これならできる!2018年流行りの《体幹リセットダイエット》とは?

最近流行りの体感リセットダイエットは、ボディメイクトレーナーが考案した「スタイルを良くするダイエット」のこと。なんと、1日たったの5分で確かな効果があるということで、海外モデルにも人気があります。

もちろん食べすぎは良くありませんが、厳しい食事制限などは必要としないため、リバウンドの心配もありません。普段使用していない筋肉を動かすことで代謝をアップさせ、脂肪を燃焼することにより、ダイエットとスタイルアップが同時にできる究極のエクササイズです。

体幹リセットダイエットの特徴って?

運動なのに「頑張らない」ダイエット

この体幹リセットダイエットは、2週間毎日続けたら3週間目には週3回に減らすことがポイントです。

回数を減らしても基礎代謝がアップしている状態なので、体は自然と痩せていきます。2週間エクササイズを続けることで筋肉が目覚めているので、3週間目からは体がエクササイズに慣れすぎないようにする必要があるのです。

 

2ヶ月で止めても効果アリ!リバウンドしないダイエット

体幹リセットダイエットは2ヶ月続けることで全身の筋肉を目覚めさせ、基礎代謝をアップさせるダイエット方法です。そのため、カロリー制限や糖質制限などの食事制限を必要とするダイエットと異なり、リバウンドしにくいという特徴があります。

基礎代謝がアップすると脂肪が燃焼しやすくなるため、勝手に痩せていく体質を手に入れることができるのです。また、デスクワークや運動不足などで滞りやすい肩回りの血流も良くなり、肩こりや腰痛の解消にもつながります。

 

姿勢が良くなり、スタイルも印象もアップ!

特に下半身周りであるウエストや太ももが細くなる、ヒップアップ効果があるなどスタイルアップに定評のあるダイエットですが、全身運動も取り入れているため、バランスよく筋肉がつきます。さらに体のゆがみを矯正する効果もあるため、脂肪の付きにくい美ボティに近づくことができるのです。

3万人がキレイ痩せした!1分エクササイズ5選

脚痩せ効果を期待できるエクササイズ

1つ目のエクササイズは、うつぶせになった状態からスタートします。両手は頭の後ろに当て、上半身はみぞおちより上を、下半身は膝から下を同時に浮かせましょう。両足を押しあうように力を入れて、10秒キープします。その後、足をクロスさせて外側に向けて引っ張り合うようにして10秒キープします。これを3セット行うのが1つ目のエクササイズです。

太もも痩せ効果を期待できるエクササイズ

2つ目のエクササイズも、うつぶせ状態からスタートします。今度は顔の前に両手をそろえ、その上に顎を乗せます。ひざを折りまげ、両足首をクロスして膝を広げた状態のまま太ももを床から6秒間浮かせましょう。これを10セット行います。

ヒップアップ効果を期待できるエクササイズ

3つ目のエクササイズは、いすに座った状態で行います。両手をお尻の左右につけ、片方のお尻と足を同時に椅子から浮かせ、3秒間キープしましょう。ポイントは胸を張り、上半身はなるべく動かさないようにすることです。これを片方10セットずつ行います。

肩回りに効果アリを期待できるエクササイズ

4つ目のエクササイズも、いすに座った状態で行います。まずは普通に両肘をつかむようにして組み、そのまま頭の上をとおして6秒間キープします。これを10セット行うのが4つ目のエクササイズです。

代謝アップを期待できるエクササイズ

最後のエクササイズは、全身の筋肉を動かします。脚を肩幅に開いて立ち、全身を丸めるようにしゃがみ込みます。両手は足の前に置き、かかとは浮かせません。そのスタイルから3秒かけて全身を一気に伸ばし、つま先立ちをして両手を上に高く上げます。そしてまた3秒かけてしゃがみ込みましょう。合計6秒のセットを10回行います。

体幹リセットダイエットで無理なく理想の体に♡

 

今回は、海外でも人気を集めている「体幹リセットダイエット」についてご紹介しました

「体幹リセットダイエット」はスキマ時間で手軽に美しい体を手に入れられる魅力的なダイエット方法。「体幹リセットダイエットで無理なく理想の体を手に入れませんか?

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。