知らないうちに乾燥肌に?《クーラー乾燥対策》で肌を守ろう

いつの間にかなっているクーラー乾燥に注意!

空調の効いた場所でなりやすい乾燥肌

夏の暑い時期、クーラーの効いたオフィスに長い時間いると「あれ、肌が乾燥している?」と感じることはありませんか。実は空調が常に稼働されている場所にいると肌が乾燥しやすく、いつの間にかカサカサとした状態になっている場合がよくあります。

こうしたクーラー乾燥は、しっかりと対策をしておかないと夏の間に乾燥肌を促進する可能性があるので注意が必要。クーラーの効いた場所に長時間いることが多い夏だからこそ、乾燥対策をして美肌をキープしていきましょう。

なぜクーラー乾燥になるの?

熱をとるために空気中の湿度も下げる

そもそも、なぜクーラーの効いた部屋だと乾燥しやすいのでしょうか。クーラーは室内の温度を下げるために空気中の水分も取り除く働きがあります。そのため、クーラーをつけていると湿度も下がるのが特徴。

夏は本来、湿度が高くて蒸しやすい時期ですがクーラーは湿度を下げることで温度も下げ、快適な空間を作ります。しかし湿度が下がれば、その分だけ肌も乾燥しやすくなるためクーラー乾燥が引き起こされるということ。クーラーをつける時期は、いつも以上に乾燥対策をしておく必要があります。

汗をかいた後もクーラー乾燥になりやすい

暑い時期に外を歩いていると汗をかきますよね。汗をかいた状態でクーラーの効いた部屋に入ると、汗が蒸発して乾燥状態になります。再び外に出て汗をかき、またクーラーで汗が蒸発するといったことが繰り返されることで肌はどんどん乾燥。こうして、気づかないうちにカサカサとした乾燥肌になってしまいます。

クーラー乾燥を防ぐポイント

テカりはティッシュオフで対策

クーラーをつける時期は乾燥肌になりやすいですが対策を取り入れていけば安心です。夏の時期は皮脂で顔がテカりやすくなるため脂取り紙で皮脂をオフすることがあるかもしれませんが、この場合はティッシュを使う方法がおすすめ。

脂取り紙だと必要な皮脂まで吸収して肌が乾燥する原因となるため、クーラー乾燥がさらに促進されてしまいます。ティッシュでテカりをオフすれば、皮脂を取りすぎるということはないので肌のきれいな状態を保ちながら乾燥を防げるのではないでしょうか。

メイク直し前は乳液で保湿

皮脂をティッシュオフした後にメイク直しをしたい場合は、乳液を活用しましょう。テカりをとってから乳液で保湿をすることによって乾燥から肌を守ることができます。

乳液は肌になじみやすく、暑さによる汗を弾く働きもあるので夏の化粧直しにぴったりなアイテム。乳液で肌全体に潤いを与えてからファンデーションなどでメイク直しをしていきましょう。

保湿効果の高いゲルクリームもおすすめ

乳液の他には、保湿効果が高く肌になじみやすいゲルクリームも乾燥対策に最適。クリームと乳液の中間のような質感のゲルクリームは、化城直しの時の保湿に使いやすいので取り入れてみてはいかがですか。

水分と油分の両方が含まれているため、保湿をしながら乾燥から肌を守ることができます。化粧直しの時のメイクのりも良くなるので、きれいな肌の状態を長時間保つことができるのも嬉しいポイント。

部屋が涼しくなったら加湿器をオン

クーラーで空間が涼しくなるのに伴って湿度も下がるため、加湿器を使って不足した空気中の水分を補うのも1つの方法です。しかし、クーラーを起動した直後に加湿器をつけると気温が下がりにくくなるので、つけるタイミングが大切。

加湿器を使いたい場合は、クーラーで部屋を涼しくしてからスイッチを入れるようにしましょう。涼しくなった段階であれば、加湿器をつけてもクーラーの働きの妨げになりません。オフィスではミニサイズの加湿器を使うなどして工夫してみましょう。

冷房のきつい場所ではマスクを着用

職場などで冷房がきつい場所に長時間いなくてはならない場合は、マスクで対策するのもおすすめ。マスクをしておけば内部が保湿され、クーラー乾燥を防ぐことができます。

最近はメイクが落ちにくいマスクもあるので、気軽に活用することが可能。喉の乾燥対策にもなるため便利なアイテムとして活用できます。

対策を練ってクーラー乾燥から肌を守ろう

クーラー乾燥は知らない間に起きてしまうので、夏のシーズンが来たら対策が必要。潤いのある肌を保つために気をつけてみてくださいね。