ストレートアイロンを使ってボブアレンジする、簡単やり方

ストレートアイロンを使ってボブアレンジ!簡単なやり方とは

ストレートアイロンを上手く使いこなすだけで、ゆるふわヘアを作れるって知っていますか?

大流行中のボブヘアでも色々なアレンジを楽しむことが可能!ストレートアイロンかけて上品さをプラスしたり、毛先に不規則な流れを作ってフェミニンな感じに仕上げれば垢抜け感も抜群でみんなの注目の的です。

今回は、ストレートアイロンを使った簡単アレンジ方法をまとめました!

ストレートアイロンで作る内巻ボブのやり方

ゴムで上の部分を仮止めし、襟足から少しずつアイロンを使う

ワンレングスやボブだと毛の量も多いですから、いきなりストレートアイロンをかけるのは至難の業です。上手にかけるコツは、とにかく小まめに分けてからアイロンがけすること。そんな時に大活躍するのがゴムやバレッタです。

まずはアイロンをかけない頭部周辺の重たい毛束をしっかりとゴムで巻いてください。それから残った襟足の毛先を少しずつ内巻きにしてみましょう。一気に巻くよりも簡単にアレンジに取りかかることができるようになります。

少しずつ内巻にして、表面まで内巻にする

ストレートアイロンの温度は140℃~160℃に設定しておくとよいでしょう。これ以上高い温度では、髪の中にまで温度が伝わってしまうので硬くてカチカチになってしまいます。

ストレートアイロンを使用する際には、少なめに髪の毛を分けて巻いていくと良いでしょう。

表面の髪と内側の髪を合わせてアイロンする

ストレートアイロンのコツは、表側の髪の毛と内側をしっかりと合わせてからアイロンがけすることです。あまりにも小分けにしてしまうと収拾つかなくなりますから、1回で決めたい時には表裏をしっかりとブロッキングしてからストレートアイロンで巻きましょう。

前髪をアイロンして完成

全体的にストレートアイロンをかけられたら最後は前髪に挑戦してみてましょう。前髪の半分くらいを挟んで内側に優しく巻いてください。力を入れずにふんわりを目指せばイメージ通りに前髪を作れるはずです。力入れてガッチリカールしちゃうとクルンとなってしまうので加減を気にして巻いていくようにしましょうね。

ストレートアイロンで作る簡単ワンカールボブのやり方

ストレートアイロンで内巻きができるようになったら、ワンカールボブを作ってみましょう。基本は内巻きボブと同じですが、あくまでも優しく、髪の毛を思いきり引っ張らなくてもワンカールでボブは作れます。ポイントはこまめにちょっとずつを繰り返すことですよ。

髪を上下に分けてブロッキングし、少しずつアイロンする

ストレートアイロンをかけるうえでの基本は、巻かない髪の毛はブロッキングしておくことです。まずはトップを束ねてしまいましょう。そして下半分もアイロンをかけるまで、小分けに束ねておくとストレートアイロンの操作が楽です。そして、少しずつ優しく真っすぐになるようにアイロンをかけてください。

毛先は手首の返しを使って、しっかりワンカールを作る

次は、ワンカールに挑戦してみましょう。手首の返しがポイントでクルンクルンという感じです。少しずつ髪も毛をとってアイロンで挟んだら、クルンと手首を動かしてみましょう。それを髪の毛先を中心に全体に行ってください。

上の方はストレートで入れて、毛先だけしっかりワンカール

毛先にワンカール入れるのは意外と難しいですし、とくに後ろ側は見えませんからどうすればいいんだろうと悩んでしまうかもしれません。

基本的には少しの毛束を持ったら、上から真ん中にかけてはストレートアイロンだけをかけます。そして一度アイロンを外し、毛先だけをつまんでクルンとワンカールさせます。髪の毛の上部分からカールを始めると全体的に丸みを帯びてしまうヘアスタイルになるため、ストレート部分が終わったらアイロンを外してあげると良いでしょう◎

襟足の部分は届く範囲で巻く

襟足はなかなか手が届かないし、三面鏡を使っても何が何だか分からなくなってしまいます。そんな時には無理をしないでストレートアイロンが届く範囲だけで良いので内で巻いてみましょう。

ストレートアイロンでボブアレンジをする時のコツ

人気の高いボブスタイルは毛先に動きを出すことでものすごく可憐な雰囲気を作ることが可能です。いろんなアレンジを楽しむためのコツをお教えします。

髪の量に合わせてブロッキングする量を決める

ボブと言っても、ベリーショットボブもあれば、ショートボブにワンレングスボブ、そしてロングヘアまで種類が豊富にあります。ストレートアイロンを使うときに自分の髪の毛の量がどれくらいあるボブなのかによって、アイロンの仕方にも違いがあります。毛先にかけてボリュームをもたせているロングヘアタイプのボブならば少量ずつにアイロンをあてなければ上手にできません。そのためにも髪の毛を何通りかにブロックしておくことが必要です。

スタイリング剤を使ってしっかりキープ

ストレートアイロンの熱でクセつけるため、髪へのダメージもそれなりにかかってしまっています。だからこそスタイリング剤には気をつかうべきで、スプレータイプで髪の内部まで浸透して、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれるタイプが市販されていますのでストレートアイロン時にも活用してみてください。

癖をつけたいところは気持ちしっかりめに作る

アクセントになるような部分には、しっかりめにアイロンをかけてみてください。特に直毛の方ですとクセをつけたつもりでも、時間の経過とともにあっという間に直毛に戻ってしまいます。ちょっとオーバー気味でもクルンと手首を使ってしっかりとクセをつけるようにしましょう。

髪が熱いうちは必要以上に触らず、しっかり冷まして固める

ストレートアイロンでクルンと形を作り上げたら、すぐにさわってはいけません。髪の毛の内部まで熱が浸透していますので、熱が冷めてからスタイリング剤をつかってキープすることをおすすめします。スプレータイプならばサラッとまとまりますし、ソフトタイプのジェルなら優しくもみ込めば崩れません。

まとめ

ボブヘアでも、毛先の雰囲気を変えることでいろんなアレンジに挑戦することができます。そんな時に役立つのがストレートアイロンです。意外に単調な作業で扱うことができますので、一度チャレンジしてみてくださいね◎