バストアップには豆乳がいいの?バストアップを期待できる豆乳の飲み方

加齢とともになんとなくおっぱいにハリがなくなってきて下がってきている・・・という悩みを抱えている女性は少なくないものです。特にバストアップは、多くの女性にとって実現したいことです。しかし、筋肉トレーニングをすればバストの肉がそぎ落とされているのでは?という悩みもあります。

ここでは、

  • バストアップには豆乳がおすすめ
  • 豆乳はいつ飲むのがポイント?
  • バストアップのための豆乳の注意点

についてまとめてみました。

バストアップには豆乳がおすすめ

バストアップには豆乳がおすすめ
豆乳は健康に良いとしてスイーツにも飲み物にも料理にも重宝されています。そのような豆乳は、アレルギー対策や糖質制限のブームとともに主に女性に人気になっています。ここ20年で生産量が役12倍と急成長を遂げているのが豆乳の市場ですが、どういった点がバストアップに良いのか知っておきましょう。

原材料が大豆であるためイソフラボンを摂取できる

体内に備わっているホルモンはさまざまですが、人間の体の健康を維持するために欠かすことができないものです。特に女性ホルモンの一つ、エストロゲンは乳腺を刺激してバストの成長を促す働きがあります。

豆乳にはイソフラボンという成分が含まれており、イソフラボンはエストロゲンと化学構造式が似ているため、エストロゲンと似た働きをします。そういったイソフラボンが効率的に摂取できるので豆乳は人気です。

大豆イソフラボンはポリフェノールの一種であり、女性らしい身体を作るだけでなく、更年期障害や月経前症候群(PMS)の緩和などが期待できるとされています。抗酸化作用があるのでアンチエイジングのためにも取り入れたいものです。

手軽に取り入れやすい

手軽に取り入れやすい
また、豆乳は手軽に取り入れやすいことも、人気の理由の一つです。豆乳は牛乳と同じようにパックで売られているため、毎日の飲み物として簡単に取り入れることができます

それだけでなく、シチューやグラタンのように乳製品を使う料理に取り入れたり、豆乳鍋のようにダイレクトに食材として使用することもできます。カロリーが心配なデザートも、牛乳や生クリームの代わりに豆乳を使うこともあります。味噌やきな粉といったほかの大豆製品に比べて取り入れやすいのも、豆乳の特徴の一つです。

豆乳はいつ飲むのがポイント?

豆乳はいつ飲むのがポイント?
大豆イソフラボンがバストアップに良いからといって、いつでも取り入れればよいというものではありません。豆乳には1日の中でベストなタイミングがあり、そのポイントを逃さないことが大切です。豆乳をいつ取り入れるとよいのか、豆乳をどのように取り入れば良いか知っておきましょう。

朝の起き抜けの空腹時に飲む

豆乳の効果を最大限に取り入れるのであれば、朝起きぬけの空腹時です。人間の体は空腹の時が一番栄養の吸収率が高いからです。それゆえに、豆乳に含まれている大豆イソフラボンを効率的に取り入れるタイミングだからです。

また、健康に良いことは習慣化するのが大変です。毎朝起きがけに豆乳を飲む、と決めて置けば生活習慣として定着しやすく、長く続けられるからです。豆乳の力でバストアップしようとすると一朝一夕にはできません。ある程度長いスパンで考えるようにしましょう。

朝食で栄養を摂取することは、忙しい現代人にとってそこそこハードルが高いものです。その点、豆乳は良質なたんぱく源というだけでなく、ビタミンや鉄分、ポリフェノールなどいろいろな栄養を含んでいるものです。そのためも、身体が活動する朝に取り入れるとよいです。

おやつの代わりに飲む

おやつの代わりに飲む
もう一つすすめなのが、おやつ代わりに豆乳を飲むことです。豆乳には大豆サポニンという線分が含まれており、脳の満腹中枢を刺激して脂肪の年少を促してくれます

そのため、おやつの時に豆乳を取り入れれば、満腹中枢が刺激されてその後の食事などを食べ過ぎることもありません。一回の食事を減らすことが出来、バストアップとともに脂肪燃焼効果も期待できるのです。

ついついおやつを食べ過ぎてしまう、市販のおやつのカロリーや糖質が気になる人は、豆乳を取り入れるとよいです。また、豆乳はあまりくせがなく、牛乳のようにスイーツにも取り入れやすいです。豆乳を使ってスイーツを作ってみるのも良いかもしれません。

バストアップのための豆乳の注意点

バストアップのための豆乳の注意点
バストアップのために豆乳を取り入れるには、単純にたくさん飲めばよいということではありません。豆乳を取り入れる際に知っておかなければならない注意事項について抑えておきましょう。

また、豆乳を取り入れるだけでは、なかなかバストアップに近づけないこともあります。そのため、ほかにはどのようなことに気を付けたらよいか、抑えておくとよいです。

バストアップへの効果は個人差あり

注意点の一つとしては、豆乳がバストアップするかどうかには個人差があるということです。もちろん、豆乳に含まれているイソフラボンは女性ホルモンエストロゲンと似た働きをしますが、どのくらい身体に取り入れられるかというのはもちろん個人差があるので、効果が薄いからと言って、大量に摂取すると体に害になることもあります。

栄養摂取については、個人差があることが多いので、毎日の生活に豆乳をうまく取り入れながら、マッサージなど自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。

豆乳の飲みすぎに注意

豆乳の理想的な摂取量は、1日200ミリリットル程度を目安として、サプリメントや健康食品として使用するには、イソフラボンの量を30ミリグラム程度にとどめておきましょう。エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンですが、過剰に摂取すると更年期障害のような「ほてり」や子宮内膜症などのリスクが高まることがあります。

加えて、大豆イソフラボンは適量摂取するにはホルモンバランスを整えてくれて生理を軽くしてくれたりするといわれていますが、大量摂取すると制リサイクルを乱してしまいます。

また、成分無調整豆乳であればまだしも、糖分などが添加されている場合もあるのでカロリー過多になることもあります。豆乳が便秘解消に働く反面、冷えた豆乳の大量摂取で下痢になることもあります。

栄養バランスの偏りに気を付けよう

栄養バランスの偏りに気を付けよう
豆乳には、カリウムやマグネシウム、鉄分や亜鉛、ビタミンなどさまざまな栄養素が含まれています。特に牛乳にあまり含まれていない鉄分が含まれている点は、女性にとっても朗報です。豆乳は良質なたんぱく源であるとともに抗酸化作用や脂肪九州の抑制があるのでアンチエイジングやダイエットにも効果があると期待されています。

一方でストがしっかりと発達するには、栄養場餡巣を整えることが必要です。豆乳に頼るのではなく野菜やくだものからしっかりとビタミン・ミネラルなどを摂取することで、肌に良い環境を整えます。そういったことが結果的にバストアップにもつながるからです。

大胸筋を鍛える運動もすると効果UP

バストアップを考えているのであれば、バストを支えている筋肉、大胸筋を鍛えることが必要です。日常的に大胸筋が鍛えられることはあまりないので、バストアップを目指すのだったら、特別にバストアップのための運動をするとよいでしょう。

肩甲骨をぐるぐるまわして胸の筋肉を鍛えたり、合掌のポーズをして力を入れながら合わせた手を上下左右に動かしていきましょう。身体が少し疲れるくらい負荷がかかるくらいが良いです。

また、老廃物が溜まっていると、血行が良くなくバストのハリが失われることになります。そのため、リンパマッサージなどをしてしっかりと栄養をバストにいきわたらせましょう。

まとめ

バストアップを目指すには、手軽に取り入れやすい食材、豆乳を取り入れるとよいでしょう。豆乳には女性ホルモンエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。そのほかにもビタミンや鉄分など、じょせいにうれしい成分が含まれているからです。

豆乳は毎朝コップ一杯程度、おなかがすいたおやつ代わりなど自分で適量を毎日摂取するようにするとよいです。取り過ぎはかえって体の不調を招くこともあります。

豆乳を取り入れて、美しいバストを目指しましょう。年とともになんとなくハリが失われてくるのが悩み、という人も多いですが、豆乳はアンチエイジングにもいといわれています。料理にも、スイーツにも、飲み物としても、今日から取り入れましょう。