意識してみて!美人な女性がやっている6つの習慣

美人は普段の習慣から作られる

女性から見ても「美しい」感じる女性は気になる存在です。

その美しさには、毎日の積み重ねである習慣がキーワード。

「私なんて…」と諦めずにできることからはじめてみましょう。

今回は美人な女性が、日々意識して行っている習慣をご紹介します。

美人に隠された秘密とは。

美人は≪運動≫を習慣にしている

健康的なスタイルは、男女ともに見ても素敵ですね。

細いだけの時代はもう終わり。

筋肉で引き締まった体は健康的で、とてもセクシーです。

海外ではフィットネスが盛んで身近な存在です。

日本でも、少しずつヨガやジムに通って鍛える芸能人も増えてきましたね。

運動は無理してする必要はありません。

突然、激しい運動をしても長続きしないので、できることから初めてみましょう。

おすすめの運動

・ヨガ
・ウォーキング(通勤時間を徒歩でなど)
・水泳

 

自炊をして≪食≫に意識を向ける

 

外見だけ着飾っただけでは美人にはなれません。

普段、口から入れるもので私たちの体はできています。

忙しくて簡単に買えるコンビニ弁当や外食が多くはなっていませんか?

自炊を意識するだけで、食への意識が高まります。

自分が口にするもの対して興味を持つことから始めるといいですね。

おすすめのレシピ

・お味噌汁
・丼物
・パスタ

まずは時短でできるレシピに挑戦してみましょう。

美人はおしゃれを楽しんでいる

美人な女性は、自分が魅力的に映る似合う服装を知っています。

流行のファッションも素敵ですが、振り回されてはいませんか?

自分がコンプレックスと感じている部分も、見せ方によっては魅力へと変わります。

また、自分に合ったサイズの服を着ることも重要なポイントです。

パーソナルカラー診断などで、自分に似合う色を探してみるのもいいですね。

意外と見られているのが足元の靴と指先のネイル。

汚れや痛みのある靴は履いていませんか?

ネイルも無理にする必要はありません。

剥がれた状態のネイルが続くよりは、綺麗に整えられた爪の方が好印象です。

おしゃれへの一歩

・自分の服のサイズをきちんと計る
・服の色を見直してみる
・靴や爪は清潔感があるか

美人は食べ方や座り方などの≪仕草≫が美しい

美人は、ひとつひとつの動きに美しさを感じます。

その美しさの秘訣として≪姿勢≫が大きく関わってきます。

猫背の状態だと、美しい魅力的な洋服も台無しです。

ストレッチや整体などで、骨盤のゆがみを正してあげる必要があります。

食事の最中で目にいくのは、お箸の持ち方。

度々、芸能人の箸の持ち方が話題になることも少なくはありません。

食事中のマナーに関する最小限の知識も頭に入れておくといいですね。

美人な動きの一歩

・姿勢を正しくする
・座っているときは脚が開いていないか?
・お箸の持ち方をチェック

美人は一生懸命になれる何かを持っている

美人は自分が夢中になれるものを持っています。

自分が得意なこと好きなことをやってみるのもいいですね。

また自分磨きやスキルアップを目指して、資格取得などに挑戦してみるのもいいでしょう。

何かに一生懸命に取り組むことができる人は、男女問わず魅力的に映ります。

少しずつ積み重ねていくことで、自分自身の自信にも繋がります。

謙虚で自分に自信のない日本人も多いですが、自分を信じることができる人は美しいです。

得意なもの夢中になれるものを褒められた時は、素直に「ありがとう」と言えると最高ですね。

夢中になれるものを探す一歩

・得意なこと、好きなことを続けてみる
・資格取得に挑戦する
・習い事や教室に通う

美人は口元がしっかりしている

口角は下がってへの字になってはいませんか?

美人は口角がやや上がっている状態がノーマルです。

また口から出ていく言葉にも気を使っています。

不平や不満または人の悪口ばかり言う人は、本当の美人とは呼べないでしょう。

噂などには参加せずに、口が堅いことで周りの信頼を得ることもできます。

口角は表情筋を鍛えることで、上げることができます。

顔をストレッチすることで、顔全体もシャープになるので一石二鳥です。

口元に意識を向ける一歩

・普段どんな言葉を使っているか?
・表情筋が鍛えられるストレッチ
・口元をきちんと閉める

美人は小さなことの積み重ねでできている

今回は、美人な女性の習慣を紹介しました。

あなたの周りには、美人だ素敵だと思える女性がいますか?

素敵だと思う所を自分でも取り入れるのもいいですね。

小さなことでも積み重ねると大きなものになります。

美人は小さなことの積み重ね、できることからでいいのです。

今日から1つでもいいので習慣にしてみませんか?