夏におすすめのジェルネイルデザイン

マニキュアよりも長持ちすることで、今ではネイルのスタンダードスタイルとなっているジェルネイルですが、ジェルネイルは扱いやすいのでデザインの幅もとても広いです。シーズンに合わせたデザインや手の込んだデザインなど、そのときの気分によっていろいろなデザインを楽しむことができます。

やり方を覚えてしまえば、セルフでもできるのがジェルネイルの魅力です。スターターキッドなどもお手頃な価格で販売されているので、簡単なデザインであれば、自分でジェルネイルをおこなうこともできます。手の込んだデザインは、ネイルサロンで、シンプルなデザインはセルフネイルでやるなど、使い分けてもよいでしょう。

夏の定番マリンネイル

青と白の王道マリンネイル

夏になると人気が急上昇するのが、マリンネイルです。マリンネイルは青と白をメインカラーにしたネイルデザインです。ボーダーや水玉を組み合わせてみたり、マリンテイストのシールやアートを組み合わせてみたりすると、かわいい仕上がりになります。

夏が近づいてくると、マリンテイストのネイルシールなども増えてきます。ボーダーやドット柄を上手にかければ、バランスを見て、ポイントにシールやストーンなどのアクセントを置けば、セルフでも簡単にマリンネイルを楽しむことができます。

デニム風ネイルを加えると大人っぽいマリンテイストになる

元気な印象が強いマリンネイルは、少し子供っぽい印象になりがちです。子供っぽいデザインは避けたいけれど、夏をイメージしたマリンネイルをしたいという人は、青いカラーをワンカラーのべた塗りにするのではなく、デニム風ネイルを加えることで、大人っぽいマリンテイストになります。

マリンテイストのネイルの場合、ワンカラーのべた塗をポイントで入れることが多いです。そのときに、ワンカラーではなく、デニムデザインにすることで、ブルー系のカラーを残すことができて、さらに大人っぽい落ち着いた印象になります。ボーダー部分も、ラインをわざとまっすぐにせずに、少し歪んだラインにすると、よりおしゃれなデザインになります。

マリンネイルはゴールドアイテムとの相性もとても良いデザインです。ゴールドのスタッズやポイントでゴールドのシールなどを使うと、より大人っぽくてかっこいい雰囲気になります。バランスを見ながら、配置していくことが大切です。

赤が加わるとガーリーになって可愛い

白と青がメインだと、どうしてもクールな印象になりがちなマリンネイルも、赤を入れることで、とても可愛らしい雰囲気になります。赤は、とても目立つカラーなのでポイントに入れることで、とても華やかでかわいらしい雰囲気になります。

マリンネイルの定番柄でもあるボーダーも、白と青だけでなく赤を加えることで、トリコロールカラーになって、おしゃれでかわいい印象になります。ボーダーだけでなく、フレンチにしたり、グラデーションにしたりしてもかわいい仕上がりになります。

ボーダーが入ると一気にマリンテイストになる

マリンカラーを使わなくても、ボーダーを入れるだけで、一気にマリンテイストになります。シンプルな白×黒のボーダーネイルも、デニムネイルと組み合わせると、マリンテイストのネイルに変身します。他の指に蛍光カラーなどの目立つカラーを合わせると、夏らしい元気な印象のネイルになります。

ワンカラーのべた塗ネイルも、パールがゴールドパーツと組み合わせることで、華やかな印象に変わります。10本の指の柄のバランスを見ながら、物足りない部分にはパーツを置いてみると良いでしょう。ストーンを1つ置くだけでも、印象が大きくかわります。

夏に人気のジェルネイルデザイン

ホログラムで人魚姫ネイル

夏になるときらきらとしたデザインが人気になります。とくにホログラムは光の角度によって、輝き方が違うので、とても幻想的な雰囲気になります。夏に人気なのがホログラムを使って、人魚姫をイメージしたデザインです。

ベースカラーを塗った爪に、細かいホログラムを敷き詰めていくだけでベースは完成します。ベースカラーはワンカラーのべた塗でもかわいくなりますが、アクセントで数本グラデーションなどのアレンジを加えてもよいでしょう。

ホログラムのカラーによっても印象が変わってきます。人魚姫をイメージするのであれば、水の中や、泡のイメージを作るためにオーロラカラーのホログラムがおすすめです。オーロラカラーのホログラムは、角度によっていろいろな色に変化して見えるので、幻想的で人魚姫のイメージにぴったりです。ベースカラーを白にすると、よりホログラムのカラーの変化を引き立てることができます。

シェルネイル

夏だからこそ楽しむことができるのが、貝殻をイメージしたシェルネイルです。シェルネイルは最近とても注目されているデザインで、セルフネイルのやり方も紹介されるようになりました。

クリアベースにシェルを使うと、シェルの輝きがそのまま生かされるので夏感が強く出ます。シェルにもカラーがあるので、カラーシェルを使うときには、ベースカラーとの相性をしっかりとチェックしましょう。ベースカラーが似た色だと、シェルが目立たなくなってしまいます。

また、シェルを敷き詰めたりポイントで使ったりしたら、最後にクリアジェルを使って、爪に貝殻の形に見立てた筋を入れていくデザインもおすすめです。わざとシェルの線を膨らませて書くことで、立体感のある仕上がりになります。つやつやとしたシェルネイルは、夏の日差しにも似合うデザインです。

エスニック調ネイル

夏でもエスニック調にすることで、ブラックやベージュを上手に取り入れることができます。重たい印象になりがちなブラックネイルも、ラメと合わせることできらきらとさわやかな雰囲気になります。ターコイズなどエスニック調のデザインと組み合わせて、夏の雰囲気をアップさせましょう。

花柄ネイルはハワイアンになる

クリアが多めのカラフルフレンチに、大きな花を書くことでハワイアンな雰囲気になります。花は白にすると、ハワイのお花のイメージに近くなります。わざと太い筆で、かすれるように書くことで、大人っぽいおしゃれな仕上がりになります。

フットネイルは夏は派手ネイルが人気

ビタミンネイル

夏は足元も露出することが多いので、フットネイルも手を抜けません。夏のフットネイルは派手ネイルがとても人気です。ハンドではなかなか挑戦しにくいビタミンカラーもフットネイルだと、取り入れやすくなります。

ネオンカラーの入ったネイル

フットネイルは、ビタミンカラーだけでなく、ネオンカラーも人気のカラーです。明るくて目を引くようなネオンカラーは、デニムやボーダーなどの柄との相性もぴったりです。ランダムに配置して、おしゃれな雰囲気をアップさせましょう。

ターコイズが入ると夏らしい

夏のストーンで人気なのがターコイズです。深いブルーのカラーに黒で柄が入っているターコイズは、セルフでも書きやすいデザインです。深いブルーに黒をランダムに置いたら、細筆やつまようじなどを使って、ラインをぼかしていきましょう。一気に夏らしい雰囲気になります。

ターコイズをストーンで使っても夏っぽい

ターコイズ柄を作ることが難しい場合には、ターコイズをストーンで使っても夏っぽい雰囲気になります。ターコイズのストーンは丸い形だけでなく、デコボコとしたナチュラルな形を活かしているものもあります。シンプルなデザインも、ターコイズが入るだけで、夏らしい雰囲気のデザインになります。

まとめ

夏は普段よりも派手なネイルを楽しみやすい季節です。ジェルネイルなら持ちも良いので、ワンシーズン同じネイルを楽しむこともできます。サンダルを履く機会も増えるので、ハンドだけでなく、フットネイルも楽しんでみましょう。