ちくびをピンクにする方法は?おすすめ簡単乳首ケア方法を紹介

女性のバストの悩みのひとつに、乳首の黒ずみというものがあります。乳首が黒いとどうしても女性らしさが損なわれててしまい、彼氏に見せるのはもちろん、同じ女性同士で温泉旅行などに行っても見せる勇気が出ないかもしれません。しかし、覚えておきたいのは乳首が可愛らしいピンク色をしている日本人は少ないのだということです。それでも黒いのは恥ずかしい、なんとかピンク色にしたいという女性は多いかもしれません。そこで今回は体外そして体内からも乳首をピンク色にすることが出来る方法をご紹介していきたいと思います。

お金をかけずに出来る!ちくびをピンクにする方法

マッサージで肌のターンオーバーを促進

ターンオーバーとは、肌の表皮組織の新陳代謝のことで、肌の生まれ変わりのことを言います。日々生まれ変わる私たちの体ですが、そのサイクルは加齢と共に遅くなってしまいます。ターンオーバーのサイクルが遅くなると、いつまでも古い角質が剥がれ落ちない状態になります。そうなると古い皮膚だけでなくメラニン色素も蓄積してしまうことにより、肌が黒ずんでしまう事があるのです。

メラニン色素とは、黒人の持つユーメラニンと、白人の持つフェオメラニンの2種類があります。それを両方持つアジア人は混合型なので、乳首の色も白人のようなピンクを持って生まれる人もいれば、黒ずんでいる方も居るのです。ですが、ターンオーバーにより肌の生まれ変わりのサイクルを促進することで、黒ずみは治る事があります。老廃物の排出を促進するようなリンパマッサージなどが有効です。

サイズの合った下着を着ける

バスト全体を美しくさせるのに避けられないのがサイズに合ったブラジャー選びです。ですが、乳首の黒ずみとどう関係してくるのでしょうか。実はサイズの合っていないブラジャーをし続けると、圧迫感による血行やリンパの流れが悪くなることによりターンオーバーが働かなくなってしまったり、逆に緩すぎて肌をこすってしまい、その刺激で肌を守ろうとしたメラニンが肌を黒くさせてしまう事があるのです。

サイズの合ったブラジャーとは、バストだけが収まれば良いというわけではありません。肩のストラップの締め付けが緩すぎてもきつすぎても駄目ですし、ワイヤーが食い込んで痛くないか、動くことによってズレは生じないかという所もチェックしてみてください。ブラジャーはバストの形を崩れさせない役割だけでなく、乳首を守る事も含まれていますので、ブラジャー選びはとても大切です。

ゴシゴシとこすらない

乳首が黒ずんでいると、汚れているのではないか、よく洗えば黒ずみが消えるのではないかと思う方も居るかもしれませんが、それは逆効果であったりします。乳首だけでなく、肌は強く擦ったりダメージを与える事により、メラニン組織が肌を守ろうとしてシミや黒ずみを発生させてしまうのです。ですからゴシゴシと強く擦ったりするのではなく、優しく触ってあげる必要があります。

生活習慣を見直す

乳首の黒ずみは肌だけの問題ではありません。体の中から生活習慣を改善していくことで、肌に栄養を与えることも出来ます。例えば栄養バランスの整った食事は肌の細胞にも栄養を送る事が出来ますし、質の良い睡眠は女性ホルモンの分泌量を増やしてくれます。また、ストレスのある生活は食欲を失わせたり、睡眠不足を引き起こすだけでなく、体内の細胞を傷つけてしまうこともあるため、なるべくストレスをためない生活を心がけましょう。

簡単即効性有りの、ちくびをピンクにする方法

乳首パックや美白クリームを使って毎日ケア

乳首の黒ずみなど、肌のシミや黒ずんでしまうと中々元に戻すのは難しく、何から手を付けていいか分からない人もいるかもしれません。そんな方はまずは簡単に出来る乳首パックや美白クリームを試してみる事から始めると良いでしょう。ヨーグルトや、その上澄みになっているホエーという液体を使ったパックは、どこでも手に入れやすい点で簡単に出来るでしょう。しかしパックしている間は胸を出した状態にしていなければなりませんので、家族と一緒人住んでいる方などで肌を露出出来ない方は、美白クリームもおすすめです。クリームはサっと塗って終わりなので誰でも簡単に続けられるでしょう。

乳首クリームを使ってその場でピンク色に!

SNSでもいくつか話題になった乳首をピンクにするクリームというものがあります。これは美白クリームとは違って、徐々に黒ずみを改善していくのではなく、その場で黒ずんだ乳首をピンク色に変える事が出来るという嬉しいアイテムです。どちらかというと改善というよりはメイクに近いアイテムですが、これから彼氏と会う時だったり、温泉などで胸を出す時などに活躍できるアイテムです。どうしても今すぐピンクにしなければならないという状況の時に試してみてはいかがでしょうか。

黒ずみ対策にはやっぱりコレ!ピンク色のバストトップに一歩近づく「ibizaクリーム」

気になるバストトップの黒ずみ。悩んでいても人にはなかなか相談しづらく、またどのように対策すればよいかもわからない方も多いかもしれません。

そんな時にオススメ!feely編集部イチオシの美白クリームがこの「ibiza(イビサ)クリーム」です!

ブラジリアンワックス脱毛専門店の「ibiza wax」がのべ1,000人以上のお客様の声を元に作り上げた、バストトップの黒ずみ対策専用のクリームです。「見えないところこそしっかりとケアしたい」という女性の気持ちに応えてくれる、脱毛専門店のノウハウが詰まったクリームです。

タレントの紅蘭さんをはじめ、たくさんの芸能人やモデル、インスタグラマーがプライベートで愛用しています!

「美的」などの美容誌や「女性自身」などの週刊誌など数多くの雑誌にとりあげられており、人気沸騰中です!

「ibizaクリーム」の特徴としては

  • 美白に効果のあるトラネキサム酸と肌を整えるグリチルリチン酸配合により、ケアしながら美肌に導いてくれる
  • 8種の潤い成分で保湿もバッチリ!
  • 安心安全の日本製、厳重な品質管理のもと生産
  • 合成香料・鉱物油・アルコール・パラベンなどを不使用
  • 2016年1月に行った「デリケートゾーン 美白ケア商品」によるインターネット調査では人気No.1!

気になるクチコミはこちらでチェック!→https://ibizabeauty.net/

あとは気になるのはお値段。高いと続けることが難しく、効果も感じにくくなってしまいますよね。

コースは自分のペースで選べますが、イチオシは「毎月2本集中ケアコース」!1本7,000円のクリームが2本で通常14,000円ですが、なんと今ですと37%OFFの8,800円でお試しいただけます!

また「毎月2本集中ケアコース」をご注文いただくと全国どこでも送料が無料、3回目以降はずっと定価から35%OFFなど7つの特典がついてくるのでとてもお得!

他の特典が気になる!?公式サイトはこちら→https://ibizabeauty.net/

これを機にぜひ「ibizaクリーム」を使って、さらなる美乳を目指しましょう!

乳首の色素沈着手術を受ける


何をしてもピンク色にならない、とお悩みの方はレーザー治療を受けてみるのも良いでしょう。美容クリニックなどで受けられる色素沈着手術では、黒ずんでしまった乳首や乳輪をレーザー照射により明るい色に変えてくれます。何度も通院するということはなく、基本的には治療は1回で、施術時間も5分程度で出来てしまいますので、最も効果的で簡単に乳首をピンク色にする方法かもしれません。

乳首専用の美白石鹸でケア

乳首をピンク色にしたいけど、食生活改善もマッサージもケアも、どれも3日坊主で終わってしまう、という方は毎日のお風呂で使っている石鹸を、美白石鹸に変えたり、乳首専用の美白石鹸を用意する事から始めると良いかもしれません。普段の生活に何かを足して習慣にしていくのはなかなか難しいものですから、普段使っているものを取り替える事でそれを習慣に出来るかもしれません。特に石鹸はお風呂の時に使えばいいだけですから、とても簡単に乳首のケアが出来る方法でしょう。

乳首をピンクにする方法を行う時の注意点

 

肌質に合っているアイテムを活用しましょう

乳首をピンクにする方法は、乳首パックやクリームなど、直接乳首に塗ったり貼ったりするアイテムがありますが、肌質は人それぞれなので、自分には合わないという場合があります。口コミなどでどれだけ評価が良いアイテムであっても、自分の肌質に合わないものであった場合は黒ずみに効果がないだけでなく、肌荒れなどを引き起こしてしまう事もあるのです。ですから、自分の肌質に合うアイテムでケアを行うよう注意しましょう。

摩擦が起きないように、アイテムは丁寧に使う

乳首の黒ずみは、合わないブラジャーの摩擦や、入浴時の洗浄時に強く擦ってしまったり、クリームなどを付けるときの摩擦によっても引き起こされることがあります。即効性を求めて念入りにアイテムを使いたい気持ちは解りますが、それで擦りすぎてダメージを与えてしまっては元も子もありません。乳首はとてもデリケートな部分ですから、普段の生活はもちろん、美白ケアでアイテムを使う時なども丁寧に優しく扱う事を心がけましょう。

都市伝説的 乳首ケアもあるので、見極めが大切

乳首ケアの方法はさまざまな種類があります。しかし中には都市伝説的で、そんなことでは乳首はピンク色にはならないという方法も出回ってしまっています。どれが効果のある方法なのか、どのアイテムが評価がいいのか、それらを見極めるのはあなた自身の目です。アイテムを使う前にはしっかり口コミや評価を事前に調べ、ケア方法も実際にやった人の体験談などを見てから実践していきましょう。

効果の出方には個人差があります

体質や肌質によっては、アイテムやケア方法が自分に合わなかったり、効果が出にくかったりします。どんなアイテムも、どんな乳首ケアも必ず個人差というものがありますので、効果がなかなか出なくても諦めない気持ちが大切です。まずは効果よりもどのアイテムやケア方法が自分に合っていて、それを習慣として続けていけるかの方が重要かもしれません。

まとめ

 

いかがでしたか。乳首が黒いと肌を見せるのが億劫になりがちな女性は多いでしょう。アジア人にとって、白人のようなピンク色の乳首を持っている方は多くはありませんが、だからこそ女性らしい美しいピンク色に憧れを持つのかもしれません。ご紹介したさまざまな乳首ケアや、アイテム、そして生活習慣の見直しで体の中から美しくなり、ピンク色の乳首を目指していきましょう。