あっという間に作れる!朝は《お弁当時短アイディア》を活用しよう

時短アイディアを使えばお弁当作りも苦じゃない

億劫に感じないお弁当の作り方を心がけよう

「手作りお弁当が節約にも健康にも良いことはわかるけど、朝の忙しい時間に作るのは億劫」と感じている方は多いのではないでしょうか。確かに忙しい朝は十分な時間がとれず、お弁当作りを躊躇してしまうのは否めません。

そんな朝の時間だからこそ、時短できるアイディアを取り入れていくことが大切。短時間でもあっという間に作れるお弁当のコツを知っておけば毎日のお弁当作りが苦になりません。時短アイディアを参考にしながらお弁当作りにチャレンジしてみませんか?

手作りお弁当はメリットがたくさん

ランチ代を節約できる

手作りお弁当にはいろいろなメリットがたくさんあります。まずあげられるメリットが、ランチ代を節約できるということ。毎日のランチ代は総額にすると、意外とたくさんかかっています。ランチ代のために食費がかさんでしまったということもよくあるのではないでしょうか。

お弁当を作っていけば、お店でランチを食べるよりもぐっと費用をおさえることが可能。節約をしたい時にぴったりな方法です。

栄養バランスを整えられる

外食ばかりだと、どうしても栄養バランスが崩れてしまいます。炭水化物や脂質が多いランチばかりで野菜不足になってしまうなど、気づかないうちに必要な栄養がとれていないようになっていませんか?

手作りお弁当は不足しがちな野菜やタンパク質など必要な栄養を補いたい時にもおすすめ。自分で意識してお弁当のおかずを決めていくことで、栄養満点なお弁当をランチタイムに楽しめます。

休日に常備菜をまとめて作っておく

忙しい平日の朝も楽に

手間をかけずにお弁当を作りたい時に役立つのが常備菜です。日持ちさせることができる常備菜をストックしておけば、お弁当箱に詰めていくだけで良いので忙しい朝の時間帯もお弁当を作ることができるのではないでしょうか。

休日の空いた時間を使って1週間分の常備菜を作っておくと、平日の時間を有効活用することができます。好みの常備菜をストックして美味しいお弁当作りを楽しんでいきましょう。

他の食事にも活用できる

常備菜の良いところは、他の食事にも活用できるということ。食事のローテーションを考えながら常備菜をストックしておくことで、味のバリエーションも増えて飽きることなくいただけます。日々の料理の手間を減らすために常備菜を活用してみてはいかがですか。

前日の夕飯をリメイク

余ったおかずもお弁当に活用できる

前日の夕飯で余ったおかずをリメイクしてお弁当に入れる方法もおすすめ。ちょっとしたアレンジをするだけで違った味のおかずになるので、次の日も美味しくいただくことができます。

前日に作ったかぼちゃの煮物が余った場合は潰してマヨネーズとツナを加えれば、かぼちゃサラダのできあがり。このように調味料をプラスすることで違う味わいになるので、お好みの方法でリメイクしてみてくださいね。

丼弁当なら時間がかからない

ご飯におかずをのっけて簡単に作ろう

時間がかからない簡単なお弁当としてぴったりなのが丼弁当です。普通のお弁当はおかずの詰め方などを考えながら作らなければならないですが、丼弁当であれば具材をご飯の上にのせていくだけで作れるのでお弁当作りも苦になりません。

ひき肉を甘辛く炒めてご飯の上にのせ、目玉焼きをトッピングすればガパオライス風丼弁当の完成。牛丼弁当や親子丼弁当など、時短で作れる丼弁当にチャレンジしてみてはいかがですか。

スープジャーを使って簡単お弁当作り

お弁当の幅が広がるスープジャー

お弁当の便利アイテムとして人気を集めているのがスープジャー。スープジャーが1つあるだけで、お弁当の幅をぐっと広げることができます。野菜たっぷりのスープや味噌汁などお好みの汁物を入れていただいてみてはいかがですか。

スープと主食があるだけ満足度もばっちり

具沢山のスープを作っておけば、あとは簡単なおにぎりやサンドイッチがあれば満足感のあるお弁当に仕上げることができます。ぜひスープジャーをお弁当作りに活用してみてはいかがですか。

時短のコツをつかんで美味しいお弁当を作ろう

お弁当作りを億劫に感じないようにするためには工夫が必要。時短アイディアを取り入れてお弁当を作ってみてくださいね。