あなたの爪は健康?爪に負担をかけてしまうNG行為とは

最近は、自分でネイルを楽しんだり、サロンでジェルネイルをしてもらったり、爪のおしゃれが流行っていますよね。おしゃれな爪を楽しむためには、爪を健康に保っている必要があります。しかし無意識の行為で爪の健康が損なわれていることもあるのです。

今回は、爪に負担をかけるNG行為をまとめてみました◎

爪の「うるおいケア」がイマイチかも!?

爪の状態が悪いなと感じることありませんか?

割れてしまったりヒビが入ったり、二枚爪になったり。実はこれ、爪の乾燥が原因であることが多いと言われています。爪の潤いがなくなると、目に見える痛みがで始めるのです。

改善する方法はいくつかありますが、ぱっと爪を見てどんより感を感じる人、触ってみてカサカサ感がある人は、専用のネイルオイルを利用するのもよいでしょう。ネイルオイルは爪の表面だけでなく爪の奥まで浸透してくれるので、内側からの回復を期待できます。

日頃の偏った食事も爪に悪影響!

また、日頃の偏った食事が爪の乾燥を招いてしまうケースもあります。

爪は主にケラチンというタンパク質が変化したものでできていますので、肉類や魚類、乳製品、大豆製品などをまんべんなく摂っていけるとよいでしょう。

またお肌と同様に、各種ビタミンも健康な爪を維持するのに重要な役割を担ってくれます。特に、皮膚の粘膜の維持やケラチンの生成に関わるビタミンA、血行の改善や爪のツヤに関係してくるビタミンEなどは積極的に摂っていきたいところですね。

長時間の水作業を素手で行う

家事の一環で、あるいは仕事で、長時間水に手を浸す必要がある人も、爪に負担をかけやすい環境だと言えるでしょう。洗い物なら洗剤に入っている界面活性剤がお肌や爪の油分まで奪ってしまう可能性がありますし、畑仕事なら枝や葉で爪に細かい傷を付けてしまうこともあります。

ちなみに、「手タレ」と呼ばれるハンドモデルさんは食器洗いをどうしているかというと、「ゴム手袋」を着用して行っているそうです。素手で行う場合は消毒液が染み込み込んでしまいますし、洗い物が終わったらせっけんやハンドソープを利用して洗浄するはずです。でも、せっけんやハンドソープにも界面活性剤が含まれていますから、つまり2重のストレスがかかっているということですね。

できれば、水を使う作業ではゴム手袋を使うことをおすすめします。

なにかと爪を道具として利用する

硬い爪は、空き缶を空けるときや、シールを剥がすとき、ちょっとしたお皿の汚れを取るときや、段ボールのガムテープを剥がすときなど、思わず便利で使ってしまいたくなりますよね。しかし、実は思っている以上に爪は柔らかいため、割れ爪の原因になってしまうこともあります。

ちょっとした手間ではありますが、やはり爪を傷つけないためには道具を使っていきましょう。シールを剥がすにはシール剥がしを、ガムテープの切り込みにはカッターを利用……などなど、本当に爪を使わないといけない場面なのか?ちょっとだけ考えてみるとよいですね。

爪を健康に保っておしゃれを楽しもう◎

ネイルはモチベーションを上げるツールのひとつです。自分で整えたり、ネイルデザインするのが大好き!という人も多いでしょう。しかし、上記のような状態で無理にやすりをかけてしまうと、爪は最悪な状態に……。完全に爪が生え変わるには2~3ヵ月の月日が必要ですから、時には我慢することも必要かもしれませんね。

今回は、爪に負担をかけてしまうNG行為とその対策を4つ紹介しました。外側からのうるおいケアと、内側からの栄養補給、そして普段の行動を少しだけ気遣っていれば、健康な爪を作ることも十分に可能ですね。早めに気づいて対策するほど吉と出るので、少しずつ気を付けてみてはいかがでしょうか。