バージスラインはブラが決め手!綺麗にするポイント

バージスラインという言葉をご存知でしょうか。美乳、美胸に大きく関係しており、ブラジャーの選び方や付け方によっても変化すると言われています。バージスラインがはっきりとしていないと胸が小さく見えたり、形が悪く見えたりします。

バストトップだけでなくバストの輪郭や下乳、脇へのラインが整っていることでトータルで美胸に見せることができます。そこで、バージスラインをキレイに見せるためのブラジャーの選び方や付け方のポイントなどについて解説します。

バージスラインとは?

女性でも聞きなれない「バージスライン」とは、簡単に言うとバストの底辺を示すラインのことで胸の輪郭に当たる部分を指します。バージスラインはよく狭い、広いという表現がされますが、両方のバストの下乳の部分を結んだラインの幅が基準となります。

バージスラインを理解しておかないとバストサイズやカップ数が合っているブラジャーでもジャストフィットしにくく、きれいなバストの形やラインが出せません。

バージスラインを綺麗にするブラジャー選びのポイント

バージスラインはバストの下乳部分から脇にかけて結んだラインになります。バストが小さかったり、形が変わったりするとバージスラインが脇よりも前の部分で途切れてしまい、バージスラインがはっきりとしないことがあります。

バージスラインがくっきりとしていない理由にはバストを支える筋力の低下、クーパー靭帯の伸び、バストにハリがない、などがあげられます。ノーブラで過すことが多いとバストが垂れる原因になるようにバージスラインを美しく保つには正しいブラジャーを選ばなければなりません。

サイズが合ったブラジャーを選ぶ

ブラジャーを選ぶ際には、トップ、アンダーなどのサイズを測ることがほとんどです。しかし、サイズがしっかり合っているのにつけてみると胸の形にフィットしておらず、バージスラインがはっきりと見えないことがあります。

バージスラインが広いと胸が大きく見えるため、高さだけを意識することなく横幅や脇とつながるラインを重視してブラジャーを選ぶようにしましょう。ブラジャーが合っていないと前から見るとバストがあるように見えても横から見ると小さく見えてしまうこともあります。

しっかりと固定出来る下着を身につける


胸を大きく見せるためにはバージスラインが広いブラジャーを選ぶ必要があります。ブラジャーのワイヤーは、バージスラインを意識して仕込まれているものです。

ワイヤーの幅が広く長いタイプのブラジャーを選ぶことによってバージスラインが広く見えます。また、バストをしっかりと支えるためにワイヤーだけでなくアンダーベルトがしっかりしているのものを選ぶのもポイントとなります。

補正下着をつける事もポイント

一般的な下着は着用することで理想とするバストに近づけることを目的としてつくられています。実際のバストとは異なる形や位置を下着自体が主張するので、見た目はよくなりますが脱ぐと途端に元の状態に戻ってしまいます。

補正下着は着用することによってバストの形をキレイに見せてくれるだけでなく、着用を継続することでバストの形を補正してくれる効果があります。バストの形の崩れや垂れが気になる方は補正下着をつけることもポイントになるでしょう。

ナイトブラやスポーツブラなど、シーンに合わせて使い分ける

バージスラインを美しく見せるための一般的なブラと就寝中やスポーツをする時のブラは使い分けすることをおすすめします。特に長時間着用することになるナイトブラには配慮が必要です。

就寝時ノーブラで過ごすとバストが脇に流れてしまい形が崩れます。かといって締め付けが強いブラを着用すると寝返りをうつ際に変な状態でバストが固定されてしまことになります。ナイトブラは就寝時に姿勢が変わってもバストが崩れないような配慮がなされているので、バージスラインを美しく保つのにも有効です。

ドクターのお墨付き!AカップからDカップにあがったという口コミまで!?おすすめナイトブラはこちら!

モテフィット

feely編集部イチオシ、オススメのナイトブラ「モテフィット」。大人気Youtuberのてんちむさんが開発した製品です。彼女も実は元はAカップ。ナイトブラを変えるだけでなんと今ではDカップなのだとか!

しっかり寄せてギュッとあげてそのままキープ。それによって土台のしっかりした丸みのある美胸を作ります。伸縮性もあるので圧迫感もなく、ノンワイヤーなので痛くなることもありません。脂肪が付きがちな背中や脇からしっかりとお肉を持ってくることで離れ胸対策もバッチリ!美しい胸のラインを保ったまま、バストアップを目指せます。

「ホンマでっか!?TV」に出演のドクターからもお墨付きをもらったこの「モテフィット」。ぜひこの機会にお試しください!

バージスラインを綺麗にするブラの付け方

バージスラインがはっきり、くっきりしていない理由には、本来のバストの形が崩れていることが考えられます。サイズが合ってあっていてもバストの形状や下垂によって個人差があるため、バージスラインを意識してブラジャーを選ぶことが大切です。

また、ジャストフィットするブラジャーであっても付け方によっては、バストの形を悪くしてしまうこともあります。そこで、バージスラインをキレイに見せるブラジャーの付け方について説明します。

背中側や腋の下などから肉をしっかり引き上げる

若い頃は肌にツヤやハリがあり、しなやかな筋肉によって美しいボディラインを保つことができます。しかし、日頃からあまり運動をする機会がないと徐々に筋力が衰え、バスト周辺にも脂肪がつき横や下に肉が引っ張られるように流れてしまいます。

バストも放置したままだと周辺の肉に引っ張られて流れてサイズダウンしたり、形が崩れてしまったりします。ブラを使用する際には、流れ出る肉を止めるためにも背中側や脇の下のバストではない肉も引き上げてカップの中に入れることがポイントとなります。

パッドの入れすぎは胸を圧迫するので注意する

少しでも大きなバストに見せようとブラジャーにパットを入れる女性は少なくありません。パットを入れることによってトップの位置が高くなり、胸にも谷間ができやすくなります。

しかし、あまりパットを入れ過ぎると胸を圧迫することになります。また、毎日パットを使い続けることでパットによってバストが潰されて本来のバストの丸みが亡くなってしまうこともあるので注意が必要です。

ワイヤーブラを上手に活用

下着メーカーは美しいバストやバージスラインを見せるためにブラジャーにさまざまな工夫を凝らしています。バストの形を維持ししっかりと持ち上げてくれるタイプのブラジャーにはほとんどワイヤーが仕込まれています。

バージスラインに沿ってワイヤーが組まれているブラジャーは着用するだけで、バージスラインを美しく見せることができます。美しいバストの形や位置をキープするためにワイヤーブラの着用もおすすめです。

シーンに合わせてブラを付け替える

一般的なブラジャーはファッションに合わせてバストのラインを美しく見せることを重視しています。しかし、締め付けがきついものもあり、仕事、スポーツ、就寝を全て同じブラジャーで過すことによってバストに負担がかかることもあります。

スポーツをする際には激しい運動や衝撃に対応するとともに動きやすいブラジャーをつけることが大切です。また、寝がえりや寝相によってバストが崩れやすい就寝中は、ナイト用のブラジャーをつけるなど、シーンに合わせてブラを付け替えることが大切です。

バージスラインをケアして根本から綺麗にする

バージスラインが広いと胸が大きく見えると言われていますが、あまり広すぎても胸が横に流れてしまうことがあります。ブラジャーの選び方や付け方が重要なポイントとなりますが、それはあくまでも下着で見た目を補正しているにすぎません。

バージスラインを根本的にキレイに見せるには、体を鍛えたり、ケアしたりすることによって根本的に美胸をつくる努力をしなければなりません。毎日の生活のなかに取り入れることによってバージスラインのケアができる方法について説明します。

マッサージでバージスラインケア


バージスラインをきれいにみせるために最も必要なことは、ハリのある形が崩れないきれいなバストをつくることです。バストアップには、女性ホルモンが大きく影響します。

女性ホルモンが活発に分泌されることで乳腺や脂肪が増加し、ハリのある形のいいバストになります。乳腺やリンパを意識してバストをマッサージすれば、バストだけでなく周辺のケアもできバージスラインをきれいにすることができます。

生活習慣を見直してケア

美しいバストをつくるためには、女性ホルモンの分泌を活性化や肌のターンオーバーをはじめとする新陳代謝を向上させる必要があります。良質なタンパク質や脂質を中心としたバランスのよい食事をとることも大切です。

ストレスによっても自律神経や女性ホルモンのバランスが崩れるため、ストレス解消に適度な運動を取り入れることもおすすめです。また、十分な睡眠時間を確保するなど生活習慣を見直すことも大切です。

クリームなどのアイテムを使ってバージスラインケア

毎日のバストケアは美しいバージスラインをキープするためにも重要です。乳腺やリンパの流れを意識してバストケアクリームを使ってマッサージしたり、ツボ押しをしたりすると効果がみられます。

スキンケアは顔だけでなくデコルテ、バストなども含めて入念に行う必要があります。美しく潤った肌にはツヤやハリがあり、バージスラインを保ち続けるための大切なケアとなります。

筋トレをしてケア

バストの90パーセントは脂肪でできており、大胸筋や小胸筋、クーパー靭帯などによって形や位置をキープしています。加齢とともに筋力が低下することによってバストが垂れたり、形が崩れたりするため筋トレが必要となります。

腕立て伏せや肩甲骨ストレッチなど、運動嫌いな方でも簡単に取り入れられる筋トレがあります。毎日地道にコツコツと続けることで美しいバージスラインをキープすることができるでしょう。

まとめ

バージスラインとはバストトップの高さや位置ではなくバストを形作っている下乳の輪郭と脇のラインを結んだものです。バージスラインがきれいにはっきりしているとバストが大きく形もよく見せることができます。

バージスラインはブラジャーとの関係が深く、サイズやカップだけでなくバージスラインを意識して自分に合ったものを正しくつけることがポイントとなります。また、日頃のバストケアや筋トレとともに生活習慣などの見直しをすることで美しいバージスラインをキープすることができるでしょう。