旬の美味しさが詰まった!栄養満点の《干し野菜》を作ろう

栄養が豊富な干し野菜

通常の野菜よりも栄養がぎゅっと凝縮された干し野菜。

干ししいたけや切り干し大根など料理で使ったことがある人も多いはず。

野菜を太陽の光に干すことで、栄養価が増すといわれています。

その他にも、干し野菜には女性に嬉しいメリットがたくさんあります。

干し野菜のメリットと干し野菜の自宅での作り方を紹介します。

上手に干し野菜を取り入れて、健康的な食生活に。

 

女性に嬉しい干し野菜のメリット

野菜を使うなら、新鮮な野菜の方がいいのでは?

そんな疑問を感じる人も多いと思います。

ですが、干し野菜には通常の野菜にはない、干し野菜ならではのメリットがあるのです。

 

長期間保存が可能に

干し野菜は、野菜を太陽の光で干してあげることで水分が飛ばされます。

乾燥した状態なので、野菜でも長期間保存が可能になります。

傷みやすい野菜も干し野菜にしてあげることで、野菜を無駄にすることがないため経済的でもあります。

(保存期間目安 完全乾燥だと数週間 半乾燥だと冷蔵庫で1週間程度)

 

栄養価も高く安心で安全

野菜を太陽の光に干してあげることで、栄養価が増します。

ビタミンDや女性に不足しがちな鉄分などの栄養素の摂取に期待ができます。

また、自分自身で干し野菜を作ることで、添加物などを使わず安全な干し野菜を作って食べることができます。

 

手軽に野菜を摂取

一度乾燥された野菜は、汁物などにもさっと入れて手軽に使うことができます。

事前に干し野菜を準備しておけば、作るたびに野菜を切ったりする必要なしです。

干し野菜ならではの、噛み応えもクセになります。

 

 

干し野菜の作り方

干し野菜を作る上での簡単な流れを説明します。

 

必要なもの

干し野菜を作る際に必要な道具を紹介します。

・竹ざるorドライフードメーカー

・ネット(虫などが心配な場合)

・水分が少ない乾燥させる野菜(旬野菜がおすすめ)

 

干し野菜を作るまでの流れ

①干すための野菜を洗い切ります。

薄くすればするほど、乾燥するまでのスピードが早くなります。

お好みのサイズ感で用意してください。

 

②カットした野菜を干す

カットした野菜は竹ざるに広げて干します。

重ならないように、離して干してあげると良いでしょう。

表面が乾いてきたら、裏返して反対側も干すようにしましょう。

 

③干し野菜の完成

干した野菜を触って、硬く乾いたら完成です。

きれいな容器に干し野菜を保管しましょう。

乾燥剤を一緒に入れておくといいですね。

 

④色々な料理に干し野菜を活用

お味噌汁などの汁物から、干し野菜をそのまま油で揚げて野菜チップスにしておやつにするのもいいですね。

パスタの具材など、幅広い料理で活用できます。

 

干し野菜を作る際の注意点

これから実際に干し野菜を作ろうと思った時に役立つ、注意点をまとめました。

 

干し野菜に適さない野菜がある

干し野菜を作る際に、野菜には干し野菜に向いている種類とそうではないものがあります。

主に水分を多く含む野菜は、あまり干し野菜に適してない野菜と言えます。

 

乾燥しやすい天気がいい日に

干し野菜を作る際は天候に左右されます。

天気がいい日が数日続く日に作業を行うのがベストと言えます。

じめじめした日に作業を行うと、カビが生えてしまう原因になるので注意が必要です。

現在はドライフードメーカーも販売されています。

そういった道具を使うと天候にも左右されずに、いつでも干し野菜などを作ることが可能になります。

 

いろいろな野菜を干してみよう

今回は干し野菜の魅力から作り方まで紹介しました。

少し手間を加えてあげることで、本来の野菜とは違った魅力を楽しめます。

完成までに時間はかかりますが、手間をかける丁寧な生活も素敵なものです。

旬の野菜を干し野菜にして、お料理に活用してみてはいかがでしょうか?