乳首をピンクにする方法は?おすすめ簡単乳首ケア方法を紹介

女性に多いバストの悩みとして、乳首の黒ずみがあります。乳首が黒いとどうしても人に見せるのは気が引けて、たとえ同じ女性同士で旅行などに行っても、見せる勇気が出ないかもしれません。

このとき覚えておきたいのは、乳首が可愛らしいピンク色をしている日本人は、実際には少ないということです。それでも黒いのは恥ずかしい、なんとかピンク色にしたいという女性は多いもの。

そこで今回は体外、そして体内からも乳首をピンク色に近づける方法をご紹介します。

お金をかけずに出来る!乳首をピンクにする方法

マッサージで肌のターンオーバーを促進

ターンオーバーとは、肌にある表皮組織の新陳代謝のこと。肌の生まれ変わりのサイクルを言います。日々生まれ変わる私たちの肌ですが、そのサイクルは加齢と共に遅くなるのが一般的です。

ターンオーバーのサイクルが遅くなると、いつまでも古い角質が剥がれ落ちずに残った状態になります。すると古い皮膚だけでなくメラニン色素も蓄積してしまい、肌が黒ずんでしまうのです。

メラニン色素には黒人の持つユーメラニンと、白人の持つフェオメラニンの2種類があります。そして、その両方を持っているのがアジア人です。これを混合型と呼び、乳首の色も白人のようなピンクを持って生まれる人もいれば、黒っぽい方も居ます。

ですが、ターンオーバーにより肌の生まれ変わりのサイクルを促進し、黒ずみを改善することも不可能ではありません。老廃物の排出を促進するようなリンパマッサージなどが有効です。

サイズの合った下着を着ける

バスト全体を美しくするために欠かせないのが、サイズの合ったブラジャー選びです。乳首の黒ずみとは、あまり関係がないように感じるかもしれません。

しかし、サイズの合っていないブラジャーをし続けると、圧迫感により血行やリンパの流れが悪くなり、ターンオーバーが働かなくなる恐れがあります。あるいは緩すぎて肌がこすれ、その刺激から肌を守ろうとしたメラニンが黒く色素沈着する可能性もあるのです。

サイズの合ったブラジャーとは、バストだけが収まれば良いというわけではありません。肩のストラップの締め付けが緩すぎても、きつすぎてもNG。ワイヤーが食い込んで痛くないか、動くことによってズレは生じないかという点もチェックしてみてください。

ブラジャーはバストの形を崩れさせないだけでなく、乳首を守るという役割も担っています。古いブラジャーを使い続けることも避けましょう。

ゴシゴシとこすらない

乳首が黒ずんでいると、よく洗えば黒ずみが消えるのではという気もしますが、それは逆効果です。乳首だけでなく、肌は強く擦ったりダメージを与えたりすることで、メラニン組織が肌を守ろうとしてシミや黒ずみを発生させてしまいます。

ゴシゴシと強く擦ったりするのではなく、優しく扱うようにしましょう。

生活習慣を見直す

乳首の黒ずみは、外側からの刺激だけが問題ではありません。生活習慣を改善して、体の中から肌に栄養を与えることも効果的です。たとえば栄養バランスの整った食事は、肌の細胞にも栄養を送ることができます。

質の良い睡眠は、女性ホルモンの分泌量を増やしてくれるでしょう。また、ストレスのある生活は食欲を失わせ、睡眠不足を引き起こすだけでなく、体内の細胞を傷つけてしまう恐れもあります。なるべくストレスをためない生活を心がけてみてください。

簡単即効性有りの、ちくびをピンクにする方法

乳首パックや美白クリームを使って毎日ケア

乳首の黒ずみなど、一度黒ずんでしまった肌を元に戻すのはなかなか難しく、何をすべきか悩む人もいるかもしれません。そんな方は、まずは簡単にできる乳首パックや美白クリームを試してみると良いでしょう。

ヨーグルトや、その上澄みになっているホエイという液体を使ったパックは、手に入れやすく気軽にできます。ただしパックしている間は胸を出した状態にしておく必要があるため、家族などと一緒人住んでいて肌を露出できない方は、美白クリームもおすすめです。

クリームであればサっと塗って、馴染んだら服を着ても大丈夫。手軽なので続けやすいのが魅力です。ここでは、feely編集部がおすすめする美白クリームを2つご紹介します。

ピンキッシュボーテ ホスピピュア
商品の特徴 医薬部外品
水溶性プラセンタエキス、
グリチルリチン酸2K配合
湘南美容外科
クリニックが共同開発
価格 初回実質無料
2回目以降¥6,000(税抜)
初回¥5,500(税抜)
2回目以降¥5,500(税抜)

 

乳首の美白クリームおすすめ1位 ピンキッシュボーテ

 

出典:ピンキッシュボーテ 公式サイト

ピンキッシュボーテは、雑誌『GLITTER』でもおすすめの美白クリームとして紹介された実力派です。

ピンキッシュボーテは黒ずみケアだけでなく、炎症ケア、保湿ケア成分、さらに潤いを与える3種類の大きさのヒアルロン酸を配合しています。

配合されている成分は、黒ずみの原因となるメラニンが存在する肌の基底層まで浸透し、高い効果を期待できるでしょう。

ピンキッシュボーテで乳首の黒ずみケア!効果を実証してみた

乳首の美白クリームおすすめ 2位ホスピピュア

出典:ホスピピュア公式サイト

美容のプロである湘南美容外科クリニックが共同開発した「ホスピピュア」。

プロの目線から乳首の黒ずみにアプローチした商品として、94%ものモニター満足度を記録しています。

ホスピピュアは黒ずみを抑えるトラネキサム酸を配合。さらに天然由来成分、潤い成分を豊富に含有しており、黒ずみだけでなく肌の美しさにもアプローチします。

【体験談】ホスピピュアの効果や口コミを徹底解説!実際に使ってみた感想もご紹介

乳首専用の美白石鹸でケア

食生活改善もマッサージもケアも、どれも3日坊主で終わってしまうという方は、毎日のお風呂で使っている石鹸を変えてみましょう。美白石鹸や、乳首専用の美白石鹸も多く販売されています。

普段の生活に何かを足して習慣にしていくのはなかなか難しいもの。お風呂で体を洗うだけなら毎日必ず行うはずなので、無理なく習慣にできます。

気になる乳首のケア石鹸は「LCラブコスメ ジャムウ・ハーバルソープ」がおすすめ

出典:LCラブコスメ公式

乳首にも使えるデリケートソープなら、会員数134万人を超える大手ラブコスメ「LCラブコスメ」の「ジャムウ・ハーバルソープ」がおすすめ。

気になる乳首の汚れを落とし、黒ずみを防いでくれます。乳首だけでなく、デリケートゾーン・全身・顔にも使えるのもいいですね。

毎日のケアだけでなく、突然のラブタイムにも備えたい人にとって一石二鳥なケア石鹸です。

乳首の色素沈着手術を受ける


何をしてもピンク色にならない、とお悩みの方はレーザー治療を受けてみるのも手です。美容クリニックなどで受けられる色素沈着手術では、黒ずんでしまった乳首や乳輪をレーザー照射により明るい色に変えてくれます。

何度も通院する必要もなく、基本的には治療は1回。施術時間も5分程度でできてしまいます。最も効果的で簡単に乳首をピンク色にする方法と言えるかもしれません。

乳首をピンクにする方法を行う時の注意点

 

肌質に合っているアイテムを活用しましょう

乳首をピンクにする方法として、乳首パックやクリームなど、直接乳首に塗ったり貼ったりするアイテムがありますが、肌質は人それぞれです。どんなに肌に優しいと謳ったものでも、自分に合わない可能性はあります

口コミ評価をうのみにしすぎてしまうのも考えもの。自分の肌質に合わないものであった場合は、黒ずみに効果がないだけでなく、肌荒れなどを引き起こしてしまう恐れもあります。はじめて使用するときには、念のためパッチテストを行っておくと安心です。

摩擦が起きないように、アイテムは丁寧に使う

乳首の黒ずみは、合わないブラジャーの摩擦や、入浴時の洗浄時に強く擦ってしまうなどの摩擦によっても引き起こされます。即効性を求めて念入りにアイテムを使いたい気持ちはわかりますが、擦りすぎてダメージを与えてしまっては元も子もありません

乳首はとてもデリケートな部分です。普段の生活はもちろん、美白ケアでアイテムを使うときなども、丁寧に優しく扱うよう心がけましょう。

都市伝説的な乳首ケアもあるので、見極めが大切

乳首ケアの方法をネットで調べてみると、じつにさまざまな内容がヒットします。しかしなかには都市伝説的で、乳首がピンク色になるどころか、かえってダメージを与えかねない方法も出回っているのが実情です。

どれが効果のある方法なのか、どのアイテムが評価がいいのか、きちんと見極めなければなりません。アイテムを使う前にはしっかり口コミや体験談を事前に調べ、慎重に実践しましょう。

効果の出方には個人差があります

体質や肌質によっては、アイテムやケア方法が自分に合わなかったり、効果が出にくかったりします。どんな方法でも必ず個人差というものがあり、効果がなかなか出なくても「意味がない」と投げやりになる必要はありません。

即効性を求めるよりも、どのアイテムやケア方法が自分に合っていて、習慣として続けていけるかを重要視してはいかがでしょうか。

まとめ

 

乳首が黒いからと、肌を見せるのに億劫になってしまう女性は多いでしょう。アジア人にとって、白人のようなピンク色の乳首を持っている方は多くはないものの、だからこそ女性らしいピンク色に憧れを持つのかもしれません。

ご紹介したさまざまな乳首ケアや、アイテム、そして生活習慣の見直しで体の中から美しくなり、理想の色を目指していきましょう。