簡単ボブツインテールのやり方ときれいに作る7つのコツ!おすすめスタイル20選も

可憐で可愛らしくみえるボブですが、特におしゃれなアレンジスタイルがボブツインテールです。しかし、ツインテールは甘くみえすぎてしまうことから幼い印象になってしまいがち。

ではどのように手を加えたら、大人可愛いツインテールが完成するのでしょうか。

  • ボブツインテールのヘアスタイル集
  • ボブツインテールの基本のやり方
  • ツインテールに似合う髪の巻き方
  • ボブツインテールを綺麗に作るコツ

を紹介します。

ボブツインテールのヘアスタイル集

画像引用元:latte

まずはボブツインテールに似合う、おすすめのアレンジスタイルを20選紹介していきます。

後ろ姿も華やかツイン♡

画像引用元:latte

ゆるく編み込んでお団子にした、和服にもぴったりのツインテールです。

元気に見える!ボブツイン

画像引用元:latte

高い位置でお団子を作って、元気いっぱいな印象のハーフツインテールです。

透明感あふれる♡ツインテール

画像引用元:latte

低めの位置で無造作に結んだ、ルーズ感が可愛いボブツインテールです。

イベントにおすすめ!高めツイン♡

画像引用元:latte

丸く作ったお団子が、キュートで可愛いツインテールです。

無造作がかわいい♡甘めお団子ツイン

画像引用元:latte

ふわふわに巻いて、無造作につくったお団子が柔らかい印象のツインテールです。

ルーズ感が可愛い!控えめツイン

画像引用元:latte

ルーズにざっくり編み込んで、毛先をランダムにはねさせたフェミニンなツインテールです。

甘さの中に大人感♡お団子ツイン

 

画像引用元:latte

キュートなお団子ツインも、前髪を出しておでこを見せれば大人可愛い雰囲気に。

大きめに引き出すのがポイント!編み込みアレンジ

画像引用元:latte

毛先までしっかりと編みこんで、毛先をくるんと外ハネさせたキュートな編み込みツインです。

甘さ全開♡愛されツイン

画像引用元:latte

三つ編みでくるっと輪っかを作った、可愛らしい愛されツインテールです。

リボンでさらに華やかに

画像引用元:latte

編みこみとお団子で作った凝ったツインに、リボンのアレンジでさらに華やかさアップ。

後れ毛もかわいい♡高めツインで元気な印象に

画像引用元:latte

ふんわり作ったお団子が、女性らしい印象の爽やかボブツインです。

引き出してルーズ感を!

画像引用元:latte

ゆるく編んだ三つ編みをルーズに引き出した、無造作ツインです。

イベントで目立つこと間違いなし!高めお団子ツイン

画像引用元:latte

大きく作ったお団子に毛先を散らした、キュートでポップな目を引くボブツインです。

三つ編みアレンジでツインテール♡

画像引用元:latte

トップから編みこんだ三つ編みが印象的で、ガーリーな雰囲気のツインスタイルです。

フィッシュボーン♡ツインアレンジ

画像引用元:latte

前髪から編み込んで毛先をフィッシュボーンにした、おしゃれで爽やかなツインスタイルです。

後れ毛もかわいい♡くせ毛風ツイン

画像引用元:latte

あえて後れ毛をたらしてルーズ感を出した、くせ毛風のお団子ツインです。

アップバングと合わせてもかわいい♡

画像引用元:latte

アップバングとあわせた編み込みツイン。華やかな雰囲気で和服にもドレスにもぴったりです。

センター分けでも可愛くできる!

画像引用元:latte

センターわけのツインでも前髪をルーズに引き出しておけば、無造作感が出て可愛いアレンジに

無造作なツインテール!外国人風♡

画像引用元:latte

自然なカラーとナチュラルなカールで、簡単ツインもくせ毛風のルーズな印象に。

後れ毛がポイント♡無造作ツイン

 

画像引用元:latte

きっちりしすぎる印象のお団子も、後れ毛を散らしてトレンド感を出したツインスタイルです。

ボブツインテールの基本のやり方

基本のやり方をしっかり押さえておけば、ボブツインテールだって簡単に仕上がります。具体的なやり方をチェックしてみましょう。

ブラッシング後、コテやアイロンを使ってふんわりとセット

まずは、ブラッシングで髪の毛全体をきれいに整えておきます。ツインテールをする前の下準備として、ストレートアイロンなどのコテ系を上手に使いこなすことがポイントです。

全体的にふんわりさせたいので、後頭部からカールしていきましょう。さらに、毛先でくるりと手首を使って巻くと毛先カールの出来上がりです。

ブロックに分けて三つ編みを作る

下準備が完成したら、無造作なブロック分けをしてから、三つ編みを作り始めてください。分け目がくっきりとしないように、ざっくり分けるのがポイントです。

三つ編みを低めの位置で結ぶ

三つ編みを結ぶ位置も、一番自然に見える低めの位置がベストです。ほどよい抜け感や、柔らかな印象を与えることができるでしょう。また、低めの位置での三つ編みは、どんなアレンジにも応用できるので、おすすめです。

三つ編みを少しだけ崩してから、軽く引っ張る

三つ編みが完成したら、今度は髪を軽めに引っ張り出してあげます。髪の毛を無造作に引き出してあげることで、柔らかな印象やルーズ感が出るのでおすすめ。また、動きのある無造作感を出してあげれば、大人可愛いツインテールになるでしょう。

スタイリング剤などでキープして完成

全体の三つ編みアレンジが終わったら、無造作に引っ張りだした髪がだらしなく見えないように、スタイリング剤でセットしてあげましょう。吹き付けるスプレータイプなら、作りこんだツインテールでも簡単に形をキープできるので、ぜひとも使いたいアイテムです。

ツインテールに似合う髪の巻き方

ツインテールに似合う、基本的な巻き髪の作り方を説明していきます。

スタイリング剤をつける

まずはじめに、、手のひらに適量のスタイリング剤をとり、両手をこすり合わせて広げ、髪の毛全体に揉みこんでいきましょう

ブロッキングする

髪の毛全体を上下2分割にブロッキングし、上段の髪の毛は後ろで結んでおきます。

コテを用意する

コテは、あらかじめ適温に温めておきましょう。

毛先を外巻きする

適量の毛束を取ってコテで挟み、毛先の部分でコテをくるっと外側に回し、外巻きにしましょう。

髪の真ん中あたりにコテを巻きつける

毛束の中心辺りの髪の毛をコテに内側に巻きつけて、ふんわりとした癖をつけます。

巻きつけた髪を外し毛先にずらして、同じように巻く

毛束の中心辺りで巻きつけたらコテをはずし、再度同じ毛束の少し毛先よりの位置で、同じように髪の毛をコテに内側に巻きつけて、ふんわりとさせましょう。

内巻き外巻きの順番に、髪の毛全体を巻く

同じ要領で、毛束の中心を内巻き・毛先を外巻きにする作業を繰り返し、髪の毛全体を巻いていきます。

ブロッキングしていた部分も同じように巻く

ブロッキングしていた上段の髪の毛を外し、同じ要領で、内巻き・外巻きを繰り返しましょう。

最後にツインテールして完成!

髪の毛全体をしっかりと巻いて、前髪も少し巻いたら、高めの位置でツインテールを作って完成です

ボブツインテールを綺麗に作るコツ

ボブツインテールをキレイに作るためにも、基本をしっかり押さえて、とにかく下準備を完璧に済ませておくことがポイントです。ボブツインテールを綺麗に作る基本的なコツをおさらいしておきましょう。

ブラッシングは忘れずに

「これからツインテール作るし、わざわざブラッシングする必要なんてない」と思わずに、しっかりと丁寧にブラッシングをしてあげることで、まとまりのある綺麗なアレンジになるでしょう

ふんわりと作るなら、ドライヤーなどでブローすることも大事

ふんわりしたツインテール作りの下準備として、一度髪の毛全体を濡らして、根元からふんわりするように内側から外側に向かってドライヤーの風を当ててあげてください。ドライヤーの熱を内側にあててあげるだけで、ごく自然とふんわりした髪になります。

ブロッキングを丁寧に行う

ブロッキングをせずに、いきなりヘアアイロンを使ったり、すぐにアレンジに入る人も多いですが、きれいな仕上がりを重視するなら、ブロッキングを丁寧に行ってから始めましょう。

しっかりとブロッキングすることによって、髪の毛全体にきちんとアイロンができ、さらにバランスよい仕上がりになるでしょう。

ツインテールを作る前に、コテやアイロンは使う

ゆるふわなトレンドのツインテールを作るために、まずはヘアアイロンやコテを利用して、ふんわりとしたボリュームを出しておきましょう。ふんわりカールさせておくことで、アレンジの幅も広がります

スタイリング剤をタップリ使う


スタイリング剤をしっかり活用すると、髪がまとまって結びやすくなり、素人でも簡単にツインテールを作れます。スタイリング剤をあまり好まない人もいますが、アレンジした髪をしっかりキープするためにも、スタイリング剤は適量をたっぷり使いましょう。

三つ編みは多少きつめに結ぶ

三つ編みをきつめに作っておかないと、後でアレンジする際に、ゆるくなりすぎてほどけてしまいます。髪の毛を引き出すアレンジがほとんどなので、事前にしっかりと編んでおきましょう。

ヘアゴムは固定力が強い物を使いましょう


ゆるゆるなヘアゴムで結ぶと、時間の経過と共にどんどんゆるくなってしまい、せっかく作ったツインテールが台無しになってしまいます。さらに、アレンジする際にすぐにほどけてしまう可能性もあるので、髪にしっかりと固定できる強力なヘアゴムを使いましょう。

まとめ

いつも同じようなスタイルになりがちなボブヘアでも、ツインテールにすることで、今までとはまた違った印象に仕上がります。基本的なやり方を覚えて、ポイントをしっかりおさえて作っていけば、大人可愛いツインテールも簡単にできるでしょう。

ぜひ色々なアレンジで、ボブツインテールを楽しんでみてください。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。