パーマをどのくらいの期間持つのか?当てる期間と長持ちのコツ

パーマはどのくらいの期間持つのか?当てる期間と長持ちのコツ

イメージチェンジや、朝のスタイリングの時間を短縮するためなどにパーマをかける人もいます。パーマをかけることで、今まで自分では作ることができなかったスタイルを作ることができたり、朝のヘアセットの時間を大幅に短くすることもできます。

パーマは、とても便利な方法ですが、その分料金もかかるので一度かけたら、できるだけ長くキープしたいものです。今回はパーマが持つ期間や、長持ちさせるコツなどをご紹介していきます。

パーマはどのくらいの期間持つ?

ゆるふわパーマなら一か月前後

気になるパーマの持ちですが、パーマの種類によっても少しずつ違いがあります。かわいい雰囲気になるゆるふわパーマは、なかなかきれいな状態をキープすることが難しく、1ヶ月前後がかけなおしの目安になります。

ゆるふわパーマは、ふんわりとした柔らかいシルエットが特徴なので、どうしてもキープ力は下がってしまいます。ゆるふわパーマを短期間にかけなおしを繰り返していると、髪の毛へのダメージも強くなってしまうので、髪の毛の状態も考えながらかけなおしを検討しましょう。

細かいウェーブパーマなら2~3か月

細かいウェーブパーマであれば、2~3ヶ月持つでしょう。細かいウェーブパーマは、しっかりと癖をつけていくので、なかなか落ちにくく、きちんとホームケアをしていくことができれば2~3ヶ月はきれいな状態をキープすることができるでしょう。

パーマはきちんともっていても、髪の毛が伸びてくると根元の部分が目立ってきてしまうので、かけなおしが必要となります。定期的に美容室に通って、メンテナンスをしながらスタイルをキープすると良いでしょう。

デジタルパーマは3ヶ月~半年前後

最近人気のデジタルパーマは、3ヶ月から半年程度はスタイルをキープすることができます。デジタルパーマは、普通のパーマと違い、専用の熱を発するロッドを使ってカールを作っていきます。そのためしっかりとした癖付けができるので、パーマの持ちも長くなります。熱によってカールを作っていくので、髪の毛が濡れていなくてもカールがきれいに出るというのが、デジタルパーマの特徴です。

縮毛矯正をした部分は半永久的に落ちない

髪の毛の癖を抑えるための縮毛矯正は、半永久的に落ちないものと言われています。縮毛矯正は、ストレートパーマと違い、ヘアアイロンを使って髪の毛をストレートにしていきます。パーマ液を付けた髪の毛をストレートアイロンで熱を与えながら伸ばしていくので、しっかりと薬が浸透するだけでなく、半永久的にその効果が持続します。

縮毛矯正をかけた部分は、ストレートの状態を長い期間キープしますが、伸びてくる髪の毛はストレートの状態ではないこともあります。そのため伸びた部分との差が大きくなると、違和感が出てきてしまうので、定期的にメンテナンスが必要となります。

パーマの期間を長持ちさせるポイント

パーマをかけた直後のシャンプーやアイロンに注意!

パーマを長持ちさせるポイントとして、かけた直後の取り扱い方があります。パーマをかけた直後は、見た目には何も起こっていなくても、髪の毛の中では、まだまだ薬が浸透している最中である場合が多いです。そのため、薬の反応を妨げてしまわないように、パーマをかけた直後のシャンプーは避けましょう。シャンプーによって薬を洗い流してしまう可能性があります。

また、パーマをかけた直後のアイロンは絶対にやめましょう。パーマ液は熱により強く反応します。そのためパーマをかけた直後に、アイロンを使ってしまうと、変な癖がついてしまったり、巻いた状態がキープされてしまうというリスクがあります。髪へのダメージも大きくなるので、パーマをかけた直後のアイロンはやめましょう。

パーマ用シャンプーやトリートメントを使って髪をいたわる

パーマをかけたら、パーマ用のシャンプーやトリートメントに変えることがおすすめです。パーマは、強いシャンプーによって落ちてしまったり、ダメージが非常に強くなっているので、きちんとケアをしてあげることが大切です。パーマ用のシャンプーやトリートメントは、低刺激で保湿効果も高いものが多いです。きちんとケアをしてあげることで、パーマをきれいにキープすることができます。

髪が濡れた時は、タオルドライをした後、髪を根元からしっかりと乾かす

髪が濡れた時は、タオルドライをした後、髪を根元からしっかりと乾かす
髪の毛は濡れた状態で放置していると、キューティクルがはがれてしまい、ダメージを受けやすくなります。パーマをかけているときには、特に濡れたまま放置するのは、パーマが取れてしまう原因にもなるので、絶対にやめましょう。

髪の毛を洗った後は、しっかりとタオルドライをして髪の毛は根元からきちんと乾かしていきましょう。タオルドライをしっかりとすることで、ドライヤーの熱を当てる時間を少なくすることができます。パーマは熱に弱いので、ドライヤーの熱も最小限で済むようにしましょう。

ヘアコームを使わないようにする

パーマを長持ちさせるためには、ブラッシングにも注意が必要です。特に目の細かいヘアコームは、できるだけ使用を避けたほうが良いでしょう。パーマをかけた髪は、ダメージが大きいだけでなく、ブラッシングによってパーマがダレてしまうことがあります。特にパーマをかけてから48時間は、薬が反応している最中なので、ブラッシングは避けるようにしましょう。

また、安定していても濡れているときにブラッシングをしてしまうと、パーマが取れやすくなってしまいます。ブラッシングをするときには、髪の毛の乾いた状態で目のあらいブラシや、パーマ用のコームを使って優しくとかしましょう。

食生活の見直しも重要

パーマを長持ちさせるためには、髪の毛のケアだけでなく、食生活も深く関係してきます。パーマは、髪の毛にダメージを大きく与えるだけでなく、髪の毛の状態によってパーマの持ちにも差が出てきます。髪の毛を健康な状態にするためには、正しい食生活や、生活習慣の見直しも必要です。

栄養不足になると、血流が低下してしまうので、髪の毛にも栄養が回らなくなってしまいます。タンパク質や亜鉛は特に髪の毛のために良い栄養素です。タンパク質が含まれている肉類や、亜鉛が含まれている大豆製品やレバー、チーズなどをバランスよく摂取するようにしましょう。

パーマを当てなおす最適の期間は?

パーマの種類に合わせて、パーマが落ち切る前に当てなおす

パーマを一度かけると、次にいつかけなおしたら良いのかわからないという人も多いでしょう。パーマのスタイルをキープしたいのであれば、パーマの種類に合わせて落ちきる前に、かけなおしに行ったほうが良いでしょう。完全に落ちてしまってから再度パーマをかけると、その分ダメージも大きくなったり、かかりにくくなるというリスクが生じます。

2~3か月に一度程度が理想的

一般的なパーマの場合、2~3ヶ月に1回のペースでかけなおしにいくと、常にきれいな状態をキープすることができます。2~3ヶ月たつと、ちょうど根元の部分が3センチ程度伸びてくるので、違和感が出てきたり、まとまりにくくなるタイミングです。根元を中心にかけなおしをすることで、きれいにまとまったスタイルをキープすることができるでしょう。

頻繁にかけすぎると髪が傷むので注意

少しパーマが取れてしまったり、髪の毛が伸びてきたような気がするからと言って、頻繁にパーマのかけなおしを行うのはやめましょう。髪の毛が傷んでしまい、まとまりにくくなってしまったり、パーマのかからない状態になってしまうリスクがあります。少しでもきれいなパーマをかけたいのであれば、できるだけ髪の毛のダメージを少なくしておいたほうが良いでしょう。

まとめ

パーマをかけたスタイルは、とてもおしゃれでかわいいものです。せっかくパーマをかけるのであれば、きれいな状態を長く持たせたいものです。自分でのホームケアや、メンテナンスの期間など、正しい選択をするだけできれいな状態を長くキープすることができるので、試してみると良いでしょう。