シンプルなネイルでおすすめのデザイン

【シンプルなネイル】おすすめデザイン集!

女性は美しさを貪欲に追求するものであり、メイクやファッションにも大きなこだわりがあります。以前はばっちりメイクが流行りでしたが、現在では素肌の潤いやツヤを重視するナチュラルメイクに変わってきています。

ネイルアートでもゴージャスで煌びやかなネイルだけでなくナチュラルで清潔感のあるシンプルネイルが人気となっています。シンプルネイルであればオフィスなどでも好印象で受け入れられることが多いため、ビジネスとプライベートで使い分けする必要もありません。そんなシンプルなネイルでおすすめのデザインについて解説します。

シンプルネイルはとても評判がいい

ネイルストーンやワイヤー、ラメやホロなどを多用した華美なネイルは、手先を豪華に煌びやかにみせることができます。結婚式や合コン、パーティーなどでは注目を浴びる魅力的なネイルとなりますが、家庭や職場でそのまま通用するものはありません。

シンプルネイルは、ナチュラルメイクで素肌そのものの美しさが輝くように、ネイルケアを基本としたナチュラルな光沢や控え目なカラー、デザインで手元を美しく見せるものです。派手なネイルに抵抗がある男性や職場の同僚、上司にも評判がいいため、オフィス仕様として楽しむこともできます。

オフィスでも許されるデザインが多い

シンプルネイルは、派手過ぎず地味過ぎない落ち着いた大人のネイルとして人気があり、結婚式などのフォーマルなシーンから普段のビジネスシーンにもしっくりとなじみます。また、家事や育児などの邪魔にもならないため家庭でもさりげないおしゃれとして楽しむことができるものです。

職場によってはネイルに厳しい目が向けられることもありますが、派手さがないシンプルネイルであれば、周りから浮いてしまうこともありません。色使いだけでなく控え目だけど美しいデザインも多いため、おしゃれを楽しみながら仕事ができます。

ネイルに苦手意識のある男性にも好感が持たれやすい

男性は「ばっちりメイクの女性がいい」「スッピンが一番」など、メイクに関しても好みが分かれます。ネイルアートに精通していない男性は、全ての指にキラキラ光る石やそのほかのパーツがたっぷりと盛られたネイルを見せられると思わず引いてしまうものです。

シンプルネイルは男性にマニキュアの延長線上として受け入れられやすいというメリットもあります。手や指が美しい女性には憧れをもっているため、大人の女性らしさを演出できるシンプルネイルは男性からも好感を得られやすいと言えるでしょう。

セルフネイルでも楽しみやすいものが多い

最近では専門のネイルサロンで施術してもらうだけでなく、材料や道具を揃えて自宅でセルフネイルを楽しむ女性も増えています。早朝や深夜など、いつでも自分が好きな時間を使って納得がいくまで修正を繰り返しながらデザインを練れるため人気があります。

セルフネイルでは筆で絵や模様を描いたり、配色をしたり、パーツの素材選びや配置を考えたりする必要があり、テクニックやセンスが追い付かないとあきらめてしまう人もいます。シンプルネイルはカラー、デザインもシンプルなのでセルフネイルでも気軽に楽しむことができるものが多いと言えるでしょう。

爪が伸びてきても目立ちにくいデザインが多い

ゴージャスなカラーやパーツを使った派手目なネイルは、爪が伸びるにしたがって伸びた部分とネイルアートをしている部分の間にギャップが生じます。ジェルネイルは3週間ほど持ちますが、その間こまめに伸びた爪のケアをしないと汚く見えてしまいます。

シンプルネイルは自爪の色をそのまま活かしたものや飾りが少ないシンプルなデザインとなっているため、爪が少々伸びても目立つことがありません。オフィスなどで常に手元に視線が注がれる場合は、シンプルネイルの方が美しさをキープすることができると言えるでしょう。

シンプルネイルで人気のあるおしゃれなデザイン

シンプルネイルというとカラーを1色に抑えただけの地味なネイルをイメージする方もいるでしょう。しかし、デザインネイルのなかにもシンプルなものはあり、色合いや質感などを控え目にすることによっておしゃれなデザインをシンプルに楽しむこともできます。

ワンカラーだけでは物足りない、ワンポイントのおしゃれをプラスすることによっていつもとは違うシンプルネイルを楽しみたいという方におすすめのシンプルネイルで人気のおしゃれなデザインを紹介します。

フレンチネイル

爪先の部分にホワイトのラインを乗せるフレンチは、ネイルの王道、基本ともいわれているもので、それだけで指をキレイにみせてくれます。最近ではカラーやデザインをアレンジする変形フレンチなども人気となっていますが、王道シンプルフレンチであれば、上品で女性らしいイメージを与えることができるでしょう・

ヌーディーやベージュ、ダークピンク系をベースカラーとして爪先にホワイトのラインをあしらえば、控え目で上品なイメージを演出することができます。オフィスや家庭で普段使いをするのにもおすすめです。

単色塗りで1本だけブリオンを乗せる

ネイルアートに慣れてくるとさまざまなバリエーションに富んだカラーを一度にたくさん取り入れたくなるものです。単色塗りのワンカラーネイルでは物足りなくなるかもしれませんが、長くネイルに親しんでいる方は1週周って結局ワンカラーに戻ってくるとも言います。

人気のピンク系やベージュ系などであれば手元を美しくみせても派手なイメージを与えることはありません。もう少しおしゃれしたいというのであれば、1本だけブリオンを上品に散りばめて乗せればアクセントになって映えるでしょう。

グラデーションネイル

遠目からみるとワンカラー、近くでよく見るとグラデーションカラーがわかるような控え目なグラデーションネイルは、男性や年配の女性にも好印象です。単色塗りではないため時間や労力を費やしておしゃれに気を遣っているイメージを与えることにもなるでしょう。

爪の根元から爪先に向かって微妙に色合いが変化するため、控え目なカラーでも人の目につきやすくなります。淡いピンクやベージュのグラデーションネイルであれば、ラメやホロなどを少し乗せても気になりません。エレガントさをキープしつつワンランク上のグラデーションネイルを楽しむことができるでしょう。

単色塗りで1本だけアートをする

上品な大人のイメージを演出することもできるワンカラーネイルは、それだけでも魅力的です。気分やシーンによってカラーを変えるだけで雰囲気をガラリと変化させることもできます。

さらに変化をつけたいのであればワンカラーネイルで1本だけワンポイントアートを取り入れるという方法もあります。シンプルでかわいいワンポイントアートは、ネイルパーツやシールなどを使えばセルフネイルでも簡単にできます。パーティーなどでは輝きのあるスワロフスキーストーンなどをあしらうとエレガントで豪華に見えるでしょう。

シンプルネイルでもワンポイントをつける方法

シンプルネイルは見た目がとてもナチュラルなので爪が伸びてもそれほど気になりません。丁寧にケアした爪本来の美しさを強調するものであり、流行りのネイルアートのように派手な色やネイルパーツで飾りたてるものではありません。

ネイルでおしゃれしていることにもう少し気づいてもらいたいというのであれば、シンプルネイルにワンポインとだけアートをプラスしてみてはいかがでしょうか。控え目なワンポイントアートが加わるだけでワンランク上のシンプルネイルになります。

ホログラムを埋め込む

ホログラムは薄いフィルム状のスパンコールのように輝く素材で、爪の上に乗せるだけで華やかに仕上げてくれるものです。ゴールドやシルバーをはじめとしてさまざまなカラーバリエーションがあり、あまり派手でないものを選ぶことによって上品なシンプルネイルをワンランクアップさせてくれます。

ホログラムは光を反射して輝くものが多く、あまりつけすぎるとギラギラした感じにもなります。ベースカラーに合わせて選ぶことも大切で、爪先に控え目に配置するだけでも十分に存在感が出ます。

フレンチ部分をアレンジする

爪先に少しだけホワイトのラインを入れる王道フレンチではなく、ホワイト以外のカラーを使ったカラーフレンチなど、フレンチのアレンジのバリエーションは豊富です。指先にかけてベースカラーとは異なる色を乗せる逆フレンチや変わった形を使った変形フレンチなど、フレンチネイルだけでもさまざまな楽しみ方があります。

色味を抑えて控え目なカラーを使って季節に合わせたフレンチを楽しむのもおすすめです。また、1本だけストーンを爪の根元に置くとアクセントとなって指全体がひきたちます。

ワンポイントにドットネイルを入れる

ワンカラーのシンプルネイルだけでは物足りない、ワンポイントおしゃれをプラスしたいという時におすすめなのがドットネイルです。ドットは水玉模様のことですが、ホロやラメなどを爪の上に乗せるだけで簡単にドットネイルができます。

ドットのサイズがあまり大きくならないようにすること、スペースを空けながらバランスよく少なめのドットを乗せることが上品なシンプルネイルにはおすすめと言えるでしょう。どっとと合わせて1本だけ爪の根元にパールストーンなどをあしらうとよりエレガントになります。

クリアネイルに1本だけアートを入れる

自爪そのものに透明感をプラスするだけのシンプルなクリアネイルは、ネイルシールやネイルスタンプなどを使って簡単にネイルアートをするのにもおすすめです。オフィス仕様などでできるだけ控え目なネイルを心掛けたい場合は、クリアネイルで1本だけアートを入れるという方法もあります。

クリアネイルの質感や透明感を壊してしまわないように細めのラインを使ってハートマークを描いたり、細いワイヤーを乗せたりすると上品に仕上がります。全ての指にアートをしてしまうとクリアネイルのナチュラルな美しさが損なわれることもあるので注意しましょう。

シンプルネイルにおすすめのネイルカラー

シンプルネイルでは色味を地味に抑えたワンカラーをイメージする方が多いのではないでしょうか。ベースカラーの色を抑えることで、ワンポイントネイルやデザインネイルのアレンジの幅も広がります。

ネイルカラーの選び方によって、すっきりとした清潔感や清楚さ、大人っぽさやかわいらしさなど、さまざまなニュアンスを表現することができます。オフィスや家庭でも浮くことがないシンプルネイルにおすすめのネイルカラーを紹介します。

クリア

クリアネイルは透明感が最大の魅力であり、清潔で爽やかな印象を与えます。色合いを気にすることなくネイルパーツを配置する楽しみもあり、ワンポイントアートで上品にみせることもできます。

ワンカラーであえて色ムラをつくることで透け感をプラスすることができます。また、ホワイトやブルーと組み合わせれば上品でかわいいマーメイドネイルにもなります。アレンジ次第でかわいくも上品にもなるため、シーンに合わせてデザインを楽しむことができるでしょう。

ピンク

ピンクは年代を問わず女性に人気の高い色であり、部屋のなかをピンクで統一したり、ファッションにもピンクを多く取り入れたりしているという方も少なくないでしょう。ピンクにはホワイトに近い淡いものからビビットなピンク、くすんだピンクなど、さまざまなカラーバリエーションがあり、選び方によって華やかな感じにも落ち着いた感じにも仕上げることができます。

ダーク系のピンクであればあまり目立たないためオフィスネイルとしてもぴったりです。落ち着いたベースカラーとなるため、ビジューやストーン、シェルなどを乗せても目立つことなく控え目な華やかさを演出することができます。

ベージュ

日本人の肌になじみやすいベージュは、女性だけでなく男性にとっても落ち着くカラーと言えるでしょう。肌と同じトーンのベージュを選べば指を細く長く見せることができ、ワントーン明るい色を選べば指先を明るく若々しく見せることもできます。

オフィスや普段使いでもしっくりとなじみ、ネイルに抵抗がある人に不快感を与えることもありません。また、ベースカラーが地味で落ち着いているため、ネイルパーツを乗せても派手になり過ぎることはないでしょう。

グレージュ

最近はメイクやヘアでもマット感やくすみ系のカラーなどがトレンドとなっており、落ち着きやクールさを表現するのに効果があると人気です。ネイルカラーでもグレーとベージュという地味な色の中間色が人気で、幅広い年齢層の女性に指示されています。

落ち着きのある大人の色なのでオフィスネイルとしてもおすすめです。変形フレンチやホロとの組み合わせてでも派手になることがありません。パールストーンやビジューとの相性もよく、大人っぽいカラーでどんなシーンでもしっくりとなじみます。

まとめ

ネイルアートは、メイクやファッションと全く同じ感覚で楽しめる女性のおしゃれには欠かすことができないものです。SNSなどでもオリジナルデザインのネイルアートが日々発信されており、セルフネイルを楽しむ方も増えています。

シンプルネイルは爪本来の美しさを引き立てるものであり、派手過ぎないカラーやデザインであるためオフィスや家庭での普段使いとしてもおすすめです。ちょっとした工夫を取り入れるだけでおしゃれなシンプルネイルにランクアップさせることも可能です。上品で落ち着いた女性らしさを表現したいのであれば、シンプルネイルを試してみてはいかがでしょうか。