パーマをドライヤーで長持ちさせるポイントとコツ

パーマをドライヤーで長持ちさせるポイントとコツ

パーマをかけてもなかなか長持ちしないという人は、自宅でのケアが間違えている可能性もあります。パーマはドライヤーで長持ちさせることもできます。日頃のヘアケアにプラスするだけで、きれいなパーマスタイルを長持ちさせることができるので、ぜひ試してみてください。

パーマを長持ちさせる!ドライヤーで乾かすときのポイント

まずはタオルドライでしっかり水気を無くす

パーマをかけているときには、しっかりと髪の毛を乾かすことが大切です。そのためにも、シャワーのあとには、まずはタオルドライでしっかりと水気をなくすようにしましょう。タオルドライをしっかりとしておくことで、ドライヤーの熱を当てる時間を短縮することができるので、髪の毛のダメージを最小限に抑えることができます。

ドライヤー前の洗い流さないトリートメントがあれば付ける

タオルドライをしっかりとしたら、その後はドライヤーで乾かしていきますが、ドライヤーを使う前に洗い流さないトリートメントで、髪の毛を保護してあげると良いでしょう。ドライヤーの熱は、髪の毛にとってはとても負担が大きなものになります。少しでもドライヤーの熱から髪の毛を保護してあげられるように、洗い流さないトリートメントは用意しておくと良いでしょう。

まずは髪の根本、頭皮からしっかりと乾かす

ドライヤーを使うときには、まずは根元から乾かしていきましょう。元気な髪の毛を生やすためには、頭皮のケアがとても大切です。ドライヤーを使うときには頭皮をマッサージしながら髪の毛の絡まりを根元からほどいていくようなイメージで、ブロウしていきましょう。乾かすときには、髪の毛を左右にばらしながら行いますが、このときに爪で頭皮を傷つけないように注意しましょう。

ブラシ利用はNG!指を使ってドライヤーを使う

パーマをかけている時には、濡れている状態でブラシを使用するのはやめましょう。パーマの落ちる原因になります。ドライヤーで乾かすときには、指を使っててくしでとかすようにしましょう。完全に乾いてから、目のあらいブラシを使ってとかしていくと、きれいな状態に仕上がります。

指で頭皮をかくように、優しく髪を動かして乾かす


髪の毛を乾かすときには、動画のように指を上手に使って、頭皮をかくようにして、髪の毛を細かく動かしながら乾かしていきましょう。頭皮にほどよい刺激が与えられることで、血行が良くなったり、細かく髪の毛を動かすことで、短時間でまんべんなく乾かすことができます。

一つの個所に熱が集中しないよう、ドライヤーを振りながら当てる

ドライヤーの熱は、思っている以上に高温なものです。ドライヤーを使っているときに、一カ所に熱が集中してしまうと、髪の毛にダメージを与えてしまうだけでなく、最悪の場合にはやけどにつながることもあります。ドライヤーを使うときには、ドライヤを振りながら、熱が頭皮全体に当たるように動かしましょう。利き手だけでなく、乾かす位置によって持ち手を変えて使うなど、疲れないようにするのも大切なポイントです。

コールドパーマは、半渇き程度でOK

一般的なパーマと呼ばれているものの正式名称は「コールドパーマ」と言います。コールドパーマはロッドを巻いた髪に、専用のパーマ液をつけて癖付けをします。そのあと、最初につけた薬を洗い流して、癖を固定させるための薬剤を使います。この方法でかけたパーマをコールドパーマと呼びます。ボリュームをだしたり、しっとりとした雰囲気に仕上げることができます。

コールドパーマは、乾いた状態ではきれいな癖が出ないということです。そのため、セットする時には、髪の毛を半渇きの状態でムースなどを使ってセットしていきます。乾かしすぎると、パーマが出なくなってしまうので、髪の毛の状態を見ながらドライヤーを使っていきましょう。

最後は冷めたい空気を当てると、キューティクルが戻りやすい

髪の毛は、温めるとキューティクルが開いている状態です。そのためドライヤーを当てると、乾燥しやすくなってしまったり、ダメージを与えてしまうことがあります。ドライヤーでしっかりと髪の毛を乾かしたら、最後に冷風にセットして全体を冷やしていきましょう。このひと手間で、キューティクルを戻すことができるので、ダメージに強い髪にすることができます。

デジタルパーマをドライヤーで乾かすときのコツ

水の滴が飛ばなくなるまで、しっかりとドライヤーで乾かす

コールドパーマの他に、最近人気になっているのがデジタルパーマです。デジタルパーマは、パーマをかける過程で、熱を発するロッドを使い癖をつけていきます。パーマ液に熱を加えていくことで、さらに薬の浸透を良くさせます。

デジタルパーマの特徴は、取れにくく乾いた髪でもしっかりパーマが出るという点です。コールドパーマの場合は、半渇きの状態がベストでしたが、デジタルパーマの場合にはしっかりと乾かすほうが良いでしょう。水滴がなくなるぐらいまでしっかりと乾かしましょう。

出来るだけパーマのウェーブを維持しながら風を当てる

デジタルパーマの場合、乾いた髪でもしっかりとカールを出すことができます。よりきれいな状態にするために、乾かしていくときに指を使ってウェーブを維持しながら風を当てると良いでしょう。カールの向きに合わせて、指に髪を巻き付けながら風をあてると、きれいなカールを作ることができます。

暖かい風と冷たい風を交互に当ててダメージを軽減

ドライヤーを使うときに、暖かい風と冷たい風を交互にあてることでダメージを軽減させることができます。髪の毛は暖かい風を当てると、キューティクルが開いた状態になってしまいます。キューティクルが開いていると、乾燥してしまったりダメージの原因にもなります。

冷たい風を交互にあてることで、キューティクルを閉じることができるので、髪の毛への負担も軽減できます。また、熱を与えてから冷ますことで、カールをキープしやすいというメリットもあります。

洗い流さないトリートメントでケアを忘れずに

ドライヤーを使うときには、洗い流さないトリートメントを使ってケアを行うことが重要です。ドライヤーの熱は、思っている以上に熱いので、髪の毛へのダメージも大きいものです。キューティクルも開いた状態になってしまうので、ドライヤーをする前には保湿効果のあるトリートメントケアを忘れずに行いましょう。

熱から髪の毛を守ってくれるような効果が入っているトリートメントを使うと、より効果的です。ひと手間加えるだけで、髪の毛へのダメージも大幅に軽減することができるので、ドライヤー前には忘れずにトリートメントケアを行いましょう。

まとめ

すぐに落ちてしまうと思っていたパーマも、ドライヤーの使い方次第で、長持ちさせることができます。パーマの種類によっても、ドライヤーの使い方のポイントが違うので、自分のパーマの種類をしっかりと把握することが大切です。正しいケアを行うことで、きれいな状態をキープすることができます。いつものケアに、ひと手間加えるだけで、きれいな髪の毛になるので、試してみると良いでしょう。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。