クーパー靱帯とは?美胸になりたい方必見!クーパー靱帯ケア方法

上を向いたハリのある大きな弾力のある胸は女性なら誰もが憧れるものでしょう。生まれつきサイズや形には個人差がありますが、それでももともとのバストのサイズや形を美しいまま長くキープしたいというのが女性の願いです。

バストは加齢や筋力の低下などによって徐々に下に垂れていきますが、それにはバストをしっかりと支え持ち上げているクーパー靭帯の変化が大きく影響しています。クーパー靭帯とは何なのか、またどうすればケアすることができるのかを理解すれば、長く美胸をキープすることができるでしょう。

クーパー靱帯とは?どこにあるの?

バストのサイズや形には関心があっても、クーパー靭帯という言葉をよく知らないという方も多いのではないでしょうか。クーパー靭帯は、いつも意識することはなくても、バストをしっかりと支え持ち上げてくれている縁の下の力持ちのような働きを担っています。

バストのなかでも比較的上部に位置するクーパー靭帯は、乳腺や脂肪といったバストを形成する組織とつながっており、組織全体を支える力があります。

クーパー靱帯は、バストを支える靱帯のことです

クーパー靭帯はバストの比較的上の部分にある靭帯で、乳腺や脂肪などの組織全体を重力に逆らって持ち上げる働きを担っています。バストはその9割が脂肪でできているため、とても柔らかく形が崩れやすいものです。

クーパー靭帯がなければすぐに下に垂れてしまうことでしょう。皮膚の下で見えないワイヤーのようにバストを吊り上げてくれる働きがあるからこそ、美胸を保つことができます。

きれいなバストを作る為に欠かせない靱帯

バストは脂肪、乳腺、そしてクーパー靭帯から成り立っており、筋肉や皮膚ともつながっています。胸筋はバストを支えるのをサポートしてくれますが、バストそのものには筋肉がなく、その代わりに上へ吊り上げてくれるのがクーパー靭帯です。

クーパー靭帯は、バストの形を維持するだけでなく垂れることも防いでくれます。重力に負けずにバストの組織全体を吊り上げてくれるため、いつもきれいなバストを維持することができるのです。

年齢と共に、刺激と共に伸びる靱帯です

バストは大胸筋や小胸筋、クーパー靭帯によって形や位置を維持することができます。年齢を重ねると筋力が弱まり、靭帯が引っ張る力も衰えることから、だんだんとバストが垂れるようになります。

また、サイズの合っていないブラジャーを着用し続けたり、バストに強い刺激が繰り返し加わったりすることで年齢に関係なくクーパー靭帯が伸び切ったり、切れてしまったりすることもあります。

クーパー靱帯が切れる事も多々あります

靭帯が切れるというとスポーツ中に脚の靭帯が断裂してしまうことをイメージするのが一般的でしょう。近くにいる人にも靭帯が切れる音がするというほどすさまじい衝撃であり、激しい痛みがあります。

一方で、バストを吊り上げる役割を果たしているクーパー靭帯も加齢や激しい衝撃、間違った日常的な習慣などによって切れることもあります。一度切れたクーパー靭帯は再生できないので注意が必要です。

クーパー靱帯が切れたり伸びるとどうなるのか

クーパー靭帯はコラーゲンの繊維束のようなもので健康な状態であれば、多少の伸縮性がありバストをしっかりと吊り上げる役割を果たしてくれます。しかし、加齢とともに、また、バストに強い刺激が加わることなどによって、伸び切ってしまったり、切れたりすることがあります。

脚の靭帯を切った際には「ブチッ」という切れた音が聞こえるとともに耐え難い強い痛みがあります。しかし、クーパー靭帯は切れても痛みや自覚症状が全くないため、知らないまま日常生活を過ごしてバストの垂れが進行することがあります。

バストのたるみに繋がる

クーパー靭帯は上乳のどちらかというとデコルテに近い部分にあります。皮膚のすぐ下にあって乳腺、皮膚、筋肉とつながってバストを吊り上げる役割を果たしています。

クーパー靭帯が切れたり伸びたりすると、吊り上げる力がなくなってしまうためバストが重力に従って下に落ちるようになりたるんでしまいます。バストの高さだけでなく位置を維持することもんできなくなるため、横に流れるように形が崩れることもあるでしょう。

胸の張りが無くなり、バストが老化する

バストには複数の乳腺とそれを取り囲むようにして脂肪組織があります。クーパー靭帯は組織全体を吊り上げて支える役割があるため、その機能が失われると一気に胸の張りがなくなってしまいます。

また、乳腺の働きも低下してバスト全体が老化してしまい、ツヤやハリがなくなるだけでなく弾力性や形にも変化が現われるようになります。形のいい若々しいバストを維持するためにクーパー靭帯はなくてはならないものです。

バストが上向きで無くなり、若々しさ減少

若々しい理想的なバストは、バストトップだけでなくバスト全体がツンと上を向いた状態です。弾力だけでなくハリがあるため、触っても下に落ちることがなく上を向いたままの状態を維持することができます。

このハリや弾力、位置をキープするのに深く関わっているのがクーパー靭帯です。クーパー靭帯が伸びたり、切れたりすれば、上から吊り上げている糸をハサミで切られたように、下向きになり若々しさがなくなってしまいます。

バストサイズダウンに繋がる

クーパー靭帯はバストの組織全体を吊り上げてキープする役割を担っています。そのためにバストが正面、あるいは上を向いた形でサイズを測ることができるのです。しかし、クーパー靭帯が伸びたり切れたりすることでその支えがなくなれば、バストは重力の力に負けてしまうことになります。

横方向や下方向に向かってバストが流れてしまうことによって高さを保つことができなくなります。もともとあったバストサイズが徐々にダウンしているという人は、クーパー靭帯が機能していないことを疑ってみる必要があるでしょう。

クーパー靱帯を鍛える方法と伸ばさないコツ

クーパー靭帯は美しいバストをキープするためにはなくてはならないものですが、損傷しやすく切れたり、伸びたりすることでバストを支えることができなくなることもあります。加齢だけでなく過度な負担をかけることでも正常な機能を果たすことができなくなるので注意が必要です。

クーパー靭帯は自覚症状もないままに伸びたり切れたりすることがあり、そのような状態になると再生することができません。日頃からクーパー靭帯が伸びないようにケアする必要があります。

胸筋を鍛えてクーパー靱帯を鍛える

クーパー靭帯は常にバストを吊り上げる働きを担っています。そのおかげでバストの形やサイズ、向きを維持することができていますが、加齢や生活習慣などによって負担が蓄積されて伸びてしまうことがあります。

切れたり伸び切ったりすると機能を回復することができないため、日頃からケア、トレーニングをすることが大切です。クーパー靭帯そのものを鍛えるというよりも、クーパー靭帯とつながっていて守る働きがある胸筋を鍛えるエクササイズが必要となります。

毎日のエクササイズでクーパー靱帯をケア

クーパー靭帯は切れたり、伸び切ったりすると元の状態に戻すことができません。日頃からクーパー靭帯を保護することが大切です。クーパー靭帯は筋肉ではないのでそのもの自体を鍛えることはできず、ケアしなくてはなりません。

クーパー靭帯をケアするためには、クーパー靭帯とつながりながら共にバストを支える役割を担っている大胸筋や小胸筋をエクササイズで鍛えることが必要です。適度な負荷をかけながら毎日コツコツと続けることが大切です。

クーパー靱帯に負担がかかるような運動を避ける

クーパー靭帯はコラーゲンの繊維組織の集合体のようなもので、わずかな伸縮性があります。ゴムのように伸びても元に戻るような柔軟性はないため、一度伸びてしまうと修復が難しくなります。

普段の生活でもバストを支えるのに負担がかかっているうえにさらに、ジョギングやダンス、マラソンなどのハードな運動をしてバストに強い衝撃が加えられると支える力の限界を超えて伸びてしまうことがあります。

固定力の高い下着でしっかりとケア

サイズの合わない締め付けのきつい下着でクーパー靭帯が伸びてしまうことは言うまでもありませんが、ゆったりとし過ぎた下着でも同じようにクーパー靭帯に負担がかかります。下着はもともとのバストの形をしっかりときれいに維持するためのものであるため、選び方には注意が必要です。

デザインやカラーだけでなく、バージスラインに沿ってワイヤーが仕込まれていて下乳からしっかり支えて固定できるタイプの下着を選びましょう。普段から正しい下着を着用することだけでもクーパー靭帯のケアになります。

クーパー靱帯が伸びたときのケア方法

大胸筋や小胸筋などの筋肉や皮膚とつながってバストを支えるクーパー靭帯。バストの形や向き、位置を維持するのにはなくてはならない組織です。しかし、加齢や間違った生活習慣などによってクーパー靭帯が伸びてしまうことがあります。

クーパー靭帯はもともと多少の伸縮性はありますが、ゴムのような伸縮の幅はありません。万が一、クーパー靭帯が伸びてしまったときは、どのような対処をすればバストの変形や垂れを改善することができるのでしょうか。

クーパー靱帯エクササイズでケア可能

バストの形や位置を支える役割のあるクーパー靭帯は、伸び切ったり切れたりしてしまうと手術をしても元の状態には戻すことができません。したがって、日頃からクーパー靭帯を守るトレーニングやエクササイズを行うことが大切です。

靭帯自体を鍛えることはできないので、靭帯を守るための筋肉を強化することが求められます。バストには大胸筋と小胸筋があり、ともにバストを支える役割を担っているとともにクーパー靭帯を守るのにも役立っています。胸筋をメインに鍛えるエクササイズを毎日続けるようにしましょう。

姿勢を良くして負担を減らす

クーパー靭帯は、真っすぐした正しい姿勢でも上方向へバストを吊り上げようと力が働きます。前かがみ、猫背の状態になれば、さらに負担がかかることは容易に想像できるでしょう。

日頃からパソコンやスマホを使用する時間が長い方は、意識して背筋を伸ばしクーパー靭帯の負担を軽減することが大切です。背筋を真っすぐに伸ばせば腹筋、背筋も鍛えられ、ブラジャーからはみ出る肉を防ぐことにもつながります。

うつぶせで寝ないように注意

就寝時、仰向けの状態でも柔らかいバストはさまざまな方向に流れようとします。寝ているうちに寝返りを何回もうつので、横向きになったり、うつぶせになったりすることも多くなり、バストの位置や形が安定しません。

日頃からうつぶせ寝の習慣がある方は、自分の体重でバストを潰していることになります。クーパー靭帯の力がないうえに、バストを潰して流れやすくすれば形が崩れて垂れてしまうのは当然のことと言えます。うつぶせ寝はできるだけ避けるようにしましょう。

自分に合っているブラを、きちんと着用する

クーパー靭帯が伸びてしまったらバストを自分の力で吊り上げることができなくなります。下着選びにはそれまで以上に配慮が必要となります。サイズだけでなく形状やアンダーバストを重視して自分に合ったブラジャーを選ぶようにしましょう。

クーパー靭帯を頼ることができないのでバージスラインに沿ったワイヤーでしっかりと下乳から支えることができる下着を選ぶことが大切です。着用の際にはただ布で覆うのではなく、周りの肉もカップに入れ込みながら形が崩れない状態をキープできるようにしましょう。

寝る時はナイトブラ着用で垂れを防止

ナイトブラはバストの横上がれを防ぎ、下垂れの原因となるクーパー靭帯を守る役割があり、もはやバストアップ&バストケアには必須アイテムです。バストの脂肪は他の脂肪よりも柔らかく流れやすいため、寝ているときでもきちんと支えてあげることが大切になってきます。

ドクターもお墨付き!寄せてあげてギュッとキープで美胸へ導きます!feelyイチオシのナイトブラはこちら!

モテフィット

feely編集部イチオシ、オススメのナイトブラ「モテフィット」。大人気Youtuberのてんちむさんが開発した製品です。彼女も実は元はAカップ。ナイトブラを変えるだけでなんと今ではDカップなのだとか!

しっかり寄せてギュッとあげてそのままキープ。それによって土台のしっかりした丸みのある美胸を作ります。伸縮性もあるので圧迫感もなく、ノンワイヤーなので痛くなることもありません。脂肪が付きがちな背中や脇からしっかりとお肉を持ってくることで離れ胸対策もバッチリ!美しい胸のラインを保ったまま、バストアップを目指せます。

「ホンマでっか!?TV」に出演のドクターからもお墨付きをもらったこの「モテフィット」。ぜひこの機会にお試しください!

 

まとめ

女性なら誰でも形の整った弾力のある美しいバストをいつまでも保ちたいと思うものでしょう。バストはそのほとんどが脂肪でできており、バスト自体に筋肉がないため自力では重力に逆らうことができません。バストの位置や形を維持するために欠かせないのが上乳部分にあるクーパー靭帯です。

クーパー靭帯は、乳腺や脂肪などの組織全体を上へ吊り上げてくれる働きがあり、垂れ乳も防いでくれます。しかし、加齢だけでなく悪い姿勢やバストへの強い衝撃、下着の間違った選び方や付け方などによってクーパー靭帯が伸びたり、切れたりすることがあります。生活習慣を見直すとともに胸筋を鍛えてクーパー靭帯をケアしていつまでも美胸をキープしましょう。