【専門家監修】バストアップには豆乳がいいの?バストアップを期待できる豆乳の飲み方

バストアップにオススメな食材として、よく取り上げられるのが「豆乳」などの大豆製品。

なんとなく聞いたことはあるけど、どうして効果が期待できるのか詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?

今回は、豆乳がバストアップに効果的な理由や、より効果が期待できる飲み方をご紹介します。

バストアップには豆乳がおすすめ

バストアップにオススメの食材といえば「豆乳」。最近ではコンビニなどで手軽に買うこともできるので、定期的に飲んでいる人も多いようです。

そんな豆乳はバストアップの王道食材ですが、なぜそんなにオススメなのかご存知ですか?

原材料が大豆であるためイソフラボンを摂取できる

バストアップに役立つ成分の一つがイソフラボンです。まず、胸を大きくするためには女性ホルモンの働きが必要不可欠。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造で、からだの中でも女性ホルモンと同じような働きをします。

そのため、イソフラボンが多く含まれている豆乳をはじめとした大豆製品は、バストアップに効果があると考えられているのです。

成分調整と無調整はどちらが良い?

バストアップには豆乳がいいの?バストアップを期待できる豆乳の飲み方

よく豆乳製品をみると、「成分調整」のものと「成分無調整」のものがありますよね。

この2つの違い、何か分かりますか?この違いは、原材料と大豆固形分の割合にあるようです。

成分調整の豆乳

豆乳(無調製豆乳)に、食用植物油脂や砂糖、塩などの調味料を加えた飲料。大豆固形分は6%以上。

成分無調整の豆乳

原材料に大豆以外のものを使用していない飲料。大豆固形分は8%以上。

要するに、大豆だけで作られた飲料が「成分無調整」、飲みやすいように味が整えられているのが「成分調整」なんですね。

より効果を感じたい場合は「成分無調整」の豆乳を、飲みやすさ重視であれば「成分調整」がオススメです。

牛乳では代用できない?


バストアップに効果的なのは、女性ホルモンと似た構造をもつ「エストロゲン」という成分です。

市販の牛乳にも微量のエストロゲンが含まれていますが、体に影響を与える量ではありません。バストアップを目指すのであれば、牛乳ではなく豆乳を選ぶ方が良いでしょう。

バストアップが期待できる豆乳の量は

量は一日に200mlを1本程度がオススメです。

バストアップのためにたくさん飲みたくなるかもしれませんが、飲みすぎるとカロリーを多くとってしまったり、栄養のバランスが偏ってしまうことも。

どれだけたくさん飲んでも、結局は尿として排出されてしまいます。飲み過ぎには注意してください。

バストアップのために豆乳はいつ飲む?

バストアップに特に効果があるタイミングというものはなく、基本的にはいつ飲んでも大丈夫なのだとか。

より効果を高めるためには、腸内環境を整えてあげることも大切です。腸内環境が良くなるとイソフラボンの吸収が良くなるので、より効果が期待できますよ。

朝の起き抜けの空腹時に飲む

特にバストアップに効果的なタイミングなどはないですが、強いて言うならなら間食や食事の前がおすすめです。

腹持ちも良いので、食前や空腹時に飲むとごはんの食べすぎも防げますよ。ダイエット中にもオススメです!

おやつの代わりに飲む

果物のビタミンCと一緒に大豆製品を摂ることで、大豆に含まれる鉄分の吸収率が上がります。

おやつの代わりにフルーツと一緒にとると、バストアップだけではなく貧血予防にも役に立ちそうですね!

豆乳は毎日飲むべき?

豆乳は毎日飲まなくてもOK。むしろ成分調整の豆乳などには砂糖が多く入っており、健康に影響してしまうことも

また、砂糖が入っていない無調整豆乳を毎日飲まなければと考えて、ストレスになるのも良くありません。

どれだけイソフラボン摂っても、1〜2日で尿として排出されてしまいます。なので、豆乳に限らず一日一回、大豆製品を摂るように意識すると良いでしょう。

「今日は豆乳鍋、明日は納豆、明後日は五目豆、明々後日は豆腐サラダ」など、大豆製品を毎日美味しく楽しく取り入れることが大切です。

バストアップで豆乳を取り入れた体験談

実際に豆乳を飲み始めた人は、バストアップを実感したのでしょうか?ネットやSNSで見つけたリアルな口コミをご紹介します。

バストアップだけではなくダイエットも!(30代前半主婦)

豆乳を飲む前の私は牛乳が大好で毎日飲んでいたのですが、年齢とともに痩せにくくなり体重が増えてしまったのが悩みでした。

ダイエットを考えた時、牛乳の代わりに飲めるもの・・・とたどり着いたのが豆乳だったのです。

そこから豆乳を飲み始めると、肌が綺麗になるだけではなく、カップ数が1つ上がったんです!なのに、他の部位は太っていない!今でも継続して豆乳を飲んでます。

バストにハリを感じるようになりました!(20代前半OL)

もともと生理痛がひどく、知人に勧められて飲み始めたのがキッカケでした。

豆乳を飲むようになってから生理痛も和らぎとても助かっていたのですが、バストにハリを感じるように。

サイズアップまではしていませんが、前に比べると形が綺麗になったような気がします。

バストアップのための豆乳の注意点

女性ホルモンと似た働きがある成分「エストロゲン」を含む豆乳は、女性にとって嬉しい効果がたくさんあるようです。

ただし、何事もやりすぎは良くありません。豆乳をとり入れる時の注意点も理解しておきましょう。

バストアップへの効果は個人差あり

バストアップへの効果の感じ方は、それぞれの体質や体の状態によるので個人差があります。

バストアップの効果が期待できる食材は豆乳だけではないので、少しでも合わないと思ったら無理をせずやめましょう。

豆乳の飲みすぎに注意

バストアップに効果があるからといって、飲み過ぎは良くありません。

たくさん飲んだとしても、1〜2日のうちに尿として体外に排出さえてしまいます。飲むときは、適量を心がけましょう。

栄養バランスの偏りに気を付けよう

豆乳だけたくさん飲んでも、バストアップにはつながりません。大切なのはバランスの良い食事と運動と睡眠、適度なストレス解消です。

豆乳を上手に取り入れながら、食生活や生活習慣からきちんと見直すのがバストアップへの近道です。

毎日しっかり栄養が取りづらい人はサプリもおすすめ!

毎日続けるのであれば、手軽に続けられるサプリメントもオススメです。

日々の食事のバランスを整えた上でサプリメントを利用すると、よりバストアップへの効果を期待できますよ。

ジュエルアップ


出典:ジュエルアップ 公式サイト

熊切あさ美さんをはじめ多くのモデルから支持されているのが「ジェルアップ」。

今や有名女性雑誌だけではなく、テレビなど各種メディアで紹介されています。

国内のGMP認定工場で製造、しかも合成着色料や保存料など余分なものは使わない無添加で作られているという品質です。

しかも定期での購入の場合、通常価格6,800円のところ初回は特別価格で10円!二回目以降は半額の3,400円で購入できるんです。

あわせて読みたい

おっぱい・胸を大きくするサプリメントおすすめ6選【全レビュー済】

続きを読む

豆乳と一緒に食べたい!バストアップが期待できる食材

豆乳の他にもバストアップが期待できる食材はたくさんあります。

いろんな食材を楽しみながら、日々の生活に上手に取り入れられると良いですね!

キャベツ

バストアップが期待できる成分の一つに「ボロン」があります。このボロンは女性ホルモンの分泌を促し、胸の脂肪を増やす効果が期待できるんです。

キャベツにも多く含まれていますが、ボロンは熱に弱いので、サラダや千切りなどにして取り入れましょう。

リンゴ

ボロンはリンゴにも含まれています。最近ではコンビニなどでもカットリンゴが売っていますよね。

朝食や間食がわりに取り入れてみても良いかもしれません。

豆乳がない時に代用できるバストアップに効果的な飲み物

バストアップにオススメな豆乳ですが、飲み飽きてしまったり、近くに豆乳がなくて用意できない時もあるかもしれません。

そんな時に役立つ、豆乳以外のバストアップに効果的な飲み物を紹介します。

きな粉飲料

豆乳と同じ原材料である大豆をまるごと粉にしたきな粉は、イソフラボンだけでなく食物繊維も多く含まれるのでダイエット中でもオススメです!

豆乳がない時は、代わりに試してみてください。

リンゴジュース

イソフラボンと同じくらい、バストアップ効果が期待できる「ボロン」。ボロンはリンゴに含まれているので、豆乳が用意できない時は、リンゴジュースもオススメです。

ただし市販のジュースの場合、製造の仕方によってはボロンがあまり含まれていないものも。本当は搾りたてが一番ですが、市販のものであれば100%のリンゴジュースを選ぶようにしましょう。

ちなみに梨にもボロンが含まれるので、梨のジュースもオススメですよ。

アーモンド飲料

オレイン酸とビタミンEを多く含むアーモンド

どちらの成分もハリやツヤを保つために重要な栄養素なので、アーモンド飲料もオススメです。

あわせて読みたい

【栄養士監修】胸が大きくなる食べ物・飲み物10選

続きを読む

一緒に取り入れると効果的?食事以外の方法

食事だけではなく、日頃の生活の中でもバストアップは目指すことができます。

一つの方法に頼るのではなく、複数の方法を組み合わせて行なった方が、より効果を実感できるかもしれませんよ!

バストアップのマッサージをする

バストアップには、バストに直接触れるマッサージもオススメです。マッサージでバスト周辺のリンパを促し栄養を届けやすい環境すると、よりバストアップの効果を期待できます。

マッサージをするときは、強い刺激ではなく優しく滑らせるようにしましょう。

力加減が強すぎると、バストの脂肪を減らしてしまったり、ダメージを与えてしまいます。詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい

胸マッサージを続けて理想のバストをゲット!マッサージのやり方

続きを読む

大胸筋を鍛える

バストの脂肪は、大胸筋に支えられています。そのため、大胸筋を鍛えることで筋肉に厚みが増すとバストアップが実現できるのだとか。

また、正しく筋肉をつけてスタイルアップすることで、バストの形を整える効果も期待できます。

ただし、この方法もやりすぎは禁物です。無理なく正しいフォームで行うようにしましょう。

あわせて読みたい

大胸筋を鍛えてバストアップ♡おすすめトレーニング6選

続きを読む

生活習慣を改善する

偏った食生活、不規則な生活、ストレスはバストの成長に役立つ女性ホルモンの働きを妨げてしまいます。

バストアップのために色々と試すのも大切ですが、まずは普段の生活を見直すことから始めましょう。

まとめ

豆乳はバストアップの王道食材ですが、無理なく適度に取り入れることがコツです。

豆乳飲料だけではなく、他の食材や方法と上手に組み合わせながら取り入れられたら良いですね!ストレスなく続けられる方法を探してみて下さい。