単色ネイルにおすすめのカラーとは?シンプルにおしゃれをアップしよう

単色ネイルはネイルを施す難易度が低いため、初心者にも人気のデザインです。それだけに他の人とは差別化がしにくいという欠点があります。かといって奇抜な方向に走ってはおかしな目で見られることもありますし、社会人として似合わないといわれる恐れもあるでしょう。そこで、今回は単色ネイルにおすすめの色はどんなものがあるのかを紹介します。

単色ネイルは可愛く仕上がる要素がある

単色ネイルは見出しにあるように「誰でも可愛く仕上がる」という大きなメリットがあります。なんとなく複雑なネイルが苦手ということで単色ネイルに落ち着いてしまっている方でも、メリットを再確認すれば前向きにとらえることが出来るようになるでしょう。

また、単色ネイルはネイルの基本にもなりますので、基本をおろそかにしてはいけないという先人の教えにも従ったほうがいいです。

爪が短くても可愛く仕上がる

爪がある程度の長さがあるという方はネイルでもいろいろとデザインを設けることが可能となりますが、オフィス用と考えた場合は爪を長くすることは出来ないので、遊び心を発揮することができません。

そんなあまりデザインにこれない状況でもかわいく仕上げることが出来るのが単色ネイルなのです。複雑にしないからこそ味がある美しさというものが存在するように、複雑にしないからこそ発揮される可愛さがここにあります。

会社でもOKなデザインになる

会社によってネイルのOKとなる線引きは異なりますが、単色のようなそこまで派手ではないネイルは暗黙の了解でOKになっている会社は多いのでオフィスネイルとして非常に使い勝手が良いという大きな利点があります。転職して前の会社の気分でちょっと派手なネイルをした結果、注意されてしまって印象をマイナスに傾けてしまったということにならないのです。

見た目から発する印象を覆すためにはかなりの努力が必要なので、大きなマイナススタートになってしまうと最悪だと1年間は人間関係構築に苦戦することになるでしょう。そのマイナススタートも防げるようになりますので、気兼ねなく使ってよいネイルは用意しておくと安心感がかなり増します。
もちろん、会社によっては単色ネイルも派手なものはNGとしているところがありますので、事前に確認したほうがより安全となります。自己アピールも大切ですが、逸脱した行動にならないように注意しましょう。

ネイルが苦手な男性でも好感を持ちやすい

昨今の男性は草食系男子を通り越して絶食系男子が闊歩する世の中であり、自己主張が強すぎる女性に対しては一歩引いてしまう男性が多くなっております。派手なネイルをして「私を見て」と言わんばかりにアピールしている女性を見ると、自然と一歩引いてしまいそのまま立ち去るような姿勢を見せてしまいます。
また、実用性がないし社会人としてどうだろう・・・という印象になりがちで、派手さが裏目に出るケースが多くなっているのです。

逆に人気があるのが、シンプルでさりげない装飾と言われている単色系のネイルです。こちらは清潔感もありながらちょっとした女性らしさをアピールできるため、異性に悪印象を抱かれることが少なく好感を持たれやすいというメリットがあります。
全く手入れをしていない爪を見た男性は嫌悪感を抱く癖に派手すぎるネイルを見ても嫌悪感を抱かれますので、ちょうどいいネイルである単色ネイルを駆使していい意味で男性の注目を集めてしまいましょう。

セルフネイルも簡単にできる

単色ネイルのメリットの中でも女性視点でありがたいと思うシーンは、やっぱり簡単にセルフネイルができてしまうことです。派手になればなるほどセルフネイルの難易度も上がってしまいますが単色ネイルはシンプルな仕上がりで多少練習するだけである程度はこなせるようになりますので、女性の大きな味方となってくれます。どんなに美しくなれるものでも実現性が限りなく少ないものは実用性がゼロの無用の長物になってしまいますので、セルフネイルの難易度も考えてネイルを選ぶことも忘れないようにしてください。

単色ネイルにおすすめの色

単色ネイルのメリットはこのように単色ならではのものがいろいろと見つかりました。しかし、色によって与えるイメージが非常に異なるので、ここでは使い勝手の良い色を具体的にお勧めをしていきます。

ピンク

単色ネイルというのは一番自然な雰囲気を表すことが出来るという特徴があるので、その特長を最大限に活かすためにはナチュラルカラーを採用することで利点がより強調されるようになります。
ピンクはもともと女性らしい色であり優しさを表す色となっていますので、多少厳しい規律がある会社であっても問題ない色として使える可能性が高いです。単色ネイルで困った方はピンクを用意すればハズレはないでしょう。

ベージュ

ピンク色が女性らしい可愛らしさをアピールする目的があるのならば、こちらはよりナチュラルな部分を強調する効果があるネイルです。人によってはネイルをしているということに気が付かないこともあるでしょう。

この上なくシンプルで美しいネイルとなりますので、安全なネイルを使いたいけど美しく見せたいという方にはおすすめとなります。

大人気のグレージュ

ベージュカラーとグレーカラーの中間の色となっているグレージュはグレーよりの色にするのか、ベージュよりの色にするのかでイメージが強く変わる色でもあります。画像の歯赤みが出ているベージュよりのグレージュで日本人の髪の毛にも用いられる色になります。

くすみカラーのブルーグリーン

今まで紹介してきたものはナチュラルカラーの控えめのものが多かったですが、ブルーグリーンは多少勝負したいという方向けの単色カラーとなります。いわゆる青と緑の中間にあたるブルーグリーンは明るいトーンにするのかくらいトーンにするのかで大きくイメージが変わりますので、自分好みの色をチョイスしましょう。青はクールなイメージや知的なイメージを与えますので、己のアピールにも使えるでしょう。

単色ネイルにおすすめのアート

単色ネイルでさらなる特徴を出す方法は単純ながらも強烈な個性を引き出すことが出来るアートを駆使することです。難易度はそこまで高くはないので画像をもとにチャレンジすることをおすすめします。

ただし難易度は低いといっても最初のチャレンジでは失敗することもありますので、チャレンジ精神旺盛に挑んでいきましょう。

ワイヤーネイル

ワイヤーネイルは名前の通り針金を使っているネイルで、100均ショップでも手に入ります。ただし、ゴールドやシルバーでイメージが大きく変わりますし、太さでも印象が異なりますので、イメージにマッチするものを模索する作業は必要になるでしょう。セルフネイルの難易度はそこまで高くないので、何回もチャレンジできるのが特徴です。

ラメグラデーション

グラデーションネイルも初心者ご用達のネイルでちょっとした努力でより綺麗に見せることが可能となっております。ただし、色がなじみにくいカラーはグラデーションネイルに不適合なので、ある程度はラメ感やクリア感があるものを選びましょう。単色カラーとラメグラを組み合わせるだけで、爪から与えられるイメージが大きく変わります。

シンプルなストーンアート

ネイルアートに使うキラキラしている石がネイルストーンです。このネイルストーンは単色ネイルに用いることで非常に華やかなものへと進化させてくれる性質があるので、単色ネイルに飽きてしまったという方はストーンアートにチャレンジするといいでしょう。このネイルストーンにはパールストーンやガラスストーン、アクリルなどいろんな種類がありますので、お好みのものを探すことからスタートしましょう。

ホログラムネイル

ホログラムネイルとは特殊なフィルム素材を使った華やかなネイルで単色ネイルから大きく異なる印象を与えることが出来るでしょう。やり方も好きな位置にホログラムを乗せるだけというシンプルなものなので、苦戦することはなくその時の気分で実行できます。組み合わせも自由ですので、自分の感性に適しているものを使って自己主張するといいでしょう。

ただし、貼りすぎると単色ネイルのイメージから逸脱しすぎてど派手なネイルになり、オフィスネイルとしては使えなくなってしまいますので、オフィスネイル向けの単色ネイルという特徴を捨てないように抑える気持ちも重要になります。いろいろと可愛いホログラムは存在していますが、そちらにつられてしまうと大失敗する恐れもありますので、自分自身で線引きしながら組み合わせてください。

まとめ

単色系ネイルはホログラムやラメグラデーションを用いなくても美しさや可愛さを際立たせることが出来ますので、活用できる範囲はかなり広いです。より勝負をしたいという方は後半で紹介したホログラムやラメグラデーションを用いて自己主張をすればよいでしょうし、発展性の高さも文句なく合格と言えるでしょう。

また、ネイル初心者の入門編としても単色ネイルは使い勝手が良いので、まずはきちんと使いこなせるようになってから、いろんな発展ネイルにつなげていくことが重要になります。いきなり応用から入ってもうまくいきませんので、基本からこなしていくようにしましょう。自分の技術に自信をつけてからステップアップする意識を持って行動してください。