トレンドのネイルカタログデザインとおすすめアート

トレンドのネイルカタログデザインとおすすめアート

最近ではメイクやヘアと同等、あるいはそれ以上におしゃれを左右すると言われているネイルアート。人気のネイルサロンがいつも予約でいっぱいであるだけでなく、自宅で気軽にセルフネイルを楽しむ女性も増えています。

ネイルデザインには昔から定番のオーソドックスなものから、日々進化するトレンドのものまでバリエーションがとても豊富で、SNSでも次々に新しいデザインがアップされ話題になっています。そこで、今トレンドのネイルデザインや定番のフレンチネイルのアレンジ、オフィスでも浮かないシンプルネイルなど、シーンやシチュエーションに合わせて楽しめるネイルデザインやネイルアートについて解説します。

トレンドのネイルデザイン

ネイルデザインには、ワンカラー、バリエーションカラー、フレンチ、などの数々の定番があります。色合いやパーツの使い方、配置などによってアレンジは無限にあり、自分ならではのオリジナルデザインをつくることも難しくありません。

最近では定番に一工夫加えたり、定番のセオリーを打ち破った新しいネイル技法を使ったりすることで新しいネイルデザインが数多く登場しています。なかでもトレンドとして注目されているネイルデザインを紹介しましょう。

大理石ネイルとワイヤーネイルを合わせると上品に

指を細く美しく見せる効果があるワイヤーアクセはネイルのジャンルでもトレンドとして浸透しています。クリアの上にワイヤーを乗せると細いワイヤーのラインが際立って指先がとても美しく見えます。

また、ワイヤーネイルと大理石ネイルを合わせると上品かつゴージャスな雰囲気を出すことができます。それほど手間がかからないのに、ネイルに時間をかけているように見えるのも魅力でしょう。

ニュアンスネイルは黄色を使っても可愛い

曖昧な色合いという意味を示すニュアンスネイル。これまで、色の組み合わせやストーンやラメなどの配置、バランスなどに暗黙のセオリーがありましたが、ニュアンスネイルではこれといった一定の枠や決まりがありません。

カラーやパーツを自分の思い通りの場所やバランスで配置し、感じたままに作り上げていく独創的なネイルとしてトレンドとなっています。黄色をベースとしても可愛く仕上がるでしょう。

流行りのリーフホロを取り入れたネイル

キラキラとした鮮やかな色合いを簡単に取り入れることができるホログラムは、ネイルデザインでも定番となっています。円形がほとんどであるホロですが、最近はリーフ型のホロが登場しておしゃれの幅が広がったと評判になっています。

リーフホロはそれだけでおしゃれなので、どんなふうに使ってもワンランク上のおしゃれなデザインに仕上げることができます。ランダムにホロの色を織り交ぜたり、ブリオンやストーンと組み合わせたりすることで独特な質感を表現することもできるでしょう。

シェルネイルはブルー系にするととても爽やか

シェルネイルでは、ラメやホロとは全くことなる貝殻独特の美しい輝きやナチュラルさを演出することができます。サイズの大きなシェルを加工して爪に乗せるのは大変ですが、最近はクラッシュシェルがトレンドとなっており、リーズナブルに手に入るだけでなく簡単に乗せることができるという魅力があります。

ベースカラーをブルー系にすると貝殻との相性も抜群で爽やかなイメージとともに南国の海を想像できるリゾートネイルとしてもおすすめです。

大人気のフレンチネイルのアレンジネイル

フレンチネイルは、ネイルデザインのなかでも定番であるとともに幅広い世代に人気となっています。もともとは伸びた爪の裏側が汚いことを隠すために爪の裏側からホワイトを塗ったことが始まりとされています。

爪の色と同系色であるホワイトを乗せることから親和性が高く、上品で美しい指先を見せるのにはぴったりです。王道のフレンチスタイルはありますが、ちょっとした工夫でアレンジすることでさらに華やかで魅力的なフレンチネイルになります。

上品な斜めフレンチ

変形フレンチのなかでも特に人気のある斜めフレンチは、斜めのラインで指を細く美しく見せる効果があります。爪の形や指の太さにコンプレックスがある方にもおすすめです。

斜めフレンチのラインにそってゴールドのラインを入れたり、ストーンやラメを乗せたりすることでさらにエレガントに仕上がります。ホワイトやベージュなど控え目なカラーとの相性もよくオフィスネイルとしてもおすすめです。

変形フレンチでカジュアルに楽しむ

オーソドックスなフレンチは上品さや女性らしさを引き立たせるのに効果があります。しかし、人気の定番ネイルであるために同じようなネイルデザインの人とかぶってしまうこともよくあるでしょう。

フレンチの形を指ごとに変えると変化があって見た目にも楽しい変形フレンチネイルになります。ワンカラーだけでなく、指ごとにパステルカラーやグラデーションカラーを取り入れることでさらに華やかな指先を演出することができます。

フレンチ部分をシェルネイルにする

上品なおしゃれの定番フレンチネイルにシェルネイルを組み合わせたものです。爪の先端部分のみにシェルを乗せれば、爪という1枚のキャンバスのなかで全く異なる質感や色合いが生まれます。ラメやホロにはない貝殻特有の輝きの変化があり、光の当たり具合や角度によって変化を楽しめます。

スマートに見せるには、あまりごちゃごちゃと多く乗せないこと、シェルを乗せる部分とそうでない部分に過度な厚みの差が出ないようにすることも大切です。

フレンチ部分をタイダイにしてもおしゃれ

複数の色のマリアージュが美しいタイダイ柄ネイルは、おしゃれな女性に人気のデザインです。カラーが自然に混ざり合うため、色の組み合わせや塗り方が上手でない不器用な方でも美しく仕上げることができます。

定番のフレンチを爪の上部にタイダイにして塗れば、立体感も出ます。付け爪やキャップをしているような不思議な色合いは、洗練されたアートのようなイメージを与えることもできます。タイダイを派手な色合いにしなければオフィスでも十分活用できます。

オフィスでも楽しめるシンプルネイル

ネイル大好き女子であっても職場では派手なネイルができないため、土日と平日でネイルを変えているという方も多いのではないでしょうか。セルフネイルでも施術やオフには時間や手間がかかるものです。できればオフィスでも家庭でも同じネイルで過ごしたいものです。

オフィスでは仕事に直接関係のない派手なネイルは敬遠されがちです。そこで、オフィスでも楽しめるシンプルネイルを紹介しましょう。

落ち着いたベージュネイルに飾りラインを入れる

肌になじみがよく落ち着いた雰囲気を演出するベージュは、オフィスネイルの定番です。接客や商談で相手に指先を見せる機会の多い方は無難なネイルと言えるでしょう。しかし、デスクワークが中心であるならばもう少し冒険してみてもいいのではないでしょうか。

地味なベージュネイルでもゴールドのラインを入れるだけで華やかさを演出することができます。オフィス仕様なのでラインの幅や入れる位置には配慮して華美になり過ぎないようにすることが大切です。

ベージュにゴールドホロを入れる

オフィスではあまり指先が華美であると周りを不快にしてしまうこともあります。どうしても無難なヌーディーカラーやダーク系のベージュカラーで抑えてしまいます。しかし、それだけではおしゃれした気分にならないという方も多いでしょう。

ホログラムフィルムを使えば地味なネイルにアクセントをプラスすることができます。ベージュにゴールドはとても映えるので、ホロの量を控え目にすることによってオフィス仕様として楽しむことができるでしょう。

水滴ネイル

キラキラしたデザインとはかけはなれた地味だけどおしゃれな水滴ネイルがあるのをご存知でしょうか。文字通り、爪の一部に水滴が何粒かついたように見えるネイルアートで、男性は本物の水で濡れていると見間違うでしょう。

地味なベージュカラーやヌーディーカラーでも洗練されたネイルデザインに仕上げることができます。オフィスでも話題の中心となることは間違いないでしょう。

爪先に細フレンチ

オフィスでは爪全体に強い色が乗っていると注目されがちです。かといって、乳白色やクリアなどのごく薄いカラーや透明なだけではネイルとしてのおしゃれが楽しめないという方もいるでしょう。

そんなときにおすすめなのが爪先の細フレンチです。爪の先端のわずかなスペースを枠取りするように少し濃い目のカラーを乗せます。爪が伸びてきたとき汚くなってしまう問題もこれで解消することができるため一石二鳥と言えるでしょう。

トレンドのシンプルネイルに似合うネイルカラー

ネイルを楽しもうと思っても、どんなカラーを選べばいいか迷ってしまうものです。同系色や反対色、補色など、さまざまな効果を狙って組み合わせることもできますが、一つ間違うとごちゃごちゃしてきれいな仕上がりにはならないこともあります。

シンプルですがワンカラーにすると上品かつおしゃれに見えるものです。遊び心満載の奇抜なネイルは家庭やオフィスでは完全に浮いてしまうこともあります。そこで、トレンドのシンプルネイルに似合うカラーを紹介します。

ピンク

女性なら嫌いな人はいないと言われるピンクは、ネイルカラーでも大人気です。ピンクといっても乳白色に近いピンクからビビットなピンク、くすんだピンクなどさまざまなバリエーションがあるので自分に合ったものを選ぶことができます。

ピンクベージュであればオフィスでもしっくりとなじみます。また、ちょっとおしゃれししたい場合は、ピンクのグラデーションやラメやホログラムと組み合わせてもいいでしょう。

グレージュ

トレンドの注目カラーとして高い人気を誇っているのがくすみ系を代表するグレージュです。グレーとベージュの中間色で、落ち着きのある上品な大人の女性を演出するにもぴったりです。ネイルカラー市場では話題の新色が次々に登場するため、その度に全て揃えるのは大変なことでしょう。

基本のカラーを持っていれば、混ぜ合わせるだけでトレンドのグレージュを作ることができます。ブラウン、ホワイト、そして少量のブラックをプラスすれば、目指すくすみグレージュの完成です。

ベージュ

ベージュは日本人の肌になじみやすいだけでなく、少し明るめのベージュを選ぶことで指先の色をワントーン明るくしてくれる効果もあります。最近では、すこしくすんだピンクベージュもトレンドとなっているので、ベージュをベースとしてカラーアレンジするのもいいでしょう。

ビジネスシーンではネイルカラーの色にも気を遣うものですが、ベージュであれば相手に不快感を与えることもありません。お出かけの際は、ベージュやピンクベージュを組み合わせたうえにパールやスタッズなどをあしらえば指先が華やかになります。

クリア

ベースが透明でこだわりのデザインに透け感をプラスすることができるクリアは、見た目にも爽やか、涼し気です。とてもシンプルですがアレンジの仕方によって可愛くも上品にもなるため、とてもおしゃれに見えます。

さまざまなネイルカラーを巡って結局クリアに戻ってくるという人も少なくありません。透明であるため鮮やかな色を使ったデザインネイルがきれいに映え、ホロやラメなども3Dのように浮き出て見えるという魅力もあります。

まとめ

全国には数多くのネイルサロンがあり、ネイリストは常に新しいデザインやアートを発表しています。また、自らの手でセンスを生かしたセルフネイルを楽しむ女性も増えており、ネイルブームは高まる一方です。そんななか、少しでもセンスのあるデザインやアートを取り入れたネイルに憧れるのは当然のことでしょう。

ネイルデザインには昔からの定番のものと日々更新されるトレンドのものがあり、色合いや質感、パーツなどの組み合わせ方によって魅力的な指先に仕上げることができます。プライベートだけでなくビジネスシーンで活躍するおしゃれネイルも数多くあるので、これから始めるという方も参考にされてみてはいかがでしょうか。