奥二重さんのアイラインの引き方&初心者でも上手に引けるコツ

アイメイクひとつで顔の印象をがらっと変化させる事ができます。そのため、メイクをばっちりと決めるのに欠かせないともいえるアイメイク。さらには、アイテム選びも重要となります。色々な目の形がありますが、一重まぶたや奥二重など自分にとってコンプレックスの部分も、アイメイクで思い通りの顔に仕上げる事ができます。コンプレックスをそのままにしてあきらめてしまうのではなく、自由に思い通りの印象に仕上げる事ができるアイメイクをチェックしておきましょう。

奥二重タイプのアイラインの引き方

色々なめの形がありますが、奥二重の人の悩みというとなんといってもぽってりとした印象になってしまう事です。そのコンプレックスを解消しようと様々な工夫をしている人も多くいますが、特に奥二重の人でやりがちな失敗がアイラインを太く引いたり、アイシャドウを濃くしてしまう事です。これはかなり逆効果になってしまうのです。実は奥二重の人ほどアイラインを細く引く事、アイシャドウを濃くしすぎない事が大切です。

さらに、アイラインをタレ目に引く事が大切です。奥二重の人は目尻が二重になっているので、釣り目に見えてしまい一見きつい印象になってしまいますが目尻をさげてタレ目にする事でキュートで優しい印象にする事ができます。

アイラインを目の際にできるだけ細く引く

奥二重メイクで特に重要な目尻のライン。よりタレ目にするためにも、あくまでも意識して細くアイラインを引く事が大切です。アイラインの先を跳ね上げたいのをぐっと我慢して目頭と並行になるようにすっと引くと自然な雰囲気でタレ目に仕上げる事ができます。

目尻のみ重ねて引く

奥二重はとにかくアイラインの引き方が重要です。目頭から一気に目尻にかけて引くのではなく、目頭から中央、中央から目尻に向かって分けて引くとよりきれいに仕上がります。この時、目尻を重ねて引く事でよりタレ目感を出す事ができるので、きつい印象になりがちな奥二重も優しい印象に仕上げる事ができます。

目尻はこころもち長めに引く

切れ長の印象が強い奥二重の目の印象を際立たされるためにも目尻を気持ち長めに引く事で、切れ長の雰囲気を活かす事ができ自分の目の個性を活かしつつ、くっきり二重を作り上げる事ができます。優しい雰囲気にしたいなら目尻を下げて、きりっとシャープな印象にしたい場合は少し目尻を跳ね上げる事で、印象の違う目になるのでその日の服のテイストに合わせて変えるのもおしゃれな印象になります。

アイライナーを縦にしてまつ毛の隙間を埋めていく

アイラインで重要な引き方は目の際に沿って、しっかりとまつ毛とまつ毛の間を埋めていく事が大切です。奥二重の場合、まぶたが重く重なっているため上まぶたを持ちあげてまつ毛のとまつ毛の間を埋めていく事必要があります。その場合、アイライナーを縦にしてまつ毛の隙間を埋めていくとうまく引く事ができるのでおすすめです。

初心者向けアイラインを引くコツ

メイクが得意で好きな人は、アイラインを日常的に引いている人もいますが、実は苦手でアイライン自体引いていない。もしくはいつも失敗してしまうというケースもあります。目の印象やメイクの出来栄えを大きく左右するアイラン。初心者でも、上手にアイランを引くコツを知る事でうまく納得のいくアイラインを引く事できます。

まぶたを引っ張りながら引く

まぶたが二重のラインに重く乗っている奥二重。その場合まつ毛の際をしっかり埋めるためにも、まぶたを引っ張りながら引くと上手に引く事ができます。特にアイラインを引くのが苦手な人ほど、瞼を閉じて引いている人が多く、よれてしまったりゆがんだりしてしまいます。上手にアイラインを自然な流れで引くためにも、まぶたを引っ張りながら引くラインを引くようにしましょう。

点をつなげるイメージで描く

まぶたの際を埋める事が大切なアイライン。まぶたを引き上げながら引いていく事はもちろん、まつ毛とまつ毛の間を点をつなげるイメージで引いて行くとよりきれいに仕上げる事ができます。

スタンド型のミラーを使って肘を固定させて描く

アイラインを引くときに失敗しがちなのが、アイラインがまっすぐ引く事ができず波を打ってしまうなど、失敗してしまうとまた一からやり直しになるため、しっかりとまっすぐな線が引けるように工夫する事が大切です。まっすぐな線を引く為にスタンド型のミラーを使って肘を固定させて描くとぶれずに線を引く事ができます。きれいな直線が引けると仕上がりもよりきれいに仕上がるため、まずは直線がひけるように工夫して慣れる事が大切です。

アイラインの上からアイシャドウを重ねる

アイラインはそのラインが際立ってしまうと、わざとらしい印象になってしまうのでアイラインをぼかすためにも上からアイシャドウを重ねるとすっきりと自然な雰囲気に仕上げる事ができます。

ジェルタイプのおすすめアイライナー

アイラインを引くときに大切なのはテクニックもそうですが、使うアイテム選びも重要です。アイライナーはペンシルタイプや、ジェルタイプ、リキッドと色々な種類がありますが、ペンシルとリキッドのいいところを両方兼ね備えたジェルタイプがおすすめです。アイライン初心者でも上手にこなれ感を出す事ができるジェルタイプのアイライナーのおすすめをご紹介します。

メイベリン EVラスティング ジェル ライナー

メイベリンラスティングジェルライナーは1.5mmの超極細ラインが引けるアイライナーです。
長時間たってもにじみにくいのが特徴でしっかりとまつげの際まで埋められるのが人気の理由となっています。くっきりと洗練された目元を作れるのがポイントです。

ヒロインメイクSP ロングステイ シャープジェルライナー

ヒロインメイクSPロングステイシャープジェルライナーは超極細のジェル芯が特徴のアイライナーです。1.5mmのジェル芯で目の際をしっかりとうめてくっきりとした印象の目元を作る事ができます。しかも描いてすぐにピタッと密着するので、瞬きしてもまぶたに移らないのがポイントです。さらに、美容液成分も配合のて、いるんもでメイクしながらヒアルロン成分やコラーゲンなど美容成分をプラスしてケアしてくれる点も人気となっています。

インテグレート スナイプジェルライナー

インテグレートスナイプジェルライナーは2ミリの極細ジェルライナーでまつ毛の隙間をきれいに埋める事ができます。極細なので目尻のラインを跳ね上げたり下げたりと自由に描けるのもポイント。10時間仕上がり持続テストも済みで、汗や皮脂、水に強い点も魅力の一つです。

TONYMOLY トニーモリー Backstage Gel Eyeliner

韓国コスメのトニーモリージェルアイライナーは滑らかなタッチで描きやすく、目元に密着する優秀アイライナーとして人気のコスメです。専用ブラシがついていて、細いラインも太いラインも自在に描けると話題になっています。内蓋がついているので使い続けていてもジェルが硬くならないのが優秀コスメと言われている理由のひとつでもあります。使いやすさはもちろんの事、値段も1000円未満でプチプラな点も人気となっている所以でもあります。ジェルライナー初心者にもおすすめのアイテムです。

まとめ

目元のコンプレックスを抱えている人は多く、一重と同様に奥二重をコンプレックスに感じている人もいます。しかし、今は整形などをしなくてもメイクを工夫してコンプレックスを自分の好きなイメージに変えていく事が可能となっているのです。メイク次第ではコンプレックスも上手にカバーする事ができるのであきらめないで色々と試してみる事が大切です。

特にアイメイクで重要なアイラインの引き方を覚える事で、より印象的で魅力的な目を演出できます。自分でコンプレックスと感じている目元を好きな部位に変化させるためにも、まずはアイテムを選んでコツを掴むようにしましょう。