太川陽介さんと妻である藤吉久美子さん、騒動後の仲はどうなの?

ルイルイ仕切り術:人生も会社も路線バスの旅も成功に導く40のツボ(実用単行本)

太川陽介さんと妻の藤吉久美子さん、ご夫婦の経歴から騒動の顛末まで

太川陽介さんと言えば、テレビでお馴染みのベテラン俳優さんですよね。若い人は「バスの旅」でお馴染みのオジサン、といった印象が強いかもしれません。自他ともに変人と認めるあの蛭子能収さんとの掛け合いは絶妙で、蛭子さんを唯一扱える人物とも言われています。

しかしその昔は、太川陽介さんは一世を風靡したアイドルだったのです。

妻である藤吉久美子さんは、女優、ナレーターとして活躍されている方で、映画やドラマなどに多数出演しているベテラン女優です。現在は少し太った印象ですが、若いころは絵にかいたような美人でした。

やはりアイドル的な人気を得ていた女優さんでした。

そんな「元アイドル」の俳優さん二人がご夫婦となられたわけですが、最近になって藤吉久美子さんの不倫で騒がれてしまうこととなってしまいましたよね。この騒動はどのような顛末を迎えたのでしょうか?

今回の記事では太川陽介さんと妻の藤吉久美子さんのプロフィールや馴れ初め、騒動の顛末について解説します。

太川陽介さんのプロフィール

GOLDEN☆BEST

太川陽介さんは京都出身で、1959年1月13日生まれです。日本学園高等学校を卒業しています。

芸能人としてデビューしたのは1976年で、「陽だまりの中で」という曲でレコードデビューしました。翌年には「ルイルイ」という曲がヒットし、レコード大賞にも選ばれたほか、さまざまな新人賞を総なめにし、一躍時の人となったのです。

1978年からはNHKの「レッツゴーヤング」で司会を務め、この時代を代表するアイドルとして地位を確立したのです。

1980年代からは俳優、タレント、司会者といったマルチな活動をするようになり、とくに舞台俳優として高い評価を得るようになりました。その和やかな印象からかコメディやアットホームな作品に出演することが多く、NHKのドラマにも多数出演しています。

妻である藤吉久美子さんと結婚したのは1995年で、太川陽介さんは初婚、藤吉久美子さんは再婚でした。元アイドルの二人が結婚したのは当時かなりの話題となったのです。

2007年からは「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」に出演するようになり、「バス旅のおじさん」という印象が強くなりました。番組内ではそのキャラクターがいかんなく発揮され、年齢問わず支持を得た人気番組へと成長させたのです。

他にも「ぶらり途中下車の旅」の旅人も務めていたこともあって、現在のような「旅番組の俳優」として地位を確立するに至りました。

藤吉久美子さんのプロフィール

タイのこと、私のこと

藤吉久美子さんは福岡県の出身で、1961年生まれです。大阪芸術大学を卒業しています。

高校時代にモダンダンスの魅力に取りつかれ、大阪芸術大学では舞台芸術学科を選択しましたが、これを中退しました。在学中に応募したNHKの連続テレビ小説のオーディションに受かり、ヒロインに選ばれたからです。

そして1982年に「よーいドン」でデビュー作にしてヒロイン、しかもNHKの連続テレビ小説、という快挙を成し遂げます。波乱万丈なヒロインを演じたことでその演技は高く評価され、その後はさまざまなテレビドラマに出演するようになったのです。

2001年には太川陽介さんとの間にお子さんが生まれました。高齢出産だったので帝王切開で出産したこともあり、やはり話題となったのです。

2004年からは「はなまるマーケット」の金曜日のレギュラーとして出演するようになり、いくつかのコーナーを担当するようになりました。女優としてだけでなく、タレントとしても大活躍するようになったのです。

太川陽介さんと藤吉久美子さんの馴れ初め

大阪で生まれた女

太川陽介さんと藤吉久美子さんは、ドラマ共演で知り合いました。1994年のNHKドラマ「大阪で生まれた女やさかい」で共演したのです。

それまではお互いに顔と名前を知っている程度の間柄でしたが、撮影後にタクシーで相乗りしそのまま東京まで新幹線で一緒に帰ったことがあり、その際に親交を深め、交際に発展したそうです。

結婚後は「おしどり夫婦」として知られるようになり、長らく夫婦仲は良好であったように見えたのです。

藤吉久美子さんの不倫とその顛末

そんな芸能界を代表するおしどり夫婦にピンチが訪れることとなります。2017年の12月、「藤吉久美子さんが朝日放送の男性プロデューサーと不倫した」と報じられてしまったのです。

あくまでも不倫騒動は「疑惑」であり、本人は否定していますが、藤吉久美子さんいわく、「同じ部屋で一夜を過ごしたが、マッサージをしてもらっていた」とのことです。

さすがにこれは、苦しい言い訳にしか聞こえませんよね。

しかしここで注目されたのは、当事者よりもむしろ太川陽介さんでした。「世間がどう騒ごうが、私は妻を信じます」とコメントしたのです。

もちろん、太川陽介さんだって「黒」だとは思っているでしょう。しかしそれでも妻を守ろうとするその懐の深さに、多くの人が感銘を受けたのです。

この「神対応」によって、騒動は収まりました。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 松阪~松本城編

まとめ

太川陽介さんと藤吉久美子さんは若いころにアイドル的人気を得ていたご夫婦で、長らくおしどり夫婦として知られていました。しかし藤吉久美子さんの不倫騒動によって、その夫婦仲が良好ではなかったことが世間に露呈してしまいます。

そんな騒動の中でも太川陽介さんは妻を守る姿勢を崩さずにメディアへ対応し、多くの人がその器の大きさに敬服したのです。

今後もお二人には騒動を忘れさせるくらいにご活躍していただきたいものですね。