ペンシルアイライナーの特徴とおすすめ商品!

ペンシルアイライナーは、自然に目を大きくすることができるラインを書くことができる事に加えて、ラインをぼかすことなどもできるのでアイライン初心者の方でも扱いやすいのが特徴的です。そんなペンシルアイライナーの特徴に加えて、おすすめのペンシルアイライナーなどもご紹介するので素敵なアイライナーも合わせて見つけてみましょう。

ペンシルアイライナーの特徴


ペンシルアイライナーを上手に使いこなすためには、まずその特徴からチェックしてみましょう。ペンシルアイライナーの特徴を知れば、今まで以上に上手に使いこなすこともできるので、自分のしたいメイクを楽しむことができるようになるはずです。

失敗してもぼかせる

アイラインは、いざ引いてみると思った通りに引けないということもよくあることです。そんな時も、ペンシルアイライナーならば引いたラインをぼかすことが出来るので失敗した部分の修正も簡単にできますし、自分好みの濃さのラインにすることも可能です。リキッドアイライナーの場合は、引いた線が乾いてしまうと擦ってもラインをぼかしたり、落としたりすることはできないのメイク落としなどで部分できにメイクを落とさなければいけません。失敗したときのことを考えるとラインの修正も簡単にできるペンシルアイライナーが安心です。

初心者でも引きやすい

ペンシルアイライナーは、引きやすさもあることに加えてぼかすこともできるので初心者でも簡単に扱うことができるアイテムです。リキッドアイライナーなどの場合は。重ねてラインを引くなどテクニックを必要とすることもあります。中には、メイクをし始めるようになったばっかりの人も居ればメイクテクニックに自信がない人も居るでしょう。そのような人には、テクニックを必要とすることなく使用することができるペンシルアイライナーがおすすめです。

ナチュラルな印象になる

ペンシルアイライナーは、発色がナチュラルなものが多いのでラインを引いた後の印象も発色が優しいことから非常にナチュラルな雰囲気になります。アイラインの太さなどもぼかしたりして調整しやすいので、ナチュラルなメイクをしたいときにも優しい仕上がりに仕上げることができます。

アイラインは、引き方やアイテムによってはラインが強調されすぎてしまう時もあります。なので、さりげない仕上がりにしたいときなどにも発色が濃い目のリキッドタイプよりもペンシルタイプにものを選ぶようにすると自分で調整をしたりできるのはもちろん、もともと優しい仕上がりになりやすいのでおすすめです。

落ちやすい・にじみやすい

ペンシル部分には、良いところもいっぱいありますが中にはちょっとした欠点も存在しています。ペンシルアイライナーといえば、リキッドタイプのものと比較すると落ちやすかったりにじみやすかったりするという一面があります。出先などでアイメイクが崩れてしまうのは、できるだけ避けたいものです。時間の経過によって、皮脂などで引いたラインが滲んでしまったり汗や皮脂などによって落ちてしまうアイテムも中にはあるので長時間メイクを維持したいという場合は、アイテム選びをしっかりとしなければいけません。

ペンシルアイライナーを上手に引くポイント

では、ペンシルアイライナーを使用するとなった時に上手にラインを引くにはいくつかのポイントがあります。綺麗なラインを引くためにポイントをおさえてアイラインを引くようにすることによって、引いたラインの仕上がりも大きく変わります。

手首を頬に付けるようにして持つ

まずはラインを引きやすい持ち方でアイライナーを持つことによって綺麗なアイラインを引くことに繋がります。持つ位置は、ペンの先から3.4cmくらいの位置を意識して頬に手首を当てるようにして固定しましょう。頬に手首を当てることによってその部分が支点になります。支点が出来ることでラインを引くときにも手が安定するので綺麗なラインが引けます。

左右に小刻みに動かしながら引く

ペンシルアイライナーを使用する時には、一度でラインを引こうとすると線がガタガタになってしまったりして失敗してしまうことも良くあります。綺麗にラインを引くときのポイントは、一度にラインを引こうとしないということです。アイライナーを持つ手を小刻みに動かしながらラインを引くことを意識するようにすると、綺麗にラインを引くことができるので、今までペンシルアイライナーでうまくライン引けなかったという人はこの方法を実践してみると良いでしょう。

アイシャドウや綿棒でぼかす

ペンシルアイライナーのポイントと言えば、失敗したりしてもぼかすことによって簡単に修正できるという点です。また、少しラインが太くなったときや、ナチュラルなラインに引きたいときなどにはアイラインをぼかすことによって、自分が理想としている仕上がりにすることも簡単にできます。アイラインをぼかす際には、綿棒を使用してぼかしたりアイシャドウを上からのせるようにしてぼかしてしまえば、程よいアイラインをつくれるのでぼかす際には綿棒やアイシャドウを活用してみると良いでしょう。

落ちないと評判のペンシルアイライナー4選

アイライナーといえば、落ちないということが条件の1つになります。途中で、アイラインが落ちてしまったりすると、出先でのメイク直しなどもすることになってしまうので、その必要がないような優秀なアイテムを選びましょう。では、ペンシルアイライナーの中で落ちないと評判を集めているペンシルアイライナーを4つご紹介します。落ちないアイライナーを探している方は参考にしてみましょう。

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) プレイ101 ペンシル


人気ブランドのエチュードハウスのアイライナーです。ペン先が書きやすく、鮮やかな発色でぱっちりした目を作ってくれるアイライナーです。クリーミー・グロッシー・グリッターなどさまざまなテクスチャーのものが用意されています。自分の好みのカラー・テクスチャーのものを選ぶことができることに加えて、1000円以下の値段でありながらウォータープルーフ処方です。ラインを引いた後もにじまずに発色をしっかり維持してくれるので、非常に優れたアイライナーです。

ラナレイ プリズムペンシルアイライナー

ラナレイ プリズムペンシルアイライナー02ブラウン

独自の技術でありプリズム作用を導入していることによって、引いたラインに程よい輝きを出してくれます。上品な発色なので色んなメイクに合わせることができるでしょう。軽やかな使い心地で、アイラインの引き心地も抜群です。芯が柔らかいので粘膜のインラインなども簡単にできます。フィッティングポリマーを配合していることによって、ラインを引いた後で皮膜を形成し描いたラインをしっかりキープしてくれます。擦っても落ちないスーパーウォータープルーフなのでしっかりアイメイクがキープできます。

BETTER YOU (ベター ュー) アイライナー ペンシル


500円しないというプチプラ価格でありながら、芯が柔らかいので自分の引きたいラインを簡単に・綺麗に引くことができる素晴らしいアイテムです。滲みなどの心配も耐水性・防水性があるので安心です。使いやすさから、プロの人の使用は日常メイクを彩るアイテムとしても活躍させることができるシーンを選ばない化粧品です。

クリニーク(CLINIQUE) クリーム シェイパー フォー アイ

クリーミーなテクスチャーが魅力のアイライナーです。柔らかい描き心地でするすると引きたいラインがしっかり引けます。描きやすさがあることに加えて、発色も良いのが優秀な点です。
滲みにくいアイテムなので、時間が経過してアイラインが崩れる心配もありません。綺麗に引いたラインが鮮やかな発色のまま長時間キープできる人気のアイライナーです。

にじみにくい!ペンシルアイライナー3選

ペンシルアイライナーといえば、皮脂や汗などに弱くちょっと滲みやすいというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、中にはにじみにくい優秀なアイライナーも数多くあります。そこで、にじみにくいペンシルアイライナーをご紹介します。にじみにくいペンシルアイライナーを取り入れれば、自分の理想通りのアイメイクをすることができるのはもちろん、素敵なアイメイクが長時間キープできるので、これからご紹介するアイライナーを参考にしてみましょう。

アイブロウ ペンシル アイライナー アイブロウブラシ 三つ機能


芯が硬すぎず柔らかすぎないので、ちょうど良い描き心地できれいなラインが引けます。ダークブラウンで、アイラインだけではなくア描くロウも書くことができますし、繰り出し式でいちいち削る手間もないので簡単に使用することができます。ブラシもついているので、書いたラインを簡単にぼかすこともでき、滲みにくいので描いたラインを長時間保って綺麗なアイメイクのまま維持をすることができる長時間アイメイクをキープしたい人にぴったりのアイメイクアイテムです。

アイブロウ アイライナー


リキッドと、ペンシルの両方を兼ね備えたアイテムです。0.1㎜の極細筆では好みの太さのア描くインを書くことができますし、ペンシル部分は描き心地の良い芯でしっかり好みのラインが描けます。3秒で乾く速乾タイプなので描いてすぐに乾き、乾いた後にも汗や皮脂などに強いので長時間しっかりキープが可能です。耐水フィルムなので涙でにじむこともなくにじみにくいアイテムです。

メイベリン EVラスティング ジェル ライナー


メイベリンから販売されているジェルタイプのペンシルです。するするなめらかに描くことができる極細のペンシルで理想のラインが自由自在に引けます。また、引いたラインは乾けばしっかりとフィットして滲みにくいので長時間鮮やかなラインをキープします。ジェルタイプなので、色濃い発色で目力をしっかり出してくれるのでナチュラルメイクからばっちりメイクまで色んなシーンで活躍してくれますとろけるような描き心地でにじまない優秀なアイテムなので1本でも持っておくととても便利です。

まとめ

ペンシルアイライナーは、初心者でも扱いが簡単なアイテムなのでメイク初心者の方でも安心して使用することができるのが大きな魅力です。また、ぼかすことが出来ることで失敗したときも修正がしやすいので使いやすいです。探してみれば、ペンシルアイライナーの中にはウォータープルーフ処方で汗や皮脂などにも負けないアイテムもありますし耐水フィルムで涙にも負けずパンダ目にならない優秀なアイライナーなども数多くあります。自分の使いやすいペンシルアイライナーを探して、自分のアイメイクで活躍するものを見つけてみましょう。