縮毛矯正後のシャンプーはどうすれば良いの!?シャンプーの選び方・おすすめアイテム

縮毛矯正後シャンプーをする時のポイント

人によって髪質は大きく異なるので、中には特有の髪質によって悩みを抱えている人も多いでしょう。そんな悩みの中で多いものの1つがくせ毛です。せっかくセットをしてもすぐ崩れたり、髪の毛のくせによって上手くセットができないなどさまざまな悩みがあります。

そんなくせ毛に関する悩みを解消してくれるのが、縮毛矯正という薬剤を使用して髪をストレートにする方法です。縮毛矯正をすることによって、くせ毛が緩和されるので定期的に縮毛矯正を受けているという女性も多いんです。しかし、ストレートの髪を維持するためにも、縮毛矯正後のシャンプーのポイントはしっかりと抑えておく必要があります。

担当スタッフにいつからシャンプーして良いか確認する


縮毛矯正を受けた後、すぐにシャンプーをしてはいけないという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?基本的に縮毛矯正では、1液を使用して髪の毛のクセをとってからアイロンなどで髪をストレートにします。さらにそのあとで2液を使用することによって、髪のストレートをしっかりと固定することによって髪の毛がストレートになります。シャンプーのタイミングとしては、この2液が髪の毛になじんで定着した後にするのが理想です。

この2液が定着するまでにかかる一般的な目安というのが24時間なので多くの人が縮毛矯正を受けた1日後からシャンプーOKという解釈をしているのではないでしょうか?しかし、それは平均的な目安にすぎません。毛矯正を受けた際に使用したパーマ液の種類や、施術の方法によっても液が髪に定着するのにかかる時間は異なります。そのため、正しいシャンプーのタイミングを知りたいのであれば、施術をしたスタッフにシャンプーをしていいタイミングを聞いておくのが良いでしょう。

しっかりブローをする

まず、最初にしっかりと毎日行って欲しいのが髪の毛のブローです。お風呂に上がったあとで、濡れたままの状態にしてしまうと、髪の毛に摩擦が起こりやすくなります。摩擦は髪の毛のキューティクルがはがれやすくなる原因にもなってしまいます。そのため、お風呂から上がったらしっかりブローをして髪の毛を乾かしてストレートの乾いた状態にしてあげるというケアをしっかり行いましょう。

1週間ほどコテやゴムで結ぶのを控える

縮毛矯正をしたばかりの髪の毛は、髪の毛にクセが付きやすい状態になっています。そのため、その状態の髪の毛にコテを使って髪の毛を巻いたりゴムで髪の毛を結んだりしてしまうと、その時のクセが髪の毛についてしまってストレートの髪の毛を維持できなくなってしまうことがあります。なので、クセが付きやすい時期はコテやゴムを使用するのを避けてストレートの状態を維持するように意識しましょう。大体、縮毛矯正を受けてから1週間はストレートヘアーで過ごすようにするのがおすすめです。

縮毛矯正をした髪に合うシャンプーの選び方

縮毛矯正は、薬剤を使って行うので自分が思っているよりも髪にダメージを与えています。そのため、今までと同じシャンプーを使っているとせっかくかけた縮毛矯正が長持ちしないパターンもあります。綺麗なストレートの髪の毛を維持するためにも、縮毛矯正後に使用するシャンプー選びはしっかり行っていきましょう。ここでは、縮毛矯正後にぴったりのシャンプーの選び方をご紹介します。

髪に優しい弱酸性・アミノ酸系を選ぶ

縮毛矯正は、専用の薬剤を使用して行いますがその薬剤の影響によって髪の毛はアルカリ性に傾いてしまい傷みやすい状態になっているんです。そのアルカリ性の髪の毛を弱酸性に戻すためには弱酸性のジャンプーを使用することが大切です。

日々のシャンプーで弱酸性のものを使用すれば、アルカリ性の髪を弱酸性に戻すことができます。また、弱酸性のシャンプーに加えてアミノ酸系のシャンプーも髪の毛に優しいのでおすすめです。弱酸性のものやアミノ酸系のものにはあまりにも洗浄力がないものなども存在しているので、その点などもしっかりチェックした上で選ぶようにすると安心です。

オーガニックのものを選ぶ

オーガニックシャンプーというのは、基本的に合成化学物質が入っていないものになるので頭皮や毛髪などに強い刺激を与える心配がないシャンプーです。必要以上の洗浄力はないものがほとんどなので、縮毛矯正後の傷んだ状態の髪の毛にもぴったりのシャンプーなんです。
また、洗浄力が優しいことによって縮毛矯正自体の効果も落ちにくいというメリットがあります。刺激も少ないので使用する人を選ばないという一面もあるので、洗浄力の強すぎない頭皮と毛髪に優しいオーガニックシャンプーを探してみましょう。

洗浄力の高すぎるシャンプーは避ける

基本的に、市販で安く手に入れることのできるシャンプーの多くは洗浄力が高いものが多いです。洗浄力が強すぎるシャンプーというのは縮毛矯正後の髪の毛への使用は基本的に避けた方が良いと言われています。基本的に、縮毛矯正後の髪の毛は大きなダメージを受けているので洗浄力の高いシャンプーを使用してしまうと、さらに髪の毛を傷める原因になります。

さらに、安い市販の洗浄力の高いシャンプーにはシリコンが含まれているものも多くあります。シリコンが含まれているシャンプーは髪の毛を触った時の手触りはよくなりますが、シリコンは髪の毛の外側をコーティングしてしまうので縮毛矯正の際に使用した薬剤が髪の毛に残り続ける可能性も高まってしまうので使用は避けるようにしましょう。

ヘマチン配合が配合されているもの

あまり、馴染みのない成分かもしれませんが縮毛矯正後のシャンプーとしておすすめなのがヘマチンという成分が配合されているシャンプーです。縮毛矯正で使用した薬剤というのは、髪の毛に浸透して長い期間残ってしまうことがあります。髪の毛の内部にずっと薬剤が残っているとその間も髪の毛を傷めてしまうことがあります。

そんな髪の毛の中にある薬剤の成分を除去する役割を果たしてくれるのがヘマチンなんです。パーマ液を使用するパーマや縮毛矯正を受ける人は、髪の毛を傷めてしまう期間を少なくするためにも、髪の毛の中から残った薬剤を除去する働きのあるヘマチンが含まれるシャンプーを選ぶようにすると良いでしょう。

縮毛矯正をした髪におすすめのシャンプー

縮毛矯正後のシャンプー選びのポイントについてご紹介しましたが、実際にどのシャンプーを選んだら良いか分からないという人も多く居るのではないでしょうか?そこで、縮毛矯正後の髪の毛にぴったりのシャンプーをいくつかご紹介します。どのシャンプーを選んだら良いか分からない時には、ご紹介したシャンプーの中から自分の髪の毛に合いそうなシャンプーを見つけて使用してみるのもおすすめです。

ハホニコ ディスデモカ ヘアクレンジング 1000ml


カラーやパーマ・縮毛矯正など強い薬を使用した施術は、髪の毛に大きな負担を掛けダメージを与えてしまいます。そんな薬剤などによってダメージを受けた髪のために作られたシャンプーがこちらのアイテムです。傷んだ髪をシャンプーでしっかりケアして髪の毛の輝きを取り戻してくれます。髪の毛をケアするために、タンパク成分が37%も配合されており、傷ついた髪もしっかりとケアしてくれます。シルクとセラミドによって髪の毛をしっかりケアしてくれるので、毛髪の健康状態を改善したいという人にもぴったりのシャンプーです。

ラックス スーパーリッチシャイン ストレート & ビューティー シャンプー


ラックスといえば、市販でも手軽に購入できるシリーズの1つです。こちらは、うねりをケアしてくれるシリーズなので縮毛矯正をした後の髪の毛にもぴったりです。縮毛矯正は、髪の毛をストレートにする施術なので、ストレートヘアに導いてくれるラックスのこちらのアイテムは、縮毛矯正後の髪の毛にぴったりです。

また、ケラチンプロテインという保湿成分も配合されているので傷んだ縮毛矯正後の髪の毛をしっかりケアしてくれます。こちらは、トリートメントも同じシリーズで販売されているので、一緒にライン使いすることでより効果を発揮してくてます。

ピュエルシロップシャンプー&トリートメントセット


アミノ酸系のシャンプーで髪の毛に優しく、毛髪保護成分と毛髪補修成分によって髪の毛をしっかりとケアしてくれます。縮毛矯正など、薬剤によって傷つけられた髪の補修にも効果を発揮するシャンプーで、硬い髪の毛はしなやかな髪へ導き、弱ったコシのない髪にはハリとコシを与えることでボリュームを出してくれます。縮毛矯正は、特に髪の毛にダメージを与える施術の1つです。そんな縮毛矯正によって傷んだ髪のために専門ケアとして作られたのがこのシリーズなので、縮毛矯正後のダメージを受けた髪のケアアイテムとして最適です。

アズスタイル Sizuka/雫髪(シズカ) シャンプー


ヒアルロン酸の3倍もの保湿力を持つというリピジュアという成分と、髪の補修成分であるペリセアを高濃度配合しているので、髪の毛の補修力が抜群です。髪に優しい無添加・無着色のシャンプーなので、縮毛矯正で傷んだ髪はもちろん繊細な赤ちゃんの髪にも使用することができます。

髪質に応じたシリーズを選ぶこともでき、くせを広げない効果もあるくせ毛用のシリーズもあるので、髪をストレートな状態で保ちたい縮毛矯正を受けた人にもぴったりのラインナップになっています。ダメージからキューティクルを守ってくれることによって、縮毛矯正の効果が落ちるのも防いでくてます。縮毛矯正の効果をしっかりと維持したいという人も髪のダメージをしっかり補修してくれるこのシャンプーでケアすると良いでしょう。

まとめ

縮毛矯正をすることによって、髪の悩みを解決することができますが縮毛矯正の効果というのは半永久的なものではありません。そのため、かけた後のケアなどが縮毛矯正のもちに大きな影響を与えますし、ケア次第で施術によって受けたダメージを緩和することもできます。今回ご紹介した、縮毛矯正後のシャンプーのタイミングや細かいケア方法に加えて、縮毛矯正後のシャンプーにぴったりのアイテムなどを使用しながら効果を長く得ることができるように工夫をしつつケアすることをおすすめします。