かわいいネイルのデザインとセルフネイルでの楽しみ方

おすすめのかわいいネイルデザイン。セルフネイルでの楽しみ方も紹介

自分で手軽に楽しむことができるセルフネイルですが、単色塗りのような簡単なものばかりではなく、いろいろなアレンジ次第でかわいいデザインも作ることができます。全体のバランスを見ながら、柄の配置やパーツの位置など工夫してみましょう。

可愛いネイルデザイン

キャラクターネイル

ネイルデザインがかわいいと、何か作業をするたびに、目に入るので、とても楽しい気分になります。キャラクターネイルも、かわいいデザインの代表です。選ぶキャラクターや、配置、デザインによって、大人でも楽しむことができます。

夏にぴったりなポップなデザインに、さりげなくスヌーピーが組み込まれているのが、とてもかわいいデザインです。指全体がスヌーピーの顔になっていたり、全身のスヌーピーはこんがり小麦肌になっているので、個性的な仕上がりになっています。

このようなネイルをしたいときには、ネイルサロン選びが大切です。キャラクターネイルの多くは、手書きで作っていきます。ネイリストさんのテクニックによってキャラクターの再現力が違うので、アートが得意なネイリストさんを探して指名しましょう。

押し花ネイル

かわいくて上品な仕上がりになるのが、押し花ネイルです。最近では花柄と並ぶほど、人気のデザインになっています。ベースのカラーや押し花の種類によって、デザインの幅もぐんと広がります。

ピンク系のベースにしておくと、女性らしいかわいらしさのあるネイルになります。イエローやブルーベースにすると、とてもさわやかな雰囲気になります。全部の指に押し花を乗せるのではなく、数本の指にポイントとして配置すると、上品なかわいらしさが出るでしょう。

最近では、押し花の種類も増えて、大きな花から小花までいろいろなサイズや形があります。葉っぱのようなグリーンの押し花もあるので、バランスよくグリーンをちりばめても、ナチュラルでかわいいネイルになります。

オーロラネイル

角度によって輝き方が違うのが、オーロラネイルです。オーロラネイルはラメネイルとは異なり、上品なさりげない輝きがあります。ベースカラーを単色にしても、シンプルでかわいくなりますが、グラデーションにすると、より華やかな仕上がりになります。

オーロラネイルは、魅惑的な輝きがあるので、クリアジェルを使ってシェルデザインを組み合わせても、とても相性が良いです。マーメイドのような雰囲気に仕上げることができるので、海に関連するようなパーツを組み合わせてあげると、夏らしいかわいいネイルデザインになります。

ハートネイル

王道のかわいいネイルのデザインと言えば、ハートをメインにしたハートネイルです。ハートのパーツや、ハートフレーム、ハート型のストーンなどをバランスよく組み合わせています。

よりガーリーな雰囲気をアップさせたい場合には、カラーをしろやベビーピンクで統一すると良いでしょう。ポイントにゴールドを入れると、アクセントになってデザインもしまってきます。

かわいいネイルでは外せないピンクネイル

花柄ネイル

かわいいネイルデザインで、絶対に押さえておきたいのが「ピンク」です。ピンクが使われていると、かわいらしい雰囲気になりやすくなります。かわいいネイルにしたい場合には、ピンクでも、薄めのカラーのピンクを選ぶと良いでしょう。柔らかく、かわいらしいガーリーな雰囲気を強く出すことができます。

ドットネイル

ピンクネイルでも、ドットを組み合わせると少し落ち着いた雰囲気に仕上がります。ピンクに黒のドットを組み合わせることで、かわいらしいだけでなく、大人っぽい落ち着いた雰囲気をプラスすることができます。

ピンクベースにラメやパールを合わせても相性がばっちりです。ドットのカラーは黒だけでなく、白を合わせてもかわいいでしょう。白のドットにすると、黒のようなクールさはなく、よりかわいらしい甘めな雰囲気にしあがります。

シェルの埋め込みネイル

ピンクは、もともとの爪のカラーと似ているので、ナチュラルなデザインにすることもできます。オフィス勤務などで、派手なネイルができないという人も、ピンクをベースにするとデザインの幅も広がってきます。

夏におすすめなのが、ポイントでシェルを埋め込んだネイルです。シェルは、貝殻のかけらをパーツとして加工したものです。貝殻の輝きがネイルデザインとして活用することができます。シェルパーツは、一つ一つ形が違い、組み合わせ方によっていろいろな表情を見せることができます。ピンクベースで各手に1~2本ずつ、シェルを乗せたデザインにすると、上品なアレンジになります。

ニュアンスネイル

ピンクネイルも、いろいろなテクニックを組み合わせると、かわいいだけでなくおしゃれな雰囲気に仕上がります。ベースをワンカラーの塗りつぶしにするだけでなく、総ラメにしたり、グラデーションなどにすると、雰囲気をガラッと変えることができます。

10本の指をランダムにカラーを変えて、ピンク系のグラデーションを作ってみるのも楽しいでしょう。デザインもすべてにパーツやアートを乗せなくても、ベースにグラデーションやミラーネイルを施しておけば、とても華やかな仕上がりになります。

セルフネイルでもできる可愛い簡単ネイルアート

ホログラムでお花柄

セルフネイルでもできる簡単なアートの一つが、ホログラムで作るお花柄です。お花柄はかわいい雰囲気になるだけでなく、シンプルなネイルのアクセントにもなるので人気の柄です。

しかし、お花柄は手書きで書くと細かい作業が多いので、セルフネイルでは難しいケースが多いです。そのようなときに役に立つのがホログラムです。丸形のホログラムを中心に一つ置いたら、その周りを囲むように五つのホログラムで花びらを作ります。

中心に置くホログラムを、サイズの近いラインストーンにしても、華やかな雰囲気になってよいでしょう。ホログラムのサイズや、カラーで雰囲気を変えることができるので、デザインによって変化させてみると良いでしょう。

アメピンやつまようじでドット柄

かわいいドット柄は、専用の器具がないときれいにかけないと思っていませんか。実は身近にあるもので、きれいなドット柄を描くことができます。

ドット柄を作るときに便利なアイテムが、アメピンやつまようじです。どちらも必ず家にあるアイテムです。アメピンやつまようじの先端に、ドット柄にしたいカラーをとり、ベースの上にポンポンと置いていきます。簡単に大きさの揃ったドットが書けるのでとても便利です。

とくにつまようじをつかうと、そのまま捨てられるので、片付けも楽ちんです。少し大き目のドット柄を書きたいときには、つまようじの裏側を使うと良いでしょう。先端を使った時よりも、一回り大きなドットを作ることができます。

ネイルシールで簡単ネイルアート

手の込んだ柄を描くことは難しいですが、ネイルシールを活用すると、かわいいデザインを手軽に楽しむことができます。最近ではネイルシールのデザインも豊富で、100均などでも販売しているので、手軽に手に入れることができます。

ネイルシールをそのまま使うだけでなく、ストーンやラメなどを組み合わせると、オリジナルデザインにすることができるので、他の人との差をつけることができるでしょう。トップコートをしっかりとすることで、シール感を消すことができるので、手書きで作った柄のようになります。

ブリオンやスタッズでリボンネイル

ブリオンやスタッズなど、細かいパーツはアレンジ次第でいろいろな形を作ることができます。ブリオンやスタッズを使って、リボンネイルも作ることができます。配置や並べ方を工夫することで、かわいいリボンモチーフも、落ち着いた雰囲気で大人でもマッチするようなデザインになります。

まとめ

セルフネイルでもアイデア次第で、かわいいネイルもたくさん楽しめます。手の込んだデザインをネイルサロンでオーダーするのも良いですが、シンプルなデザインをセルフでイメージ通りに仕上がるのも、ネイルの楽しみの一つでしょう。