ボブでエクステを使う時は何本使う?長持ちさせるポイント

カジュアルさやキュートさだけではなく、女性らしいフェミニンな印象を簡単に演出することができるヘアスタイルがボブヘアです。ボブにすることですっきりした感じがしますし、また髪も軽くなって快適に感じる点もメリットとしてあります。ただボブヘアもいつも同じ感じになってしまうとお悩みの方も結構いるものです。

マンネリになってしまいがちなボブヘアですが、アレンジを加えることによって大きく変化を与えることができます。髪を急に伸ばすことはできませんが、エクステを活用することで髪を自在に伸ばすことができます。そこでエクステを利用したボブヘアのアレンジについてご紹介したいと思います。ボブヘアを大胆にチェンジしたい方は是非参考にしてみてください。

ボブから理想の髪の長さを作る、エクステの本数は?

いつものボブヘアもいいけど、少し飽きてきたという場合にはイメージチェンジを図ってみるのもいいのではないでしょうか。ただボブを大きく変えようと思ってもパーマをかけたりといったことが一般的です。ボブヘアをしている方で長さを変えてみたいという方も多いものです。

ボブヘアの長さを変えようと思った時にとても便利なのがエクステです。自分の希望に合わせて長さの調整をすることができます。またボリュームも自在に出していくことができるのでとても便利です。そんな便利なエクステですが、本数に関して悩むところです。そこでどの程度の本数にしたらいいのかについて、説明をしてみたいと思います。

ボブ~ロングは、60本前後つけると馴染みやすい

ボブヘアは肩につくくらいから、もっと短くなるとベリーショートくらいの長さになるものもあります。その中で肩につくくらいの長さの場合、自在にロングヘアに変身させることができます。エクステを付ければ簡単ですが、本数に関しては60本前後にするとなじみやすくなります。

エクステの本数を多くするほどボリューム感を出せますが、それだけ重い感じになってしまいます。軽い感じでうまく馴染むようにするためには、60本前後の本数に留めておくといいでしょう。また髪の量が少なめの方なら、もう少し本数を少なくすると自然に今の髪になじむことでしょう。

重めの仕上がりなら、80本前後に

肩に付く程度のボブ、またもう少し短めのボブヘアの場合、60本程度のエクステ
なら今の髪のボリュームに自然になじみます。しかしもっとボリューム感を出したりしたい方もいることでしょう。ボリューム感が出るとより華やかな印象に変わります。

大きく大胆にイメージチェンジしたい場合には、60本程度のエクステよりも、80本前後の本数にした方がいいでしょう。そうすればより重い感じに見せることができます。重さがあることで印象が変わるため、人によっては80本前後がイメージ通りの感じになることでしょう。

ベリーショートからボブくらいだと、50本ほどでOK

ベリーショートやボブくらいになると、あまり多くの本数でエクステをするとボリューム感が出てしまい、不自然な感じになってしまいます。より自然な雰囲気を出すために50本程度でエクステをするといいでしょう。

これ以上の本数になると、見た目の印象が不自然になってしまいます。髪の量が少ない人は、50本以下にするともより自然な感じになります。

エクステの種類によっても使う本数が変わる

エクステは実際には1種類だけではなく、いくつかの種類が存在しています。そのため、それぞれの種類について理解することが大切です。一般的な編み込みはしっかりとエクステをつけることができるため、安定感の点で優れています。

最近注目されているシールタイプはより簡単にエクステをつけることができます。シールタイプではフラットな感じに仕上げることができるため、ボリューム感があまり出ません。自然な感じに仕上げたい場合には、シールタイプがお勧めです。

エクステを使ったボブ、ケア方法は?

ボブヘアを大きくイメージチェンジする際に活用したいエクステですが、単につけたら終わりというわけではありません。エクステを付けた後にしっかりとケアをしなければ長持ちさせることができませんし、頭皮環境を清潔に保つことができません。エクステをこれからつけようと思ったら、まずケアの方法について理解しましょう。

ここではエクステのケアの方法について説明をしたいと思います。

シャンプーは丁寧に行いましょう


エクステをした髪は汚れが付着しやすくなっていて、特にエクステを付けた部分は不潔になりやすいです。この部位を中心に、しっかりと汚れを除去していくことが大切です。エクステを付けた髪を清潔にしていくためには、シャンプーを丁寧に行ってい来ましょう。

エクステにはワックスのコーティングをしていて、いきなりシャンプーをするとコーティングが取れてしまいます。まずエクステにトリートメントを行ってからシャンプーをすることで、ワックスのコーティングが取れてしまうのを防ぐことができます。また、シャンプー前には荒めのブラシで絡みを取らないと、エクステが絡んだり取れたりしてしまうため、注意が必要です。

コテやアイロンを使って良いかはエクステによって変わる

エクステは素材が異なるタイプがあるため、コテやアイロンを使用したいと思ったら、人毛のタイプをあらかじめ選択することが大切です。人毛のタイプは熱に強く変質が起こりにくいため、コテやアイロンを使用することができます。

人毛タイプではなく、ファイバータイプのエクステがありますが、このタイプはコテやアイロンを使用することはできません。ファイバータイプは高い熱を加えると変質を起こしてしまいます。

タオルドライの後、絡まないように注意

シャンプーを終えた髪は水分が付いているので、この状態のままにしておくと、エクステに雑菌が付着した状態になってしまいます。そのため、タオルドライをしてエクステを清潔に保つ必要があります。ただその際には荒くエクステを扱わないようにしなければなりません。

エクステの扱い方についてですが、優しくタオルで押さえるようにして水分をタオルに吸収させていきます。その際にエクステが絡まないように、優しく扱うようにしてください。シャンプーは日々行うものですから、エクステは優しく扱うように習慣づけていくことが大切です。

頭皮が蒸れないようによくケアをして

エクステをした髪は頭皮の部分がシャンプー後に蒸れてしまうことが多いものです。頭皮が蒸れると雑菌が繁殖してしまい、頭皮の状態が悪くなります。またかゆみなどを引き起こすことがあります。そのため、エクステをした髪は通常以上に頭皮ケアをしっかりと行う必要があります。

シャンプー後は優しくタオルで押さえるように、頭皮の水分を吸収させていきます。またその後にドライヤーで髪と頭皮の水分を取り除くようにしていきます。ただ高い温度の熱風を同じ部位に当てるのは避け、弱めの風を髪と頭皮に当てるようにしていきます。

ボブでエクステを使う時のポイント

ボブヘアに大きなイメージチェンジをさせるために便利なのがエクステです。エクステは実際には種類は1種類ではなく、いくつかの種類が存在しています。それぞれに関して特徴が見られます。

実際にボブヘアにエクステをつけてイメージチェンジを図りたい場合には、まずそれぞれの種類に関して特徴を知ることが大切です。またエクステを付けた後にはケアも必要になってきます。エクステを長持ちさせるためにも、ケア方法を知ることが大切です。ここでエクステの種類などについて説明をしたいと思います。

人毛と人工毛、自分に合っている方を選ぶ

エクステには人毛と人工毛の2つのタイプがあります。実際にエクステをつける際には、両方のタイプの特徴について理解することが大切です。人工毛については、見た目は人毛と大きな違いは見られませんが、熱に弱いというデメリットがあります。そのため、コテやアイロンを使用する前提でエクステをつける場合には、人工毛は避けなければなりません。

人毛については、熱に強いという特徴があります。コテやアイロンでスタイリングがしたいのであれば、必然的に人毛を選ぶことになります。また人毛は人工毛よりも料金の面で高くなりがちなため、この点にも注意が必要です。

編み込みやシール、方法を選びましょう

エクステの中で編み込みタイプはしっかりとつけるため、取れにくいというメリットがあります。ただボリューム感が出やすいため、ナチュラルさをキープするためには、付けるエクステの本数についてしっかりと検討しておく必要があります。シールエクステは簡単にエクステを取り付けることができますし、取り外すのも編み込みタイプに比べてとても簡単です。時間をかけずにエクステをもっと気軽にやりたい場合にはシールはメリットを感じます。しかし取り付けた面が見えやすいなどのデメリットもあります。

三つ編みをして眠ると長持ちしやすい

エクステをつけて眠る時には、そのままの状態にするのではなく、三つ編みをしておいた方が、エクステが絡みにくくなって長持ちします。そのため、眠る前にはエクステは三つ編みにするように習慣づけてください。面倒に感じますが、その分長持ちさせることができます。

ブラッシングやドライヤーなど、日頃のケアが重要


エクステをブラッシングする際には、粗めのブラシを使用することが大切です。粗めのブラシならエクステが引っかかったりしませんし、髪の絡みを簡単に取ることができます。またブラッシングの際には優しく行うように気を付けてください。ドライヤーを使用する際には、高温の熱を同じ位置にずっと当てないようにしてください。人毛は丈夫ですが、あまり高い温度の熱を加えすぎると、髪が傷んでしまうので気をつけてくださいね。

まとめ

エクステをつけることで大胆チェンジを図ることができます。しかしエクステをつける際には、本数やケアの方法など、様々な点で注意をしておく必要があります。あらかじめ注意点を理解しておけば、ヘアアレンジを快適に楽しんでいくことができるでしょう。