短めボブの魅力に迫る!人気短めボブスタイル&アレンジ4選

ショートカットとセミロングの中間として幅広い年代の女性から人気のボブスタイル。ボブそのものがシンプルなスタイルですが、ここ数年はそれよりもさらに短いボブスタイルが動きやすく、しかもオシャレだということで定着しつつあります。短めボブスタイルの魅力や仕上げのポイント、相性バツグンのアレンジのバリエーションについてまとめました。

短めボブスタイルの魅力は?

通常のボブスタイルをさらに短くアレンジするとよりボーイッシュな仕上がりになり、いつもよりアクティブな自分を演出することができます。ここ数年流行のきざしを見せている短めボブスタイルの魅力について御紹介いたします。

フェイスラインがシャープに見えて小顔効果バツグン

垂らした髪が頬にかかるセミロングスタイルではどうしても顔のボリュームまで大きく見えてしまい、普段はオシャレな女性でも野暮ったく見えてしまうことがあります。

その点、すっきりした印象の短めボブスタイルならフェイスラインをシャープに見せることができ、よりスタイリッシュな印象を与えることができます。

「髪型で少しでも小顔に見せたい!」という女性はもちろん、仕事や就活の面接などフォーマルなシチュエーションにも違和感なく合わせられるスタイルを定着させたい、という女性にとってもなじみやすいスタイルとして根強く支持されています。

鎖骨や首のラインがスッキリ綺麗に見える

男性にとっても、短めボブスタイルは「鎖骨や首のラインがよりキレイに見える」ということで安定した人気があります。

短めボブスタイルは見た目にもすっきりした印象で、鎖骨のラインだけでなくフェイスラインもくっきりと強調されるため、比較的細身の女性にとってはプロポーションの良さをアピールできるヘアアレンジであると言えます。

もともと小顔で、フェイスラインや鎖骨に自信がある女性は思いきってチャレンジしてみてもいいかもしれません。

どんな髪色でも合わせやすい

どんなシチュエーションにも違和感なく合わせられるスタイルとして黒髪ボブが一時期の流行でしたが、最近では髪色とのカラーコーディネートも重要なポイントとなり、アレンジのパターンはほぼ無限大と言えるほどに広がっています。

シンプルなワントーンカラーはもちろんのこと、黒から薄茶、などの複雑なグラデーションにも自然に合わせやすく、TPOに合わせて自在にアレンジを広げられるのがひとつの魅力であると言えます。

顔型に関係なく似合いやすい

ヘアスタイルと顔のかたちは深く関係しており、どんなに憧れている髪型でも顔のかたちによってはスタイリッシュに見えなかったり、イメージ通りの仕上がりにならなかったりと、思わず「あれ?」となるケースは少なくありません。

その意味で考えても、短めボブスタイルは「似合う、似合わない」というポイントが顔のかたちに影響されず、どんな顔の女性でも個性をアピールできるのでオリジナリティあふれる髪型に仕上がります。

丸顔の女性はやわらかな印象になりますし、ほっそりとした顔の女性はフェイスラインがよりシャープに映り、落ち着いた女性に見られます。

短めボブスタイルおすすめ髪型

どんな女性にも似合う短めボブスタイルですが、あまりにシンプルなので、アレンジ初心者にとっては少しとっつきにくいスタイルかもしれません。ここでは、「今年こそボブスタイルにチャレンジしたい!」と思っている女性のために、明日からでも試せるおすすめのヘアアレンジについて御紹介していきます。

パーマを合わせたふんわりスタイル

もともと落ち着いた印象の女性がシンプルなボブスタイルにすると個性をアピールしにくく、どうしても地味な印象になりがちです。それが理由でボブスタイルにチャレンジしにくいと感じている女性も多いかもしれませんが、パーマを上手に合わせることで全体的にふんわりした印象になり、地味、という弱点を克服することができます。

毛先をさりげなくワンカールにするだけでもシンプルなボブスタイルにアクセントをつけることができ、初対面の男性にも顔を覚えてもらいやすくなります。

個性派に人気のおかっぱスタイル

「時代と流行は繰り返す」という言葉があるように、ここ最近若い女性の間ではおかっぱスタイルがひそかな流行のきざしを見せています。

第一線級のモデルがスタイルとして取り入れたことがきっかけで広まったこのおかっぱスタイル。今や短めボブスタイルの定番アレンジとも言えるほどで、もともと童顔の女性なら幼さを演出できますし、クールな顔だちの女性はフェイスラインと相まって大人のオシャレをアピールできます。

定番マッシュルームスタイル

オーソドックスなボブに物足りなくなった女性におすすめのマッシュルームスタイル。シンプルなボブスタイルの場合、顔だちやメイク次第では素っ気ない印象を与えてしまいますが、後ろをほんの少しふんわりさせてマッシュルームスタイルに仕上げることによりちょっとだけ手間をかけた印象になり、やわらかさと親しみやすさ、茶目っ気をさりげなくアピールすることができます。

切りっぱなし外ハネボブ

お手入れした毛先をあえて切りっぱなしにして外側にさりげなくはねさせることで自然な仕上がりになり、髪色がシンプルでも透明感をアピールすることができます。

男性目線で見ても、外ハネボブスタイルはシンプルなボブスタイルよりもずっとキュートさが増し、それでいて女性らしい清楚な雰囲気な感じが見えるため、「思わず声をかけたくなる女性」として認識されているようです。

短めボブにおすすめの簡単ヘアアレンジ

短めボブスタイルはそれだけでも充分にオシャレな仕上がりですが、自分なりのアレンジをいろいろと組み合わせることでオリジナリティを付け足すことができ、ヘアアレンジのレパートリーが自然に広がっています。

ざっくり留めるだけでも可愛い

シンプルなボブスタイルにひと工夫したいなら「ざっくり留めスタイル」がおすすめです。お気に入りのゴムやヘアピンで髪を大ざっぱに留めるだけですが、これだけでもワンランク上のオシャレ度にチャレンジすることができ、休日の気まぐれなオシャレにもおすすめです。

ヘアピンのバリエーションを広げることで見た目の印象もがらりと変わり、気分にもメリハリが出てくるはずです。

波ウェーブアレンジでゆるふわ完成!

ふわっとしたボリューム感をアレンジしたいのならウェーブスタイルにチャレンジしてみましょう。ストレートボブよりも幾分やわらかい印象になり、女の子っぽさを強調したいときにおすすめです。ウェーブは仕上げに手間がかかるイメージですが、簡単なプロセスであっという間に完成させることができるので、通勤や通学で朝が忙しい、という女性も気軽にチャレンジできます。

前髪アレンジで抜け感のあるスタイルに

シンプルななかにもちょっとした個性をアピールしたい、という女性は前髪をアレンジすることでオリジナリティを演出できます。

アレンジのパターンはさまざまで、おかっぱ風に前髪ぱっつんにしてみたり、前髪だけをさりげなくグラデーションカラーにしてみたりとちょっとした変化をつけることで、ボブスタイルがただたんにシンプルなだけではない、自分だけのヘアアレンジとして定着します。

ふんわりハーフアップアレンジ

ボブスタイルをしばらくつづけていて、地味、色気が足りない、などと言われたら、大胆なハーフアップにチャレンジするのも良いかもしれません。

かきあげた前髪を後ろに流してハーフアップにすることで女性としてのやわらかさを強調することができ、さりげない色気と落ち着きを付け足すことにもつながります。

まとめ

シンプルに見られがちな短めボブスタイルも、アレンジやカラーコーディネート次第でほぼ無限にバリエーションを広げることができ、自分だけのヘアスタイルに仕上げることができます。手間がかからないことも魅力のひとつで、朝起きてからほとんど時間がなくてもヘアピンさえあれば変化をつけられるメリットがあります。