スカルプネイルの特徴とセルフで行う方法

スカルプネイルの特徴とセルフで行う方法

最近ではメイクと同じような手軽な感覚でネイルアートを楽しむ女性も増加しており、人気のネイルサロンに通うだけでなく、自宅で好きな時間を使ってセルフネイルする人も確実に増えています。ネイルアートは、マニキュアとは違って、ジェルネイルやスカルプネイルのように人口爪を活用して自爪に盛って美しく仕上げることができるものです。

スカルプネイルは、爪が弱かったり薄かったりしてきれいに伸ばすことができないという人でも、美しい指先を演出することができる魅力のあるものです。自爪を長く見せてそこにネイルアートをほどこすことができるということもメリットと言えるでしょう。

スカルプとは

スカルプはスカルプチュアを略したものでもともとは人工爪を総称して呼ぶものです。ジェルネイルが登場してからは、ジェルとスカルプを区別することが多くなりました。スカルプはもともと爪の保護、矯正のために医療用として普及したものです。

スカルプをネイルで使用する場合の主な目的は、長さだしと言われる自爪に人工爪をプラスして爪を長くすることです。爪をしっかりと保護、補強することができるため爪が短い、弱いという方でもインパクトのあるロングネイルを楽しむことができるのも大きな魅力です。

アクリル樹脂で作った人工爪

スカルプもジェルもアクリル樹脂が使われていることでは同じですが、ジェルがドロドロの液体の状態であるのに対し、スカルプはアクリルパウダーとアクリルパウダーを溶剤を使って溶かして使用するところに違いがあります。

自爪の長さや厚さ、形などを自由に整えることができるため、ネイルアートのバリエーションも増えます。爪が短い、弱いという理由で思い切ったネイルアートが楽しめないという方にとっては不可欠なアイテムと言えるでしょう。

自分の爪の上に作ることができる

スカルプは、パウダーとリキッドを混ぜるとクリーム状となりその状態で自分の爪の上に置いて爪の形をつくっていくことになります。もともと弱い爪を補強するためのものであったため、爪が薄い人でも爪の上に万番泣く広げることによって補強することができます。

時間とともに自然に硬化するので、ジェルネイルに比べると手早く作業をする必要があります。完全に固まったらファイルなどをつかって形を整えていきます。ストーンやワイヤーなどを埋め込む作業にも向いているので指先を華やかにすることができます。

自分の爪の長さを出すことができる

スカルプネイルの最大の魅力は、長さだしと呼ばれる自爪に人工爪をプラスして長くすることができることでしょう。自爪が伸びるまでには時間がかかりますし、ネイルアートを繰り返していると爪が薄く弱くなるため、きれいに伸ばせないこともあります。

スカルプを活用することによって自分の爪が伸びたような感覚でネイルアートを楽しむことができます。自爪のような感覚がないので、慣れないうちは物をもちにくかったり、ひっかかったりしてしまうことがあります。また、長くなればなるほど折れやすくなるので注意が必要です。

好みの爪の形にできる

スカルプネイルでは、自分の爪の形や長さに関係なくにネイルアートを楽しむことができます。丸みを帯びた爪、横に広がった爪など、生まれつきの爪の特徴にはいろいろありますが、スカルプを使用すれば、理想の先端に欠けて尖ったきれいな爪にすることも可能です。

自然に硬くなったスカルプをファイルで整えるだけで自分の好みの形にすることができます。長くなった爪にナチュラルなクリアネイルをしても映えますが、複数のストーンを散りばめたり、3Dアートにチャレンジしてみたり、自爪ではできないおしゃれが楽しめます。

ネイルサロンでスカルプチュアをつける方法


アクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜてつくるスカルプチュアネイルには「チップオーバーレイ」「ベーシックスカルプチュア」という2つの方法があります。チップオーバーレイは、ネイルチップを爪の先端に装着した後に爪全体にアクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜたミクスチャーを塗って自爪を補強する方法です。

ベーシックスカルプチュアは、ネイルチップを使わずにミクスチャーだけを使って人工爪を作り上げていくものです。ネイルサロンでスカルプチュアをつける場合には、一般的な方法としてベーシックスカルプチュアが選ばれています。

最初は甘皮処理で持ちがよくなる下準備をする

長い間美しいネイルアートを楽しみたいのであれば、丁寧に時間をかけて下準備をする必要があります。まず、スカルプと自爪の間に雑菌が繁殖しないようにしっかりと手を洗い清潔にすることが大切です。甘皮は雑菌の繁殖を防ぐ役割をするものですが、ミクスチャーで覆われることによって爪から剥がれやすくなります。

全てを除去する必要はありませんが爪の外側に向かって伸びている甘皮をしっかりと処理することは大切です。甘皮の処理をきちんと行うことでスカルプネイルの持ちが長くなるということを覚えておきましょう。

スカルプをつける際は自分の爪はぎりぎりまで短くされる

スカルプネイルは、人工爪の強度を増すために自爪はぎりぎりまで短く切られます。ネイルサロンでスカルプをオーダーする人のほとんどは長さだしを目的としていることでしょう。中途半端に自爪が伸びていると薄くて弱い自爪に重量のあるスカルプをプラスすることで、自爪が割れたりスカルプがはがれたりしやすくなります。

爪とスカルプの間に水分や雑菌が入ることで「グリーンネイル」と呼ばれる爪のカビが発生してしまう原因にもなります。スカルプネイルをする前には手指をしっかりと洗って清潔にしておくことも大切です。

爪の先に台紙をおいてスカルプの長さと形を決める

スカルプネイルでは実際にはない架空の爪をつくることが主な作業となります。アクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜたミクスチャーは自然に硬化する性質があるため、ミクスチャーを塗ってからあれこれ悩みながら長さや形を決めていては間に合わなくなります。

建物でいえば設計図、洋服でいえば型紙のように、爪の先に台紙を置いて作り上げるスカルプの長さや形を決めます。場合によっては爪の先に台紙を貼って筆で形とりをしながら作成することもあります。

爪にリキッドを乗せるとすぐに固まり出来上がる

ジェルネイルでは紫外線を照射しないと硬化しないため時間がかかりますが、スカルプは自然に硬化するため時間もかかりません。爪の上にミクスチャーを乗せるとすぐに硬化が始まります。固まってしまった後には、ファイルを使って削ることはできても長さや形を大きく修正することはできないため、事前にできあがりをイメージしてから作業に入ります。

ネイリストはさまざまなエイルアートの豊富な経験や高い技術をもっていますが、場合によってはイメージしたものとできあがりにギャップがでることもあるため、事前に入念に打ち合わせしておくことが必要です。

スカルプとジェルの違い

スカルプは、アクリルパウダー、アクリルリキッドが混ざったものを使ってつくる人工爪であり、ジェルと違って自爪のない場所に長さを足すことができるという大きなメリットがあります。形や長さを自由に調整することができるため、3Dデザインなどジェルネイルでは難しいデザインも楽しむことができます。

ジェルネイルはアクリル樹脂を使って爪のうえに乗せることで透明感やツヤを出すことができる一種の人工爪です。自然に硬化しないため紫外線を照射するライトが必須アイテムとなりますが、強度が高くネイルアートではなくてはならないものとなっています。

ジェルのほうが強度がある

ジェルネイルに使用されるジェルにはアクリル樹脂の一種が使用されています。通常の状態では水飴のようにトロトロとしたテクスチュアであり、爪に乗せると自ら平面に広がるという性質があります。ジェルは紫外線を当てることによって効果が始まるため、それまでは時間をかけてデザインをすることができるのも大きなメリットです。

トロリとした液体状のジェルをうまく使いこなすのはスカルプに比べると難しいものの、ライトを照射して硬化させることによって高い強度を得ることができます。一度硬化させると3週間以上持つので美しいデザインやツヤのある爪を長時間楽しむことができるのも大きな魅力と言えるでしょう。

スカルプは強度はないが爪の補強にはなる

生まれつき爪が弱くて薄い、きれいに伸びにくく割れてしまうこともある、など爪に関する悩みを抱えている女性も少なくありません。ネイルアートは爪にほごこすものなので、自爪がしっかりしていないとデコレーションできないものです。

スカルプはもともと爪が弱い人のためにつくられた医療用としてその実力を発揮していたものです。ライトを照射させて硬化させるジェルのような強度はありませんが、フォームを使って自爪のうえから直接形をつくり、爪を保護強化することができます。

ジェルは硬化の時間が必要なので作業が長い

ジェルネイルは自爪の長さをプラスするというよりもデザインやアートを定着させることをメインとして使用されるものです。したがって自爪の長さに合わせてつくるのが一般的です。ジェルの主成分となるアクリル樹脂は強度が高く長持ちするものですが、一方で作業時間が長くなるというデメリットもあります。

ジェルネイルで使用するジェルはもともとトロリとして水飴のような状態のもので、そのまま放置しても自然に固まることはありません。UVライトなどを使って照射することによって硬化が起こり、爪に定着します。硬化するための照射時間は短いものではないため、全ての指の爪の硬化が終わるまでにはそれなりの時間が必要となります。

スカルプはすぐに硬化ができるので意外と作業が速い

一方スカルプネイルは、アクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜて作るネイルアートであり、ライトを使用しなくても自然に硬化します。速乾性があるので作業はスピーディーに行う必要があります。すぐに硬化することから3Dアートや立体的なデザインなどを自由につくることができるのも魅力となっています。

スカルプネイルはネイルチップとよく比較されることがありますが、ネイルチップのように自分の爪に人工の爪をつけて長さや形を変化できるという点ではネイルチップと同じであると言えるでしょう。ジェルネイルが登場するまではスカルプネイルが主流であり、もともとは爪の弱い人に対して医療用として用いられた経緯もあってすぐに硬化できるという性質があると考えられます。

自分でスカルプをやる方法

スカルプネイルはジェルネイルと同じように自宅でセルフネイルで仕上げることができます。ネイルチップを使った方が簡単ですが、プラスチック製のネイルチップは強度が弱く大きさやデザインが限定されることもあり、短期間での使用にしか向いていません。人工爪全体を作っていくベーシックスカルプチュアでチャレンジすることをおすすめします。

スカルプはジェルに比べて自然に早く硬化するという特徴がありますが、人工爪をつくる過程はそれほど難しいものではありません。基本的な作り方の流れやポイントを理解しておくことが大切です。

甘皮処理をして爪の表面の消毒をしてきれいにする

スカルプネイルだけでなくジェルネイルでも爪にデザインする前に行う下処理は大切です。どんなにきれいなカラーを塗っても、ストーンやワイヤーなどを乗せてもベースとなる下処理がきちんと行われていないと見栄えが悪くなったり、すぐに剥がれてしまったりすることになります。

爪ととものに伸びる甘皮は雑菌が爪のなかに入らないように防御する役割がありますが、爪を覆ってしまうほどの甘皮が残っているとジェルなどが直接ついてそこから剥げやすくなることもあります。また、爪の表面の汚れや水分、油分を除去してきれいに消毒しておくことも大切です。

ネイルフォームをおいて土台を作る

スカルプネイルでは長さだしと強度補強の2つに大きく目的が分かれます。長だしでもある程度の強度は必要となるため、ネイルチップよりもフォームを使用した方がいいでしょう。フォームを爪のカーブに合うようにカットし爪先に付けます。

ポイントは自爪とフォームの間に隙間ができないようにぴったりと装着することです。隙間があいているとジェルが流れ落ちることがあるので注意が必要です。Cカーブスティックを使うときれいな爪の先端のカーブをつくることができます。

接着を良くするためにプライマーをつける

スカルプネイルをする前には人工爪と自爪の密着が高まるように下準備をしっかりとしておくことが大切です。下準備を怠るとどんなにきれいにできてもすぐにスカルプが浮いてしまうことになります。爪を短く切って削り、バッファーを使って自爪に凹凸をつけると密着力が高まります。

プライマーは自爪と人工爪の接着をよくするものですが、プレプライマーをプライマーの前に塗ることで、爪の表面の油分を除去することができ持ちがよくなります。フォームを装着して準備が出来たら、プライマーを自爪に薄く塗ってからスカルプを乗せていきます。

アクリルパウダーとリキッドでアクリルボールを作り爪に乗せて作っていく

適量のアクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜてアクリルボールを作ります。混ざったものがミクスチャーです。自爪の先端部分とフォームの境目を目安としてミクスチャーを乗せます。ブラシや筆を使って形を整えながら長さを出していきますが、このとき少し長めに作っていくことがポイントとなります。

爪の中間の段差を埋めるために爪先と自爪をつなげるようにミクスチャーを乗せて整えてながら形をつくります。根元の段差を埋め、爪先にカーブを作って完成となります。ミクスチャーはすぐに固まるので手早く作業することが大切です。

まとめ

ネイルアートでよく使われるジェルもスカルプもアクリル樹脂を材料とする人工爪であることに変わりはありません。スカルプはジェルが登場する前から爪が弱い人の補強用として医療の現場で使用されていたものです。自爪が短い、弱いという方でもネイルアートを楽しめるアイテムとして人気があります。

スカルプはジェルのように紫外線を照射しなくても自然に硬化するためネイルアートに長い時間をかけずにすみます。また、最大の魅力は自爪よりも長く形のいい爪を足すことができるということであり、それによって3Dアートなどの複雑でレベルの高いネイルアートを作り上げることができます。ジェルネイルと同じように簡単にセルフネイルできるので、一度試してみてはいかがでしょうか。