いくつになってもかっこいい!ベテラン実力派俳優「吉田栄作」さんの波乱万丈な俳優人生

Let’s Get Out!~20th Anniversary Best~(DVD付)

かつてトレンディドラマで一斉風靡した吉田栄作さんの栄光と苦悩

1990年代、トレンディドラマ俳優として一世を風靡した俳優さんがいます。吉田栄作さんです。

加勢大周さんや織田裕二さんとともに「トレンンディ御三家」などと呼ばれていましたよね。爽やかな笑顔とTシャツ、デニムが彼のシンボルマークで、そのファッションを真似する人は後を絶ちませんでした。

そんなかつての超人気俳優吉田栄作さんですが、最近はあまりメディアへの露出が多くありませんよね。なぜあまりテレビで見かけなくなってしまったのでしょうか?

今回は吉田栄作さんの波乱万丈な役者人生について、徹底解説します。

吉田栄作さんのプロフィール

吉田栄作さんの出身地は神奈川県です。1969年1月3日生まれで2018年現在49歳になります。

デビュー前はいわゆる「ツッパリ」だったようで、矢沢永吉さんの大ファンだったそうです。後に先輩である中山秀征さんともエーチャン話で意気投合し、仲よくなりました。

モデル俳優のはしりだった吉田栄作さん

もう誰も愛さない BOX [DVD]

デビューのきっかけは「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」に出場しグランプリを獲得したことです。映画「ガラスの中の少女」で銀幕デビューしました。

ちなみにこの当時に吉田栄作さんとともにモデルオーディションをきっかけとしてデビューしたり、元モデルだったり、という新しいタイプの俳優さんが何人か生まれています。阿部寛さんや風間トオルさんなどがその同期に該当する人物で、現在でも一線で活躍されている俳優さんが多いのです。

吉田栄作さんの人気を決定づけたのは、テレビドラマ「もう誰も愛さない」という作品でした。この作品で吉田栄作さんが見事な演技力を見せつけ業界にも視聴者にも高い評価を得たからこそ、「モデル上がりは顔だけ」という偏見が払しょくされたのです。

歌手デビューも大成功!あのYOSHIKIもプロデュース

今を抱きしめて [NOA]

1989年には歌手としてもデビューしています。オリジナル曲を歌ったり、チューリップの「心の旅」をカバーをしたり、なにかと話題になりました。歌手としてもかなりの成功を収めており、紅白歌合戦に参加したこともあります。

あのXJAPANのYOSHIKIがプロデュースし仙道敦子さんと共演した「今を抱きしめて」という作品が、第36回日本レコード大賞で優秀賞に選ばれたこともありました。

ちなみに当時のYOSHIKIさんは今以上の天才肌で、自他ともに認める「奇人」でした。若かりし日は「カレーが辛かった」という理由でホテルの窓からテレビを投げ捨てた、なんて逸話もあるほどの人物です。

しかし音楽への熱は凄まじいもので、それが暴走してメンバーに火の粉が飛ぶこともあったそうです。そんなYOSHIKIさんがプロデュースしたということは、吉田栄作さんになにか歌い手として認めるところがあったのかもしれません。

吉田栄作さんの「芸風」が災いし・・・

しかし、そんな輝かしい役者人生を歩んでいた吉田栄作さんにも転機が訪れることになります。簡単に言えば「人気の低迷」です。

当時の吉田栄作さんはかなり「生意気」な芸風でした。それが悪い方に転じてしまい、業界や視聴者から悪印象となってしまったのです。

芸能活動休止とアメリカでも役者修行

1995年、そんな向かい風もあってか吉田栄作さんは芸能活動を休止することになります。そして俳優としてより高みを目指すため、アメリカに修行に出かけたのです。

さらにこの時期吉田栄作さんは「平子理沙」さんとご結婚されています。時期も時期だったために「ヒモ」などと揶揄する心無いコメンテーターも多かったようです。

渡米はしたものの、なかなかオーディションに受かることはありませんでした。あちらでかなりのご苦労をされたようで、皿洗いのバイトなどもしたそうです。

帰国後の俳優復帰と「マネーの虎」

1998年、そんな苦労を経験し初診に帰った吉田栄作さんは帰国します。そしてNHKのテレビドラマ「流通戦争」にて俳優業を再開させたのです。

そしてさらに追い風となったのが「マネーの虎」でした。マネーの虎は当時かなり話題となったバラエティ番組で、この番組で吉田栄作さんは司会を務めたのです。これによって再び吉田栄作と言う俳優の存在感を示すこととなりました。

昔とは一味違うかっこよさ!現在の吉田栄作さん

そんな吉田栄作さんは最近、また俳優として度々テレビで活躍されるようになってきました。もちろん全盛期だった1990年代ほどの露出はありませんが、ベテラン実力派俳優として作品の重要な役どころを見事に演じています。

昔のように「かっこいい」だけの役でなく、老いを感じさせる白髪頭の役柄なども演じるようになり、その確かな演技力が再評価されるようになったのです。もちろん、顔が顔ですのでかっこいいことには違いないのですが、全盛期とはまったく種類の異なる「かっこよさ」になったのです。

まとめ

吉田栄作さんはモデル出身俳優としての「はしり」に該当する人物で、1990年代には一世を風靡するほどの人気俳優となりました。歌手としても成功しており、あのYOSHIKIさんもプロデュースしています。

しかし人気が低迷してしまい、俳優業を休止し、渡米します。帰国後はマネーの虎で再度視聴者に存在感をアピールし、現在は昔と違った飾らない大人のかっこよさを醸し出すベテラン実力派俳優として活躍されているのです。