ネイルライトの選び方とおすすめ10選

ジェルネイルのアイテムが通販などで気軽に手に入るようになって、以前にも増して身近に感じるようになった人も多いのではないでしょうか。ジェルネイルのセルフキットなど種類が豊富にあり、中でも専用ライトについては、どんな違いがあるのかイマイチ分からないこともあるかと思います。今回はネイルライトに特化した基礎知識をまとめてみました。

ネイルライトの選び方

UVライトはワット数が大きい方が硬化に時間がかからない

ネイルキットにUVライトが同梱されている時は、通常W数が表示されるのですが、大半は36Wと表示されています。たまに16Wあるいは48Wと表記される事もあります。UVライトを撰ぶ際にはW数を重視して撰ぶのが賢明です。数字が大きいものほど消費電力が大きくなりますから、硬化時間もその分縮まります。アクセサリーで知られるレジンはUVでかたまる物質ですから、ネイルと合わせてレジンでのパーツを自作したい人にはとても重宝します。ただし、レジンはジェルネイルの代用はできませんので、それぞれの使用方法を守って、区別して使うようにしてください。

LEDライトはワット数よりも波長を意識して選ぶ

LEDは昨今多種多様な分野で注目されて、急速に普及が進んでいます。ネイル硬化にもLEDライトの活用が主流になりつつあります。LEDラインではW数よりも問題になるのは波長でnm(ナノメートル)であり、大半は400nm以上の可視光線でジェルを硬化させます。nmでLEDとUVを比較すると、LEDの方が遙かに波長数が大きく、消費電力も小さい分だけ経費が高額になりやすいのですが、対応ジェルを数分で硬化させる事ができます。

ジェルメーカーによって対応しているライトの種類があることに注意

数は少なくてもまだまだUVライトに対応するジェルメーカーも存在します。LEDと両方対応と説明書きされているものは、400nm以下のUV–LEDライトで、対応ジェルの範囲もかなり広いのが特徴です。激安をうたうネイルキットの中には安価なUVライト対応のものを見つけますが、価格は高めです。同じLEDでも標準タイプのものは比較的安価な割に適応するジェルが限られてきます。ライトを撰ぶ際にはこの違いを見極める事が賢明です。それによって硬化までの放射時間や肌への影響なども違ってくるからです。

収納する場所や使いたい場所に応じてサイズを考えて選ぶ

セルフネイルを実施する人が増えている事に伴い、ペン型LEDライトなど携帯用ライトなども見かけるようになりました。速乾性が大きいのはドーム型のライトです。サロン仕様のものの中にUV-LEDなど対応力が大きいものも多々ありますが、かなり高額になります。セルフキットに同封されているものの多くは、12Wあるいは24wなど消費電力が小さいものですが、数分で硬化する機能が充分ありますから、セルフならこれで充分です。

初心者におすすめ一式ついてくるジェルネイルキット4選

ジェルネイル スターターキット UV.LEDライト24W

■280点【カラージェル10個付き】新作UV.LEDライトも要チェック!ジェルネイル スターターキット [280点プロキット] ライト[6wUV.LED/SUNmini2]:ピンク:(A) ベーシックセット

最新式24Wから48wまでの3点から選べるUV―LEDライト、同じく10色のジェルネイル、アートパーツを含めて280点も付いて5000円からという価格設定は安すぎます。初心者向けとはありますがプロ御用達の道具ですから、品質はかなりいいようです。

SHINYGEL ジェルネイルキット(デジタルタイマー搭載コンパクト16WLEDランプ&定番カラー2色付)

SHINYGEL シャイニージェル Amazon限定 ジェルネイルキット(デジタルタイマー搭載コンパクト16WLEDランプ&定番カラー2色付)

通販で手に入れられるキットはLEDライトが標準でつくタイプが普通になってきました。こちらの機器は16wで放射時間が数十秒というタイプです。サロン仕様の高品質なジェルが、届いたその日から始められるように、アイテム一式が揃っています。

Aukuy UV/LEDネイルドライヤーセット ジェルネイルキット

Aukuy UV/LEDネイルドライヤーセット ジェルネイルキット ジン基本の道具と材料 36Wダブルハイパワー ネイル硬化用ライト本体 甘皮処理プロキット ネイルアートキット ジェルネイル用 人気 ジェルネイルキット uv ベース トップコートセット(このセットで十分)

ネイルケアからネイルアートまで通して作業ができる、セルフ向け定番セットです。UV―LEDライトですからジェルネイルはもちろん、レジンでのアクセサリー製作やパーツの手作りも合わせて楽しみたい人にオススメです。ネイルに大事な甘皮処理をプロ仕様の道具でできるのは魅力的です。これだけついて5000円を切る価格はかなりお買い得です。36wという高性能なライトならかなり節約できます。

UniqueMall 24WランプUV LED カラージェル5色付 初心者 ジェルネイルキット

UniqueMall 24WランプUV LEDは、オングレーのセクシーなランプを着用しています。カラージェル5色付 初心者 ジェルネイルキット

UniqueMallは人気のメーカーのため、商品の品質も信頼できます。初心者向けとはありますが、甘皮や爪処理用道具一式が付いてくる他、アートアイテムも豊富です。豪華な品揃えで3500円という価格設定は、UV―LEDライトが利用できる事を考えれば、かなりお得感があります。備え付けのパーツをそのまま使う事もできますが、自作パーツでオリジナルアートがしたい時にも重宝します。

UVランプおすすめ3選

UV LEDネイルライト 50W ハイパワー

UV LEDネイルライト 50W ハイパワー 赤外線美白機能付き 人感センサー タイマー付き ネイルランプ ネイルドライヤー ジェルネイル 手と足両用 乾燥用 速乾性 タイマー付き

UV―LEDライトだから適用ジェルの範囲が幅広い事に加えて50wという高性能のため、ジェルの速乾性に期待が持てます。これだけ強いW数だとやけどはしないのか不安にもなりますが、放射必要時間がたった30秒あまりである事に加えて、遠赤外線ですから自然光に近く安全性は高いようです。美肌効果も期待でき、軽量で気軽に持ち運びできるのも魅力です。

NAILIO 36W UVライト

NAILIO 36W UVライト 初心者でもジェルネイルとレジンクラフトができるテキストセット【日本正規品6か月保証】

プロ御用達の優れものUVライトです。36Wですからジェルネイルでも重宝しますが、レジンクラフトを楽しみたい人やネイルパーツを自作したい人にもオススメです。レジンとネイル両方の作り方や機器の扱い方も、カラーのガイドブックで確認できるなど、対応も良好です。コスパも良くてかなりお得感もあります。

【リュミエラ】【CX111】36W UVライト

【リュミエラ】【CX111】36W UVライト ハイパワー タイマー付き ジェル レジン【安心の3カ月保証】【分かりやすい取扱説明書付】【カラー:ホワイト】

アクセサリーやネイルパーツを自作したい人のための入門編として、利用するのがオススメです。本格的にやってみたいという人はまずリュミエラで慣れてから次に買い換えても良いでしょう。カラフルで見やすいガイドブックもついていますから、ジェルネイル初心者でも安心して利用できます。もちろん原理は太陽光と一緒ですから安全性も確保されています。

LEDランプおすすめ3選

KEDSUM LEDネイルドライヤー 12W

KEDSUM 12w LEDネイルドライヤー 硬化用ライト マニキュア ジェルネイル用ライト 省エネ 最短硬化 自動パワーオフ 四つのタイマー設定可能(ホワイト)

ジェルネイルをする人には欠かす事ができない硬化用ライトです。今時主流となりつつあるLEDライトの人気商品です。消費電力が12Wですから長持ちしますし、10秒から300秒まで状況に合わせた時間設定が出来る高性能で、体にも環境にもやさしい商品です。解説書は英語のため、ある程度、知識のある方向けの商品になってしまうかもしれません。

HECION LEDジェルネイルライト UVランプ

HECION LEDジェルネイルライト UVランプ ネイルドライヤー 48W ネイル硬化用ライト 30・60・90秒タイマー設定 人感センサー (レッド)

出力が48wと高電力ですから、他社よりも速乾性が期待を持てますしタイマー付きですから、状況に合わせた時間設定も自由自在です。人感センサー付きで、使い勝手も期待できそうです。外観がピンクでかわいらしく、これで3900円ならかなりお買い得です。適用ジェルの範囲も広いですから思う存分ネイルも楽しめるはずです。

UV/LEDライト ハイパワー ジェルネイル用 24W

UV/LEDライト 黒 ハイパワー ジェルネイル用 24W プロ仕様本体 UV/LEDランプ タイマー付き レジンクラフト用にも最適 ネイルドライヤー レジンライト 紫外線ライト レジン液硬化

ジェルネイルとレジン工作両用ですからできる使える範囲が広がります。見た目はコンパクトで持ち運びにも便利です。安い割には実用性がありセルフでジェルネイルやレジン工作をする人にオススメです。外観も黒でスマートなスタイルです。プロ仕様ですから初心者はもちろん、大事に使えばずっと使えます。

まとめ

LEDライト・UVライトそれぞれメリットもデメリットもありますから、違いをしっかり理解して状況に合わせた使い方をしていくのがオススメです。これから本格的にジェルネイルをしてみたい人は、参考にしながら自分にあった機器を探してみてください。