肌の調子が悪いのは《インナードライ》が原因?潤いケアで美肌になろう

意外と気付きにくい!インナードライとは?

内側は乾燥して外側は皮脂でテカる状態

「化粧ノリが良くない」「テカりやすいのに、カサつきも感じる」といった肌の不調がある場合に考えられるのが、インナードライです。インナードライとは、内側は乾燥しているのに外側は皮脂でテカりのある状態になっている肌のこと。放っておくと乾燥がどんどん進んで肌荒れの原因にもなってしまいます。

肌の表面がテカりやすいために「自分はオイリー肌だ」と勘違いして間違ったケアをしていると、インナードライが進む可能性が高くなるので注意が必要。インナードライの場合は、それに見合ったケアをしていくことで皮脂のテカりや乾燥によるカサつきを防ぐことができます。

インナードライを引きおこす原因

紫外線や室内空調による乾燥

インナードライの原因としてまずあげられるのが、紫外線による乾燥。紫外線はメラニンを生成してシミなどを引きおこす他に、肌の乾燥を進めると言われているので紫外線対策はしっかりと行うことが必要です。

また、室内にいる場合も乾燥に注意。暖房や冷房といった室内空調は肌の乾燥を引き起こしやすいので、知らない間にインナードライになっている可能性があります。肌は環境によって状態が左右されることが多いため、肌の調子が悪いときは自分のいる環境をチェックしてみましょう。

表面の皮脂を取りすぎている

インナードライは、皮脂の取りすぎによっても引き起こされることがあります。「顔がテカるから」という理由で何回も洗顔をしたり、脂取り紙で皮脂をこまめに取っていませんか?実はこれがインナードライの原因になっているかもしれません。

肌の内側が乾燥していると、表面を守るために皮脂が過剰分泌されます。これがインナードライによるテカりの要因。そのため、肌のテカりをおさえるために皮脂を取りすぎると保湿力が落ちて肌の乾燥が進み、さらに皮脂の過剰分泌が促進されることになると言われています。

今すぐできるインナードライ対策

脂取り紙などで皮脂を拭き取り過ぎるのをやめる

テカりがあるのに肌のカサつきも気になる、という場合はインナードライの可能性があるのでしっかりケアをしていきましょう。まず気をつけておきたいのが、皮脂を取りすぎないということです。

テカりが気になるときは脂取り紙で拭き取ることがよくあるかもしれませんが、これをやり過ぎるとインナードライを促進する原因になるので注意しましょう。よほどテカりが気にならない限りは皮脂を拭き取りすぎないようにするのがポイントです。

洗顔は朝晩の2回にとどめる

テカりが気になるときは、皮脂を取るためにたくさん洗顔をしたくなりますよね。しかし、必要以上の洗顔は肌に必要な皮脂や水分を洗い流し、さらに乾燥を進めてしまうので逆効果。インナードライを防ぐためにも1日2回程度の洗顔にしておきましょう。

使用する洗顔料に関しても、低刺激のものを使うのがおすすめ。インナードライの肌はデリケートな状態になっているので、肌を守るという意味でも刺激の少ない洗顔料を使ってみましょう。

洗顔は30〜35度のぬるま湯で行う

洗顔するときのお湯の温度も大切。高すぎる温度で洗顔をすると肌の刺激となり、必要な皮脂も取り除かれてしまいます。洗顔をするときに最適と言われている温度が30〜35度。少しひんやりとする程度の温度に設定しておくと、肌の保水力を落とすことなく洗顔できます。

化粧水で角質までしっかり保湿

インナードライは角質にまで潤いが行き渡っていないために皮脂が過剰分泌されている状態になっているので、しっかりと保湿をすることも重要です。洗顔が終わったらなるべく早めに化粧水で保湿をしていきましょう。

角質層にまで届く保湿力の高い化粧水がおすすめです。肌全体に潤いが行き渡るように意識して保湿を行ってみてくださいね。

乳液やクリームで水分に蓋をする

化粧水で保湿をしたら、乳液やクリームを使って蓋をしていきます。化粧水だけだと、時間が経つごとに水分が蒸発して乾燥した状態になってしまうため化粧品で油分を補うことが大切なポイント。乳液やクリームで油膜を作っておけば、肌を守るために皮脂が過剰分泌されることも少なくなります。

インナードライをケアしてきれいな肌を手に入れよう

インナードライはケアをしていくことで改善することができます。肌にしっかりと潤いを与えて、美肌に近づいていきましょう。