ボブが似合わない人の特徴や、似合うようになるためのコツ

ボブは輪郭などを気にせず誰でも似合うヘアスタイルといわれています。カットやアレンジの仕方によって似合うように作ることができるのです。

でもボブが基本的に似合わないといわれている特徴もあるようです。似合うボブにするため、似合わないと思っている方は自分の顔の形など特徴を理解して似合うボブスタイルを見つめてみましょう。

ボブが似合わない人の特徴

ボブが似合わないといっても、似合うようなスタイルに作ることは可能なようです。自分の顔の特徴を理解しておきましょう。

ボブが似合わない特徴がいくつかあります。顔の大きさ、形、また髪質などもかかわってきますので、理解しておくとスタイル選びに便利です。

顔が大きめな人


ボブは小顔に見せることができるヘアスタイルですが、もともと顔が大きめの人がボブにすると、大きさが際立つといわれているようです。特に横に幅がある場合、それが引き立つようになってしまうようです。

顔が大きいのを隠すボブの種類もありますので、自分に合ったボブスタイルを探してみませんか。顔が大きいかも…と思っている方はスッキリとしたボブスタイルにすることで小顔効果が期待できます。

顔型が丸顔やエラがはっている

顔の形は人によって違いがあります。丸顔、卵型、面長、またベース型などいろいろです。

このうち、丸顔、えらが張っているベース型の輪郭の方は、その特徴を大きく出すことになるので、不向きといわれています。顔の横幅が大きな人は、ボブにするとき注意が必要です。輪郭を隠すようなボブスタイルなどにチャレンジしてみると良さそうです。

髪質が剛毛やくせ毛


髪質についてもボブにするとき注意点があります。一つはくせ毛の方の場合です。髪の毛に癖がある人は、ボブの長さによって似合わない長さがあるようです。

また剛毛、毛が固く量が多い人は、髪の毛を軽くするなどアレンジを施さないと、大きく横に広がってしまいます。髪質によってもボブの形などを考えることが必要です。

眉毛が太い人

眉が濃い人も個性があって素敵ですが、太い人の場合、ボブにすると眉に目が集中しやすくなるといわれています。そのため、眉が太い人には不向きともいわれているのです。

ただ眉は自分でケアできますし、どのような形にするのがいいか、美容室の方に聞いてみることもできます。化粧品を購入するとき、美容部員に聞いてみるのも一つの方法です。

髪色が肌の色や雰囲気にあっていない

ボブの形はきれいに似合っているのに、カラーが肌の色にあっていないので浮いたように見える場合、似合っていないと感じることもあります。カラーもボブのイメージを大きく変えるのです。

ボブのカラーについては、肌の色、普段のファッションなどを考慮して考えるとなじみます。お肌の色、髪の毛の質、カラーなどをよく理解してボブの形を考えると似合うものが見つかるはずです。

こんな人はボブが似合いやすい!

ボブはどんな人に似合うのか、本当はボブがとても似合うのに、似合わないと思い込んでボブにチャレンジしたことがないという人もいます。作り方によって、またカットによって、似合わない人にもしっくりくるボブにすることもできるのです。

しかし輪郭などがもともとボブむきという人もいます。ボブが似合う人の特徴についても理解が必要です。

面長の人はボブが似合いやすい

面長の方は髪型似なやむという人も多いのですが、ボブがしっくりくるのは面長の人といわれています。前髪を作る時には、目の上のラインに合わせて自然なイメージに作り、顎のラインでふんわりしたボブにすることでお顔が丸く見えるのです。

鼻から下のラインくらいから横にボリュームを持たせるととてもよく似合います。前髪を作らない場合、斜めに分けてふんわりサイドに流すように作ると素敵です。

卵形の人はショート目でも似合う

卵型の輪郭の方は、基本的にどんな髪形でも似合う万能な輪郭といわれています。ボブの場合、特にショートボブがよく似合うのでチャレンジする方も多いようです。

カラーで軽くしたり、色が白い方は黒髪のショートボブなども似合います。卵型の場合、アレンジの形も問わないので、ボブも色々試すことができるのです。

顔の形が逆三角形の人は毛先をあごのライン下に

お顔の形が逆三角の方は、髪の毛のラインをどこにもっていくかで違いが出てきます。似合うボブにするためには、毛先を顎のラインの下にもっていくのがベストです。

外はねにしてもきれいですし、無造作にかきあげるボブも似合います。前髪を作る場合には、ぱっつんにしすぎないほうが似合うようです。

前下がりボブは比較的どんな顔型でも似合いやすい

誰にでも似合うボブスタイルはないのか?と探している方もいると思います。カラーやカットのラインを考えることで誰でも似合うボブにできるのが、前下がりのカットです。

面長でも、お顔が丸くても、気になるコンプレックスを隠す要素があり、大人っぽくもキュートにも仕上がります。まずボブにしてみたいと思う時、前下がりボブにする人は多いのです。

ボブが似合わない人が、似合うようになるには?

おしゃれな皆さんの多くがボブにしていることもあり、一度、ボブにしてみたいと願望をお持ちの方も少なくないと思います。でもボブって似合わないと思い込み、チャレンジしていないという方も多いのです。

ボブが似合わない特徴を持っている方が、似合うようにするためにはどんなポイント、コツがあるのか、そこを理解しておくと、似合うボブを探すこともできます。長さ、カット、それにパーマなどを組み合わせることで、ボブが似合うようになることも多いのです。

顔型に合わせたボブスタイルを作る

面長の方はほほ部分からふんわりと横に広がるようなボブが似合いますし、パーマスタイルのふんわりボブも似合います。顔が丸い人は顔に髪の毛がかかるようなスタイルが似合うようです。

このように輪郭を考慮したボブスタイルを作ると、似合わないということも無くなります。美容師さんと相談しながらカットすると、自分が思ってもみない長さのボブが似合うこともあるのです。

パーマを合わせるとボブが合いやすい

ふんわりとパーマをかけるとき、髪の毛が濃いめ、本数が多いという人は、シャギーをたくさん入れて作るとエアリー感のある今どきボブになります。髪の毛の下のほうだけに、デジタルパーマで緩やかなパーマをかければ、こなれ感がありキュートなイメージです。

パーマもスタイルによってかけ方が違うので、自分の輪郭に合った利用を考えるとはまることが多いのです。絶対にこのヘアスタイルと決めてかかるのではなく、どうしたらボブが似合うかな?と考えるほうが素敵なスタイルを見つけることになります。

髪を片方耳にかけるなど、アシンメトリーを意識して

ボブが似合わないといわれる人の場合、ヘアスタイルのデザインによって似合うデザインも出てくるのです。例えば片方だけ耳にかけると印象がかなり変わります。

またカット自体をアシンメトリーにするとボブが似合わないといわれている人も、しっくりしてくることがあるのです。前髪をわざとざっくり切ったボブにするのも一つの方法だと思います。

髪色を少し明るめにすると合いやすい

黒髪のボブというのは、印象が決まりきってしまうこともあり、似合う、似合わないということがひどく感じられるカラーです。そのため、カラーを少し明るめにするとボブも万人向けとなります。

ハイライトを入れたり、グラデーションを付けてもいいスタイルなので、ボブにするならカラーも一緒に考えてみると、似合うボブが見つかりそうです。明るめのカラーでも、アッシュ系などクールなイメージもあるので、これも美容師さんに相談するといいと思います。

まとめ

引用:https://itsnap.jp/

ボブはいつの時代にもアレンジを変えて流行しているヘアスタイルです。ロングからイメージを変えたいという時、よくボブにする方も多く、一度してみたいスタイルと考えている人も多いと思います。

似合わないと最初から決めてしまうのではなく、似合うように作ることが秘訣です。自分にどんなボブが似合うか?美容師さんに相談しながら見つけていくと、きっと自分に合ったスタイルが見つかると思います。