40代で美胸を作るコツと、胸を大きくする方法

“40代になると自ら体を変えてボディラインをキープしようとせずに補正下着や体のラインがでない服装でごまかすことも多くなります。その時は何とかしのげても根本的な問題の解決にならないので悩みは続きます。

バストの形が崩れたり、サイズダウンしたりするにはそれなりの原因があり、また対処法もあります。40代でも美胸をつくることができるポイントやコツ、具体的な方法について解説します。

40代で美胸を作るケア方法

年齢を重ねるにつれて体のラインは少しずつ崩れてくるので、バストも形が崩れたり、垂れたりすることは当たり前だとあきらめてしまう女性も少なくありません。しかし、何もしなければ崩れる一方なので何らかの手立てを打つことが大切です。

女性ホルモンの分泌やバストを支える筋力アップなど、さまざまな対処法がありますが、まずは体全体の調子を整えることが大切です。ちょっとしたポイントを押さえることで40代でも十分に美胸をつくることができる方法を紹介しましょう。

マッサージで血流を良くする

美胸をつくるためにはまず、細胞の活性化に不可欠となる酸素や栄養分を十分に行き渡らせるために血行をよくしなければなりません。加齢とともに老廃物や有毒物質が身体に蓄積されやすくなるので、それらをスムーズに排出することも目的となります。

バストアップマッサージをすることも大切ですが、体全身の血液やリンパの流れをよくすることも重視しなければなりません。リンパ節に老廃物を流し込むイメージでデコルテ、バスト、脇の下などを中心に入念にマッサージするようにしましょう。

バストクリームなどを使ってケア

マシュマロライン バストクリーム
バストケアに効果的であると人気のバストクリームには、バストをアップさせる成分のほかコラーゲンなどの肌にツヤやハリを与える成分も配合されています。薬効成分でバストアップを図るというよりも、マッサージ効果を目的として行うことをおすすめします。

バストアップのためのマッサージの方法にはさまざまな方法があり、撫でるだけでなく乳腺を刺激するためのツボを押すことにも効果があります。フェイスマッサージと同じようにやるとやらないとでは大きな違いがでるので地道に続けることが大切です。

バストアップマッサージにはマッサージジェル「Ponpin」が効果的!

バストアップに関心のある方なら「プエラリア」という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?プエラリアはタイ原産バストアップに効果のある植物、および成分。ですが現在、プエラリアの過剰使用による副作用が確認されています。

このプエラリアを使用せず、しかしプエラリアをしのぐ自然由来のバストケア成分を配合した話題のバストアップジェルがfeely編集部イチオシの「Ponpin」です副作用などを気にすることなく、安心して使えるのが嬉しいですね。

多くのモデルさんやタレントさん、インスタグラマーさんも愛用しているほどの人気を誇ります。

◆利用者の口コミを見たい方は公式サイトからチェック→https://www.bbb-life.jp/

なんと、利用者満足度は94.5%!その高い満足度の理由は4つあります。

  • 無添加で自然由来の成分を配合
  • 効果を実感できる
  • 1ヶ月分が無料
  • バストアップゼリーもついてくる

Ponpinは、バストアップで有名な成分「プエラリア」にかわり、美容大国フランスで話題の成分「サルササポゲニン」などの4大美容成分を配合しています。さらに、「プラセンタエキス」「コラーゲン」「セラミド」「ヒアルロン酸」といった美容成分が97.5%という超高濃度で閉じ込められており、最新の浸透技術によってサーッと吸収してくれるのも嬉しいところです。

今なら実質送料の540円のみに負担(約1ヶ月実質無料!)でご購入できるので、より詳しくは公式サイトをチェックしてみてください!

◆公式サイトでより詳しい情報をチェック→https://www.bbb-life.jp/

 

筋トレやエクササイズで筋力アップ

美胸をつくるためにはバストを支える大胸筋をはじめとする筋肉を鍛える必要があります。エクササイズにはさまざまなものがありますが、普段からあまり運動をしていない40代の方にとってきつい負荷のかかるトレーニングは厳しいでしょう。

大胸筋を効果的に鍛えるには、手の幅を通常よりも広げて手をつく腕立て伏せが効果的です。体を真っすぐキープすることができない場合は、膝をついたり、壁を使って行ったりする楽な方法もあるので、毎日コツコツと続けましょう。

ストレッチで美胸ケア

ストレッチは体の筋を伸ばすだけのものと考えがちです。しかし、女性ホルモンや自律神経を整えたり、血行を促進したりする効果もあるとい言われています。

美胸をつくるためにはバストを支える筋力が低下しないようにすることが必要となります。筋肉はダンベルやマシンを使ったトレーニングだけでなく、正しい姿勢で行うストレッチでも負荷をかけて鍛えることができます。

40代が起りやすいお胸の悩み

40代になると肌のツヤやハリの低下、基礎代謝、血行不良など、それまでになかったさまざまな体の悩みが気になるようになります。食事に気を付けていても太りやすくなり、その一方で胸が垂れたり、小さくなったりすることもあります。

バストアップには、形や位置をキープするための筋肉や乳腺や脂肪を増加させる女性ホルモンの働き、食生活や生活習慣など、重要となるポイントがたくさんあります。バストの悩みの種類や原因によって対処法が変わってきますが、40代で起こりやすい胸の悩みにはどんなものがあるのでしょうか。

筋力低下による垂れ胸

バストが加齢とともに垂れてくる原因には、筋力低下が大きく関係しています。バストはほとんど脂肪でできており、その形や位置をキープするために大胸筋や小胸筋、クーパー靭帯の働きが必要になります。

筋力が低下してくるとバストのハリや高い位置でキープすることができなくなり、徐々に下方向に垂れてきます。40代で代謝も落ちた体のままでは、進行しても何もしなければ元の状態に戻ることはありません。

バストの形が変わる離れ胸

胸が外側に向いたり、中心からずれたりして離れてしまう胸は形の悪さも目立ちます。また、外向きに離れていることで谷間ができにくくなり実際のサイズよりも小さくみられてしまうこともあるでしょう。

バストの形が変わって離れてしまう原因には、ブラジャーのサイズが適切でない、付け方が悪い、就寝時ノーブラである、筋力が低下している、などがあげられます。最近は楽で便利なブラトップも流行っており、バストの位置が変わりやすいのも1つの原因と考えられるでしょう。

バストサイズダウン

もともとあったバストが急にサイズダウンしてショックを受けることがないでしょうか。バストのサイズダウンの原因には、バストを支える筋力の低下、無理なダイエット、出産や授乳、サイズに合っていない下着の着用、バストケアの習慣がない、などの理由があげられます。

そのため、良質なタンパク質を中心としたバランスのとれた食生活や胸筋を鍛えるための筋トレ、女性ホルモンの分泌の活性化など、原因に対する対処が必要となります。また、乳腺マッサージやストレッチもサイズアップに効果的です。

40代で胸を大きくするコツ

40代で胸の形が悪くなったり、サイズダウンしたり、垂れてきたり、などのバストの悩みがあっても、加齢によるものとあきらめていないでしょうか。バストの悩みには原因と対処法が必ずあります。

何もしなかったら進行するだけで悩みが深くなり、自分にも自信がもてなくなります。40代からでも十分間に合う胸を大きくするコツややり方について説明しましょう。

筋トレエクササイズは欠かせない

バストが垂れたり形が崩れたりする理由には下着の選び方やつけ方なども影響します。しかし、最も大黄な原因と考えられて言うのがバストを支える筋力の低下です。

バストは大胸筋や小胸筋、クーパー靭帯によって支えられていますが、年齢とともに筋力が落ちることによってきれいな形や位置を維持できなくなります。美胸をつくるためには、大胸筋を鍛えることを目的とした腕立て伏せなど、筋トレエクササイズが欠かせません。

食生活など、生活習慣を根本から見直して

バストアップを図る際には乳腺や脂肪を増やす働きがある女性ホルモンの分泌を活性化する必要があります。女性ホルモンはストレスなどによってもバランスを崩しやすいものですが、なかでも偏った食生活によって著しく機能が低下することがあります。

女性ホルモンの分泌を活性化するためには良質なタンパク質、ビタミンB群などを適切に摂取することが大切です。また、運動不足や寝不足など生活習慣が乱れることによっても女性ホルモンの働きが鈍くなるので注意が必要です。

マッサージやストレッチで巡りをよくする

バストの形が崩れたり、小さくなったりする理由には女性ホルモンの分泌が不足していることが考えられます。ホルモンの分泌を活性化するためには、バスとマッサージやストレッチで乳腺やツボを刺激したり、大胸筋を鍛えたりすることが必要です。

ある程度力を入れてマッサージしながら時々ツボを押したり、腕立て伏せやダンベル運動を取り入れてストレッチをしたりするといいでしょう。血行や新陳代謝もよくなり、バストだけでなく体全体がきれいになります。

サプリやクリームなど、バストアップアイテムを活用する

美胸をつくりためには食生活や生活習慣の見直しや改善、バストアップエクササイズやストレッチなど、さまざまな観点からアプローチすることが大切です。どれも即効性はないので地道にコツコツとやらなければなりません。

40代になると代謝も悪くなり、蓄積した脂肪なども邪魔して思うようにバストアップができないこともあります。女性ホルモンの分泌を活性化させるサプリやバストのハリやツヤをよくするクリームなど、バストアップアイテムを上手に活用するのもおすすめです。

寝る時にはナイトブラ着用で垂れ胸防止!

ナイトブラはバストの横上がれを防ぎ、下垂れの原因となるクーパー靭帯を守る役割があり、もはやバストアップ&バストケアには必須アイテムです。美乳を保つために、ぜひともナイトブラを活用しましょう。

feely編集部イチオシ!おすすめナイトブラはこちら!

ナイトブラが当たり前になったこの時代、ナイトブラも種類がありすぎるので、選ぶのに困ってしまいますよね。

そこで、feelyがダンゼンおすすめするのがシーオーメディカルの「ふんわりルームブラ」!

「ふんわりルームブラ」は、様々な雑誌のバストアップ部門で第1位を総なめにしている、業界No.1ナイトブラ!「エクラ」や「マリソル」などの雑誌にも掲載され、話題沸騰中です!

話題の「ふんわりルームブラ」には、以下5つの特徴があります。

  • 1.ノンワイヤーなのに美しいバストラインにキープ
  • 2.パワーネットでしっかりバストをホールド
  • 3,3段ホックでバストをぎゅっと寄せ上げる
  • 4,パット付きでバストの潰れを防ぐ
  • 5.幅広のパワーネットでワキ肉もキャッチ

さらにバストのことを考えた結果、ふんわりルームブラにはチタン・ゲルマニウム・銀を配合しています。

「ふんわりルームブラ」はナイトブラではありますが、普段使いはもちろん、お部屋でのリラックスタイムや産後のバストケアなど、ナイトブラだけにとどまらずオールラウンドでお使いいただけることも魅力です。

そんな「ふんわりルームブラ」の満足度は98%。これだけ時を選ばず着用できるのであれば納得の結果ですね。

「ふんわりルームブラ」公式サイトから実際の利用者の口コミを見てみる:https://www.co-medical.jp/item/roombra/

そんな「ふんわりルームブラ」のお値段は3枚セットで10746円です。

「ふんわりルームブラ」は他のナイトブラとは一線を画す実力派ナイトブラ。クーパー靭帯をしっかりと守り、バストアップはもちろん美乳に導いてくれます。

皆さんも、この機会に「ふんわりルームブラ」を使ってみて自分史上最高の美乳になりましょう!


まとめ


少し前に40代、50代でもとても若々しくみえる「美魔女」という言葉が流行りました。40代になる一般的には女性らしい体のラインが崩れやすくなるもので、皮下脂肪はつくのにバストがサイズダウンしたり、変形したりする矛盾も起こります。

バストアップのためには、女性ホルモンの分泌を活性化したり、バストを支える筋肉を鍛えたりすることが必要となります。毎日の生活に簡単に取り入れることができる筋トレやストレッチ、マッサージなどによって、40代でも美胸をキープしましょう。