼリーエキスやツバキ油・ローズヒップ油などの保湿成分が含まれているので、肌もまつ毛もしっとり。素肌と同じ弱酸性なので、肌への負担も小さいです。

ドモホルンリンクル 化粧落しジェル

メイク落としなのに、まるで美容液のような使用感。肌にのせるとのびやかなオイルに変わるので、メイクや皮脂の汚れを浮かしてしっかり落とします。

「化粧残りが全くない」「メイクがスルッと落ちる」など、高い評価の口コミばかり。ノバラ油やラベンダー油、ゼラニウム油などのナチュラルな香りも心地よく、リラックスさせてくれますよ。

ニールズヤード レメディーズ アイメイクアップ リムーバー


オーガニック植物を96%使用。植物生まれの成分がメインなので、ナチュラル志向の女性にぴったりのメイク落としです。天然成分なのに、こすらなくてもメイクがよく落ちると評判です。

肌にしみることもなく、ふき取り後もしっとり。ダマスクローズのフローラルウォーターが主成分なので、ほんのりとてもいい香りがします。

まとめ

粘膜にアイラインを入れることで、ごく自然な感じで目元を大きく見せることができます。慣れるまでは難しいかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。メイクの腕が上がり、周りからも「なんだか最近きれいになったね」と言ってもらえるかもしれませんよ!

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。