デトックスの方法7選☆身近な生活習慣から改めよう

デトックスの方法7選☆身近な生活習慣から改めよう

デトックスという言葉は聞いたことがあるでしょう。私たちが普段特に気を付けて生活をしていなくても、毒素は溜まっていくものです。毒素を排出することで生き生きと身体が動くようになり、心と体の健康に良いとされている、それがデトックスです。

ここでは、

についてまとめてみました。

デトックスとは

デトックスとは
デトックスとは「解毒」という意味の英語からきています。英語の「detoxification」を略したいわゆる和製英語です。体内にたまってしまった毒素や老廃物を外に出すこと、それがデトックスです。新陳代謝によりむくみを防止したり内臓の働きを整えるとされており、心身の健康やダイエットにもつながっているとされています。デトックスの本当の意味を知っておきましょう。

体内で不要になったものを排出すること

デトックスとして排出するものはまず、体内で不要になった老廃物です。皮膚や爪などは、新陳代謝によって古い細胞や垢などを排出しています。通常これらの不要なものは、汗や尿、呼気や便によって排出されます。

しかしながら加齢や体調不良、疲労やストレス、睡眠不足などで新陳代謝が滞ってしまうと、体内にこのような老廃物が残り、むくみや肌荒れ、食欲不振や肥満、頭痛といった体の不調を引き起こしてしまいます。

体内に取り込んだ有害な化学物質を排出すること

現代社会においては化学物質と縁を切って過ごすことはできませんが、日常的に摂取する添加物や脂質などが体内に蓄積されることで毒素となり、さまざまな体の不調を引き起こします

具体的には食品に含まれている保存料や人工甘味料、着色料や乳化剤などの食品添加物がまずあります。それだけでなく水道水に含まれる鉛、鍋などに含まれるアルミニウム、発がん物質のトリハロメタン、空気中や雨に含まれる大気汚染物質も毒素になり得ます。そういった日常生活で摂取してしまう体内の毒素をデトックスで排出する必要があります。

体内に毒素がたまりやすい生活習慣

体内に毒素がたまりやすい生活習慣
実は知らず知らずのうちに、身体は毒素をためこんでしまいます。体内に毒素をためてしまう生活習慣を知っておき、まずは生活習慣から改善するとよいでしょう。
¬

水分不足

体内に溜まる毒素は、未消化の食べ物からたまってしまうこともあります。本来であれば消化され排出されるものが、老廃物として体内に蓄積されるのです。水分は、食事の時に消化を助けてくれる重要な働きがあります。水分が血液やリンパとなって酸素や栄養を全身に届け、老廃物を排出させます。

肌が乾きやすい夏場は勿論、冬場にはつい水分補給を忘れてしまうことがあります。そのため、意識して水分を摂取するように努めましょう。

睡眠不足

人間には内臓の動きなどを活発化さっせる交感神経と、リラックスをつかさどる副交感神経がバランスよく動いており、それを自律神経といいます。自律神経のバランスがきちんと整っているときは、内臓の動きもよくなり新陳代謝が活発化するので老廃物を溜め込みにくいです。

しかしながら睡眠不足やストレスなどにより自律神経のバランスが乱れてしまうことがあります。良質な睡眠をしっかりとりましょう。

タバコや飲酒が多い

肝臓は身体の毒素を解毒する働きがあります。アルコールは、肝臓で分解されて体外に排出されますが、過剰なアルコールは肝臓に負担をかけてしまいます

また、タバコの煙には有害物質が含まれています。タバコや飲酒は体内に毒素を溜め込んでしまう生活習慣であるといえます。

毒素の排出を促す!7つのデトックス方法

毒素の排出を促す!7つのデトックス方法
気を付けていてもどうしても体内に溜まってしまうのが毒素です。自宅でも簡単いできるデトックスにつながる生活習慣について知っておきましょう。

1日の水分を1リットル以上は摂る

体内の消化吸収を促進するには、水分をしっかりとることが必要です。特に就寝時や起床時は身体の水分が汗などで減っている状態なので、まずは白湯やでどっくすウォーターで水分を取り入れることから始めます。

冬場であっても1日1リットル以上水分をとるように習慣化するとよいです。ジュースには合成化合物など毒素となる物質が含まれているので、水や白湯での水分補給が基本です。ルイボスティー、たんぽぽコーヒー、緑茶、新鮮なフルーツや野菜を使ったデトックスウォーターなどがよいでしょう。

毒素を取り込まない食材を選ぶ


デトックスとは体内に取り込んだ毒素を排出することですが、なるべく毒素を取り込まない食材を選ぶことも必要です。過剰な糖質や脂質は、毒素として体内に残りやすい市、過剰な塩分は排出するのにビタミンやミネラルを大量に使ってしまい、本line消化吸収、老廃物排出に支障をきたします。

インスタント食品などはなるべく避け、合成化合物の入っていないもの、残留農薬の心配のないオーガニックな野菜やお肉などを選ぶとよいです。調理法は、生のまま、蒸す、焼くなどシンプルなものを選ぶと毒素が入ってきにくくよいでしょう。

バランスの良い食生活を送る

ビタミンやミネラル、鉄分やタンパク質や食物繊維など消化吸収や老廃物の排出に必要な栄養素をバランスよく摂取する、バランスの良い食生活を送ることも生活習慣として身につけたいものです。主食だけでなくおかずや野菜、バランスよくとりましょう

加えて、体内の活性酸素を減らし整腸作用のあるりんご、利尿作用のあるカリウムを含むキウイやスイカ、肝臓の解毒作用を高めるアボカド、新陳代謝を高めるためのβカロチンがあるニンジンなどを取り入れましょう。腸内環境を整える納豆もよいです。

適度に運動して体を動かす


現代人は運動不足により筋肉がついておらず、代謝の悪い体になってしまっている人が少なくありません。適度に運動する習慣をつけ、身体を動かすことで消化吸収、老廃物の排出を促進しましょう。毎日のウォーキングやジョギング、エレベーターを使わない、駅まで歩くなど簡単に取り入れられるところから始めましょう。

リンパマッサージをする

リンパ管とは、身体で不要になった老廃物を流す役割をします。そのような役割を持つリンパを直接マッサージすることで、毒素の排出を手助けする働きがあります。

具体的には首の付け根から肩に向かって下に押して行ったり、ひざ裏から太ももに向かって押していくようにします。身体の末端から中心に向かってマッサージを続けていくと、老廃物が排出されむくみもすっきりします。エステティックサロンなどでもリンパマッサージを行っているので自分で出来ない場合はそういったところを利用するのもよいでしょう。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めると自律神経のバランスが悪くなり、新陳代謝が悪くなり、老廃物が身体に溜まってしまいます。また、ストレスを感じることで暴飲暴食に走る人も少なくなく、それが余計に老廃物を溜める結果になります。

ストレスを解消するように簡単な運動をしたり、ストレスの原因をなくす、新しい趣味などを見つけてストレスとも上手に付き合っていきましょう。ストレスや疲労を感じるとしっかりと休息をとるようにしましょう。

入浴するときは湯船に浸かる


入浴することが直接のデトックスではないですが、入浴して体を温めることは、新陳代謝を促進してくれます。また、シャワーで入浴を済ませてしまうと、体が冷えてしまい、血行が悪くなって老廃物を溜め込みやすくなります。

入浴によって胃腸を外側から温めることは、消化の促進にもつながり、老廃物を溜め込みにくくなります。毎日シャワーで済ませている人は、この際入浴の習慣を身につけるようにしましょう。

まとめ

デトックスがブームになっていますが、デトックスは体内に溜まってしまいがちな毒素を排出するのに必要なことです。私たちは普通に生活しているだけで化学物質などの有害物質をとり込んだり、消化できない食品が老廃物として溜まっていきます。

毒素を排出するデトックス方法は、1日1リットル以上の水分をとったり、バランスの良い食生活を送る、適度な運動やストレス解消法を見つけるなどといったことが大切です。特に意識していなくてもたまっていく有害物質、デトックスできるように今日からの生活習慣を変えていきましょう。