奥二重さんのアイラインの引き方・メイクのポイントとは?

せっかく二重なのに奥二重だと、一重のようにまぶたが重くみえやすくなってしまいます。しかし、奥二重の方はちょっと工夫をするだけでパッチリ二重に変身することができるのです。最近は様々なアイテムが発売されているので、自身にあったアイテムを活用してパッチリ目になるようチャレンジしてみてください。

値段に関しても安いアイテムが数多くあるので、コストパフォーマンスが高いのも魅力の一つです。今回は奥二重さんのアイラインの引き方、メイクのポイントをご紹介いたします。

奥二重さんにおすすめのアイラインの引き方

中央から目尻に向かって塗る

アイラインは基本的に目頭から目じりに向かってひく方法が無難です。アイラインを引く際にはまず目全体を覆うことを考えず、目の中央あたりから目じりに向かってひくようにします。

目全体に引いてしまうと白目の面積が少なく見えてしまい、結局目が小さく見えてしまいます。それではアイラインを引いてる意味がなくなってしまいますよね。アイラインはあくまでほどほどに引くことが重要なのです。

なるべく細く引く

アイラインを太く引きすぎてしまうとキツい印象に見えてしまいます。また、どうしても厚化粧な雰囲気・ギャルメイクっぽく見えてしまいます。初心者の方はまず細めにひけるように練習してください。

筆ペンタイプのアイライナーであれば微調整がしやすいので、ぜひ筆ペンタイプのアイライナーを使用してみてください。また、細くひくことに注力しすぎてすき間ができすぎてしまうと、すき間の肌色が目立ってしまうので、かえって不自然です。アイラインは目元であるが故に細かな技術が必要になります。休みの日などを活用してどんどん練習してください。

目尻のみ最後に書き足す

アイラインの引き方は主に中心部から目じりにかけて引くのですが、一気に目じりまでは引かないようにしましょう。目じりは最後に書き足すことで微調整がしやすくなり、全体の雰囲気を確認しながら引くことができるので失敗するリスクが少なくなります。

一度引いてしまうと拭き取ったり、ましてや速乾性のアイライナーであれば非常に引き直すのに苦労してしまいます。一気に引くよりも部分ごとに引くことで、早い時間でアイラインを上手に引くことが可能です。また、目じりとアイラインのすき間ができないように注意してください。目じりとアイラインのすき間ができてしまうと、肌の色が見えてしまうので見栄えが悪くなってしまいます。

奥二重にぴったりのメイクのコツ

アイシャドウはマットタイプにする

マットタイプのアイシャドウは、ラメ入りタイプのアイシャドウより大人っぽさを演出したい場合にオススメのアイテムです。肌なじみがよく万能なアイテムです。奥二重の方がラメ入りのアイシャドウを使用してしまうとぼやけた印象になってしまいます。マットのアイシャドウであれば肌なじみがよく、ひきしまった雰囲気になるため、奥二重の方は是非マットタイプのアイシャドウを活用してはいかがでしょうか。

ハイライトを入れる

アイシャドウのカラーを選ぶとき、ハイライトのカラーを使用するのも一つです。瞼全体に光沢感のあるカラーをひいて目元全体に明るさと光沢感を演出することが可能です。また、肌のツヤ感によって大人の女性の印象を与えることができるのもうれしいポイントです。

カラーに関して、白すぎる色は避けた方がいいかもしれません。肌になじみにくいので白浮きしやすくなってしまいます。また、ラメが強すぎると、もともと明るめのトーンにさらにキラキラしてしまうのでやりすぎた雰囲気になってしまいます。ラメも入れる場合はあくまでほどほどのものを選んでください。

まつ毛はきつすぎるカールにしない

アイラインを引いた場合、まつ毛とのバランスが重要になります。アイラインはきつめ、まつ毛のカール・ボリュームも強めになってしまうと全てのパーツが強調しすぎて顔全体がアンバランスになってしまいます。

アイラインを引いた場合は、まつ毛のボリューム・カールはほどほどに押さえておきましょう。どちらも自身が思ってるよりも少し弱めにとどめておくぐらいがちょうどバランスが良くなるものなのです。また、まつ毛のカールは大人の女性に見えやすくなります。

奥二重さんにおすすめのリキッドアイライナー

スカルプDボーテ ピュアフリーアイライナー


こちらのアイライナーはアイラインをひきつつ、美容液成分でまつ毛の発育を促進する一石二鳥なアイテムです。アイラインやマスカラを使用しすぎると、まつ毛にかなりのダメージがかかってしまいます。そのままにしておくとまつ毛の発育を妨げてしまいます。その懸念材料を克服したのがこちらのアイテムです。

マスカラの力ではなく、まつ毛そのものをしっかり育てることにより、長いまつ毛を手に入れることができます。まつ毛が短めの方や、最近マスカラを多用しすぎてしまっている方は是非、こちらのアイテムを使用してみてはいかがでしょうか。

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー


こちらのアイテムは使い勝手のよさが人気のアイライナーです。筆ペンタイプのアイライナーなので目じりも書きやすく、細さの微調整もしやすいことも人気の一つです。速乾性にも優れているので、にじみも少なく化粧後、すぐ慌てて家をでたとしても気にならないのは嬉しいポイントですね。また、クレンジングで落ちやすい成分なので、お肌やまつ毛への負担は少なくなります。

マジョリカ マジョルカ ジェルリキッドライナー BR666 ブラウン


こちらのアイライナーは毛先の細さがウリのアイテムです。極細な毛先は0.02mmとなっており、目じりといった微調整が必要な場所もキレイにひくことができ、夜まで密着させることが可能です。液量調整機能も搭載しており、自身の好みに合わせてひきやすくなっています。にじみにくくなっており、使う場面を選びません。クレンジングで簡単におちるのもうれしいポイントです。

ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナースーパーキープ01


こちらのアイライナーは耐久度の高さで人気のあるアイテムです。新処方のスーパーキープポリマーを配合しており、汗・皮脂・涙に強くにじみにくくなっております。長時間キレイに引いたラインをキープすることができるので、化粧直しに手間取ることもありません。

まとめ

いかがでしたか。奥二重の方でもこれらのアイテムを駆使すればパッチリ二重に変身することができます。どの商品も様々な特性があるので、用途に合わせて使い分けるのもいいのではないでしょうか。パッチリ目になって男性の目をくぎ付けにしてしまいましょう。

そして二重にする道具を使用することで、整形なしで簡単に二重を作ることができます。二重にして目を可愛くしたいけど整形が怖いと考えている方は簡単に対応できる道具を使用して気軽に魅力的な二重を作っていきましょう。また道具を購入する際は必ず商品の特徴をしっかり把握して購入しましょう。